1. トップ
  2. 井上咲楽、家族を乗せて運転する時は「全員が工事現場でかぶるみたいなヘルメットをかぶっています」

井上咲楽、家族を乗せて運転する時は「全員が工事現場でかぶるみたいなヘルメットをかぶっています」

  • 2021.5.12
  • 757 views

ラッセル・クロウ主演の最新映画「アオラレ」が5月28日(金)から全国ロードショーとなる。映画の公開に先駆け、5月12日に行われた「公開記念トークショー」に、井上咲楽、柳沢慎吾が登壇した。“煽り運転の恐ろしさ”を描いた映画にちなみ、1部では井上咲楽がVRドライブシミュレーターで“煽られ運転”を体験した。

【写真を見る】井上咲楽、ゴーグルをつけドライブシミュレーターで“アオラレ”体験

司会者に「煽られる可哀想なゲスト」と紹介された井上は、冒頭の挨拶で「免許をとって1年ちょっとで、まだ1回も煽られたことがないので今回が“初煽られ”です(笑)。心臓バクバクしています」と、やや緊張気味。

煽り役はプロのレーシングドライバー古賀琢麻氏が担当。車の距離を詰められ横に並ばれると「怖い怖い危ないなぁ、もうちょっとぉぉ! ちょちょちょスレスレ!」と言葉にならず絶叫。「一度でもあおり運転をされたら、もう怖くて車に乗れないと思います」と感想を述べたが、体験後に「今までの体験者の中でも対応能力があって、群を抜いて運転がうまかった」と褒められると「やったー、地元で練習したかいがありました!」と思わず両手を挙げて大喜び。

ただし、その後に行われた2部のエピソードトークでは、まだ家族には運転を信用されていないという事実も発覚。

「栃木県の実家に帰ると運転をするんですけど、まだ免許を取り立てなのが心配みたいで、家族を乗せて運転する時は全員が工事現場でかぶるみたいなヘルメットをかぶっています。助手席の母も、後部座席の妹たちも全員。きっと対向車に乗っている人はビックリしていると思います(笑)」と、家族とのドライブ事情を披露した。

2部の柳沢慎吾とのトークでは、冒頭から柳沢のギャグを交えたマシンガントークに圧倒される井上。柳沢の「主演のラッセル・クロウが自分より2歳年下だったことに驚いた」という話題から「俺、(ラッセル・クロウと比べると)若くない? いくつに見える?」と無茶振りをされ、柳沢の顔をのぞきこむ。

「前歯を一回閉じてもらっていいですか?(笑)」とリクエストし、柳沢の真顔を観察して「63歳」と回答。それを聞いた柳沢は「それ言い過ぎだよぉ。俺ニューヨークに行った時に税関で23歳って言われたんだよ」と不満げ。対する井上も負けず「それは嘘でしょ?」とバッサリ否定しつつ、正解が59歳だと知り「あぁ失敗しちゃったぁ。でも話している時の柳沢さんは20歳です!」と茶目っ気たっぷりに笑ってみせた。

柳沢が一人二役で映画の1シーンを再現した場面では、車の効果音や日本語も織り交ぜたスピーディな展開に、井上は「車のエンジン音が一番似ていました」と笑いをとりつつ、「2人(被害者と加害者)が出会うシーンを思い出しました」と大絶賛。

「今は“おウチ時間”も多いと思いますが、息をするのも忘れるような刺激を与えてくれる映画です。握りしめていた手が、後半には緊張しすぎて何度も攣ったので、みなさんには気をつけて欲しいなと思います(笑)」と映画をアピールし会見を締めくくった。

取材・文=原千夏

元記事で読む