1. トップ
  2. 研鑽を積んだ作家によるガラスの世界を堪能、佐賀県嬉野市で「御厨正敏のガラスの器と夏の装い展」開催

研鑽を積んだ作家によるガラスの世界を堪能、佐賀県嬉野市で「御厨正敏のガラスの器と夏の装い展」開催

  • 2021.5.11
  • 682 views

佐賀県嬉野市のやきもの・和雑貨 志田の蔵で、ガラス工芸作家・御厨正敏(みくりやまさとし)氏の作品展「御厨正敏のガラスの器と夏の装い展」が5月15日(土)から6月6日(日)に開催される。

【写真】あたたかな光を宿した泉のような作品が並ぶ

志田の蔵でガラス工芸作家・御厨正敏氏の作品展が開催 写真は主催者提供
志田の蔵でガラス工芸作家・御厨正敏氏の作品展が開催 写真は主催者提供

長崎県大村市に生まれた御厨氏は、大阪のガラス工場で修行した後、1979年(昭和54年)より大村市に「御厨ガラス工房」を構える。納得のいく色を出すため独自の窯を作成し、現在も改良を続けながら制作を続けている。

江戸中期に長崎で作られていた「長崎びーどろ」の復元や、長崎くんちで奉納される賑町の傘鉾の飾り(瑠璃色の直径60センチメートルのビードロ製満珠)の制作、オリジナル文様の研究など常に挑戦を続けている。

本展で展示される御厨氏のガラス作品は、豊富なデザインと多彩な色によって構成され、涼しげでありながらどこか温かみを感じられる。光を宿した泉のような、幻想的で魅力溢れるガラスの器と出会える展示会だ。

【写真】あたたかな光を宿した泉のような作品が並ぶ 写真は主催者提供
【写真】あたたかな光を宿した泉のような作品が並ぶ 写真は主催者提供

また、蔵2階の雑貨コーナーでは、“夏の装い”を愉しむアイテムの展示・販売イベントを開催。諫早市にある「アトリエ風月花」の風合いと着心地にこだわったガーゼアイテムや、長崎市にある「y.y.sugar」の大人かわいいアクセサリーなど、初夏にふさわしいむアイテムが勢ぞろいする。

「御厨正敏のガラスの器と夏の装い展」で、独自の技術を究め、色の研究を重ねてきた御厨氏による美しいガラスの世界を堪能しよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】

屋内

【スタッフ対策】

手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底

【施設・会場内の対策】

窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置

【来場者へのお願い】

三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限

【その他】

検温は狭いギャラリーにご入場いただく場合に実施

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

元記事で読む