1. トップ
  2. GRANRODEO・KISHOW、深夜にゆでたまごをバカ食い!?「令和の板東英二ですよ(笑)」

GRANRODEO・KISHOW、深夜にゆでたまごをバカ食い!?「令和の板東英二ですよ(笑)」

  • 2021.5.12
  • 242 views

アニソンの枠を超えて活躍する実力派ロックユニット“GRANRODEO”のボーカル・KISHOW(谷山紀章)とギタリスト・e-ZUKA(飯塚昌明)がパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて」。5月4日(火・祝)の放送は、リスナーから届いた“異次元ニュース”を紹介しました。

(左から)KISHOW、e-ZUKA

最初のニュースは、高知県須崎市にふるさと納税をしたリスナーが、返礼品として受け取った「鰹の藁焼き」が異次元の美味しさだったとの報告が届きました。「袋を開けた瞬間、藁焼きの燻製のようないい匂いがたまりません! 自分のなかの藁焼きの概念が覆された」そうです。

e-ZUKA:いいっすね~。

KISHOW:僕、これ食べたことありますよ!

e-ZUKA:マジですか!

KISHOW:3年前かな、GRANRODEO以外の案件でアニメ・マンガフェスが高知で開催されていて、私にお呼びがかかりまして。そのときのコーディネーターのお兄様が「おらの村はええやろ!」という人で、すごい面倒見がよくて。そのお兄様の生まれ故郷というのが、高知県のなかでもとりわけ鰹の藁焼きや鰹の塩たたきが有名だというので、そこまで出向いて鰹の塩たたきを食べたら、まさに異次元級! 「はぁ~! なるほどね!」っていう感じでしたよ。

e-ZUKA:マジすか。

KISHOW:藁って高火力で一気に燃え尽きるんですって。“短時間にものすごい強火で焼き上げるのが鰹の一番美味しい食べ方だ”みたいなことを某グルメマンガで学んだんですけど、(実際に食べて)“なるほど!”と思いました。

e-ZUKA:結構なんでもマンガで学びますね(笑)。僕も鰹のたたきは東京でもよく食べますよ。

KISHOW:俺もメニューにあったらつい頼んじゃう。

続いても異次元級の食べもの報告が。それは、五反田で食べた異次元級に辛い「タンタン麺」。「辛さが5種類(入門、中級、プロフェッショナル、地獄、無限)あり、自分は“地獄”でリタイアしちゃいました」とのことです。

KISHOW:あ~、辛いのはダメなんですよね。

e-ZUKA:俺も全然ダメになっちゃった。昔はすごく好きで、高校生ぐらいのときだと“若気の至り”みたいなところもあるじゃないですか。バンド練習で友達の家に5人くらいで集まって、見学に来る友達も3人くらいいて、その8人前プラスちょっと大盛りにするために、10人前ぐらいの味噌ラーメンを鍋で一気に茹でるんですよ。そこに一瓶の七味唐辛子をかけまくって食べて……美味しかったもんなぁ。

KISHOW:あぁ……若いっすね(笑)。

e-ZUKA:東京に出てきた学生の頃はあまり贅沢できないから、立ち食いそば屋に行くと唐辛子をいっぱいかけて、水をがぶ飲みしてお腹を膨らますっていうのをよくやってましたね(笑)。

KISHOW:ハハハ(笑)。俺はこの間、その日はちゃんとチャーハンをしっかり食べたんだけど、普段なら我慢できるのに、その日の深夜はどうしても(食欲が)我慢できなかったので、コンビニで何か買ってこようと。でも深夜にラーメンとか、体にあまり良くないものを摂取するのは怖いから“何だったらいいんだろう?”と考えて“あ、玉子だったら完全栄養食品だし”と(笑)。

e-ZUKA:うん。

KISHOW:そこで大好きなゆでたまごをあるだけ買ってこようと、セブン-イレブンの2個入りのゆでたまごを5パック。正味10個ですよ。

e-ZUKA:10個(笑)!? そんなに食ったの?

KISHOW:でも、全部たいらげたらさすがに……と思って8個で止めたんですけど、それでもまぁまぁ(食べた)じゃないですか。自分で“妖怪・たまご食い”かと思った(笑)。

e-ZUKA:世田谷の板東英二……(笑)。

KISHOW:ほんとほんと! 令和の板東英二ですよ(笑)。それが異次元の出来事でしたね(笑)。

<番組概要>

番組名:GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて

パーソナリティ:GRANRODEO(KISHOW、e-ZUKA)

放送日時:毎週火曜21:00~21:30

番組Webサイト:http://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/gr/mada2/top

元記事で読む
の記事をもっとみる