1. トップ
  2. 恋愛
  3. キス中の“彼の仕草”で分かる! 彼からの「愛され度」診断

キス中の“彼の仕草”で分かる! 彼からの「愛され度」診断

  • 2021.5.12
  • 1985 views

キスはパートナーへ愛を伝えるための手段の1つ。だからこそ、そこに本当に好意があるのかどうか、気になる人もいるでしょう。そこで今回は、男性たちの意見をもとに、“キス中の仕草で分かる愛され度”をご紹介します。

愛され度【低】:強く引き寄せる

「キスしたいという衝動に駆られると、相手のカラダを強く引き寄せちゃいますね。腕を引いたり、首に腕を回すこともあります。

ただ、それって、自分の欲求を優先しているからなのかなと思うことがあります」ムサシ(仮名)/26歳

強く引き寄せる仕草は、一見すると情熱的に感じられるでしょう。しかし、なかには自分の欲に任せている場合もあるようです。

相手が欲求に駆られた結果、強く求めてしまっているのであれば、それは愛があるからこその行動とは言えない可能性も……。

愛され度【中】:目を開けたまま

「キスをするとき、相手がどんな顔をしているのか気になることがあります。そうすると、目を開けたまましちゃうことも。

ただ、相手が本命の彼女なら、そういうことはしないかもしれません。ちゃんと目を閉じて、キスに集中します」ソウジ(仮名)/28歳

この男性の場合、好意よりも好奇心が勝ってしまうときは、目を開けた状態でキスすることもあるとのこと。

本当に好きな相手なら、キスに集中するため、目は閉じるという男性の意見もありました。

愛され度【高】:見つめ合ってから

「好きな女性とキスをするときは、まず目を合わせますね。お互いに見つめ合ってからキスします。

ちゃんと向き合うことで、真剣な思いを伝えたいので。逆に、本気の相手ではない場合は、目は合わせないかもしれません」テツヤ(仮名)/30歳

自分の気持ちに嘘がないからこそ、見つめ合えるのでしょう。真摯な姿勢で、相手に真剣な思いを伝えているようです。

なかには、「愛している」と言葉で伝えるのではなく、目で訴えるようにしているという声もありました。

愛され度【最高】:終わったあと抱きしめる

「大好きな彼女となら、何回でもキスをしたいです。ただ、そういうわけにもいきません。

どこかで区切りをつけないといけないので、最後にギュッと抱きしめます。名残り惜しいですが、それで離れます」マサシ(仮名)/31歳

相手を愛しているからこそ、いつまでもキスをしていたくなるのでしょう。そんな離れ難い思いを断ち切るために、キスの最後に強く抱きしめるわけですね。

“キス中の彼の仕草で分かる愛され度”をご紹介しました。

キスはお互いの愛を伝え合う行為。彼から愛されているか気になったら、相手の仕草を参考にしてみてください。

©svetikd/gettyimages
©South_agency/gettyimages

文・塚田牧夫

元記事で読む