1. トップ
  2. ファッション
  3. 須磨海浜水族園の魚たちが洋服に、細かいこだわりにも注目

須磨海浜水族園の魚たちが洋服に、細かいこだわりにも注目

  • 2021.5.12
  • 1853 views

通販会社「フェリシモ」(本社:神戸市中央区)が展開するファッションブランド「Sunny clouds(サニークラウズ)」と「須磨海浜水族園」(神戸市須磨区)のコラボ商品が現在販売中。水族館ならではの細かいこだわりに注目だ。

サニークラウズ feat. 須磨海浜水族園 大水槽の仲間たちシャツ(レディース4290円、メンズ5060円)

「Sunny clouds」の新作のテーマは「水族館」。地元では「スマスイ」の愛称で親しまれている「須磨海浜水族園」とコラボし、「ペンギンのお散歩」「イルカライブ」「波の大水槽」をモチーフに、レディーストップスとメンズシャツを制作。水の中で泳ぐ魚や海獣たちをデザインに落とし込み、おそろいでコーディネートを楽しめるラインアップとなっている。

「須磨海浜水族園」で飼育している「マゼランペンギンペンギン」を全面に散りばめた「ペンギンのお散歩アロハシャツ」は、胸にある2本の黒いラインの太さやおなかの斑点、足の色など、1羽ずつ違う細かい点を忠実に再現。イルカのひれの位置や角度にもこだわった「イルカシャツ」では、同水族館で実際に活躍していた5頭をイメージして、演技をする様子や息を合わせてジャンプする姿を盛り込んでいる。

そのほか、ジンベイザメの模様から着想を得たドットを施したワンピースや、優雅で美しい見た目のミノカサゴをイメージしたフレアチュニックなどもスタンバイ。「Sunny clouds」の公式サイトやデジタルカタログでは、モチーフとなった生きものとその服づくりについて詳しく紹介されている。価格は4290円〜、「Sunny clouds」公式サイトにて販売。

元記事で読む