1. トップ
  2. ファッション
  3. 【無印良品】お気に入りすぎて5年以上愛用…! 女性約200人調査「超便利な神アイテム」4選

【無印良品】お気に入りすぎて5年以上愛用…! 女性約200人調査「超便利な神アイテム」4選

  • 2021.5.11
  • 30476 views

シンプルでコスパ抜群なアイテムが大人気の『無印良品』。文房具やフードは買ったことがあっても「無印の衣料品は買ったことがない…」という人も多いのでは? 今回は20~30代女性の集まるアンアン総研メンバー約200人に『無印良品』で本当に買って良かったオススメの"衣料品"についてリサーチ。アラサー女性たちが、実際に買ってみて良かったアイテムを紹介。ぜひチェックしてみて!

1.「オーガニックコットン100%のTシャツ(半袖)」 ¥990〜

【写真】インド綿天竺編みクルーネック半袖Tシャツ・白。

「Tシャツは、もう何年もヘビロテしています」(27歳・会社員)
「丈夫なので何回着てもよれない」(34歳・会社員)
「オーガニックコットンのTシャツを愛用中。肌が弱いので、夏によく着る無地の白Tは素材にこだわっています」(32歳・自営業)

『無印良品』のTシャツは、1000円以内で購入できるプチプラ品が勢揃い。

オーガニックコットン100%のアイテムも多く、着心地が良くて安心できる”素材”も人気の秘密です。『無印良品』らしいシンプルでベーシックなデザインなので、トレンドを気にする必要がなく、毎年着たくなるのも納得。

「ほどよい厚みとハリのある天竺編み」「汗じみを抑える機能を持った柔らかめ素材」など、同じ白Tシャツであっても多種多様。お気に入りの1着が見つかりそう!

2.「えらべる靴下・ソックス」 1足¥230/3足¥690

【写真】左/かかと滑り止め付き 深履きフットカバー・ベージュ。中央/足なり直角 かかとに合う テーパード靴下・モカブラウン。右/足なり直角 薄手 スニーカーイン靴下・黒。

「5年以上くたくたにならずに履けています(笑)。この間買い足しました」(29歳・専門職)
「3つで700円くらいでコスパも良いし、しっかりしているし、種類も豊富で選べるのがいい」(24歳・ 会社員)
「安いのに厚みもあって破れにくい。直角タイプは履き心地がよく、カラーや丈のバリエーションも豊富」(32歳・会社員)
「直角になっているので脱げにくく、布地もしっかりしているので定期的に買い足しています」(34歳・専門職)

人のかかとの”直角さ”に合わせてつくられた「90°足なり直角靴下」が、履き心地抜群という声多数!

かかと部分が90°に編みたてられていて、オーガニックコットン使用など、機能性も素材のクオリティも高い。3足で680円の靴下は、メンズ、子ども用を選んでもOK。使いやすいカラー、丈感が揃っているので、ファミリーでお買い物を楽しめちゃうのも高ポイントです。

パンプスを履いても見えにくいフットカバータイプも人気。

3.「縫い目のないタンクトップ 2枚組 」 ¥790~

【写真】インド綿フライス編み2枚組タンクトップ・黒。

「オーガニックコットンで縫い目がなくてストレスフリー! 背中ニキビがなくなった」(31歳・会社員)
「縫い目がないのでTシャツのなかに着ても大丈夫」(29歳・自営業)

どんな洋服を着ても響きにくい「どこにも縫い目のないインナー」。

縫い目を作らないために、裁縫せずに接着で仕上げているから、程よいフィット感があって気持ちいい! 2枚組990円790円に変更され、さらに買いやすい価格になったのだそう。2枚組でこの価格はかなりのプチプラですよね。

インナーでは他に、シルク入りカップ付きのタンクトップ、キャミソールも人気なんだとか。

4.「カーディガン」 ¥1990〜

「シンプルなのでどんな服にも合うし、夏は冷房避けになり、小さくたためるので愛用しています」(27歳・会社員)
「飽きがこないデザイン。オフィスでも使える」(29歳・会社員)

飽きのこないナチュラルな色味が豊富で、心地よい肌触りの『無印』の「カーディガン」。1着持っているとどんなコーディネートにも合いやすく使いやすいんです。

新発売の、UVカット加工が施された糸でつくられたタイプは、手軽に紫外線を防げて優秀! ちょっとした外出に羽織るのにピッタリですよ。

いかがでしたか。20~30代女性の集まるアンアン総研メンバー約200人にリサーチした『無印良品』の”オススメの衣料品”に特化してご紹介しました。気になる商品があれば、ぜひお近くのショップ、公式オンラインショップで見てみてくださいね。

文・武市彩花

※商品ラインナップは店舗や仕入れにより異なります。
※買い物は必要最低限の人数で、ソーシャルディスタンスを守りながら短時間で済ませましょう。

文・武市彩花

元記事で読む