1. トップ
  2. 一面に咲き誇るあやめを愛でる、茨城県潮来市で「第70回水郷潮来あやめまつり」が開催

一面に咲き誇るあやめを愛でる、茨城県潮来市で「第70回水郷潮来あやめまつり」が開催

  • 2021.5.11
  • 1788 views

茨城県潮来(いたこ)市の水郷潮来あやめ園で、あやめ(花菖蒲)を楽しめる「第70回水郷潮来あやめまつり」が5月21日(金)から6月20日(日)まで開催される。

【写真】今年は「嫁入り舟」が中止となってしまったが、ろ舟の運行やライトアップは実施。特にライトアップされた園内は、幻想的な風景を楽しめるので一度は見ておきたい

約500種類・100万株の色とりどりのあやめが咲く水郷潮来あやめ園 写真は主催者提供
約500種類・100万株の色とりどりのあやめが咲く水郷潮来あやめ園 写真は主催者提供

1976年に開園した水郷潮来あやめ園は、約1.3ヘクタールの広さを持つ公園。園内に植えられた、約500種類ものあやめは例年6月上旬に見頃を迎え、一面に咲き誇る姿を楽しめる。

「水郷潮来あやめまつり」は、水郷潮来あやめ園が開園する前の、1952年から始まった歴史あるまつり。開催当初は、あやめの愛好家たちがビール瓶などに切り花を入れて楽しむまつりだった。

例年のあやめまつりでは、白無垢の花嫁が園内の川をろ舟で渡る「嫁入り舟」や、地域の女性団体による「あやめ踊り披露」などが実施され、多くの観光客で賑わう。しかし、2021年は新型コロナウイルス感染症の影響で、「嫁入り舟」や「あやめ踊り披露」などの一部イベントが中止となっている。

【写真】今年は「嫁入り舟」が中止となってしまったが、ろ舟の運行やライトアップは実施。特にライトアップされた園内は、幻想的な風景を楽しめるので一度は見ておきたい 写真は主催者提供
【写真】今年は「嫁入り舟」が中止となってしまったが、ろ舟の運行やライトアップは実施。特にライトアップされた園内は、幻想的な風景を楽しめるので一度は見ておきたい 写真は主催者提供

ただ、期間中「手漕ぎのろ舟遊覧」は運行しており、舟上からあやめを楽しめるほか、水郷潮来あやめ園のライトアップを実施。あやめを存分に愛でることができる。

「第70回水郷潮来あやめまつり」を見に行こう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】

屋外

【スタッフ対策】

手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/定期的なPCR検査の実施/距離を意識した接客

【施設・会場内の対策】

入園口の一部制限/イベント等の一部中止・縮小/窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置

【来場者へのお願い】

三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

元記事で読む
の記事をもっとみる