1. トップ
  2. グルメ
  3. 紅茶の聖地・ムジカ初の公式サイト「ついにネットで買える」

紅茶の聖地・ムジカ初の公式サイト「ついにネットで買える」

  • 2021.5.11
  • 1373 views

紅茶好きの間では「聖地」とも呼ばれている、関西の紅茶専門店「MUSICA TEA」(兵庫県芦屋市)が5月10日、創業69年目にして公式サイトを開設。待望のオンライン販売も始まり、全国の紅茶ファンから注文が殺到しているという。

2021年5月10日にオープンした「MUSICA TEA」の公式サイトより

今やほとんどのお店がおこなっているオンライン販売だが、同店は「お客さまが実際に飲んで、本当に気に入ったものを購入してほしい」という思いから、対面のみでの販売を続けていた。

しかし、「新型コロナによって、お店に買いに来られないお客さまも増えましたし、ネットでも情報発信しないとこの時代はダメなのかなあと。でもどうせ作るのなら、商品もちゃんと説明して、メールでのコミュニケーションも気軽にできる、ムジカらしいページにしようと思いました」と、三代目店主の堀江勇真さんは語る。

サイトが立ち上がるとSNSでは、「ついにネットで買える! 久々に購入しよう」「コロナ禍でなかなかお店に行けないからありがたい」など、ぞくぞくと喜びの声が。

公式サイト開設記念で販売した、新商品「HOUSE BLEND」の限定パッケージ(100g・1080円)50缶が、たった30分で完売したという辺りに、反響の大きさがうかがえる。

オンライン販売のほかには、お店のくわしい歴史や、ムジカの茶葉をあつかうお店を紹介するコラムも。堀江さんは、「イベントや新商品などの情報に、誰でもアクセスしやすくなったのは強みだと思います。公式サイトを通じてムジカを初めて知るお客さんが、どれだけ増えるのか楽しみです」と、今後の期待を語った。

茶葉の直営店と茶葉の試飲を兼ねた喫茶スペース「Tea saloon MUSICA」(兵庫県芦屋市)は、現在通常通り営業中。堀江さんいわく「ガブガブ飲むのに最適」という、気軽に紅茶を楽しむための新商品「HOUSE BLEND」(500g・価格未定)は、今週中に通常販売を開始する予定。

取材・文/吉永美和子

元記事で読む