1. トップ
  2. メイク
  3. ちょっとのコツでびっくりするほど垢抜ける♡プロが教える3つのNG眉をOK眉にするテク

ちょっとのコツでびっくりするほど垢抜ける♡プロが教える3つのNG眉をOK眉にするテク

  • 2021.5.10
  • 54761 views

メイク講師のAyanaです。メイクレッスンでお悩みナンバー1の眉毛!今回は皆様がやってしまいがちな残念眉のポイントを3つ紹介します。ぜひ普段のメイクに取り入れてみて下さい。

やりがち残念眉の3つのポイント!

眉毛で第一印象は大きく変わります!

下の写真は眉毛以外のメイクは全く同じですが、印象が変わって見えませんか?

メイクレッスンで皆様がよくやってしまう失敗眉毛を3つ紹介します。

①眉頭よりも太い眉山

こうすると、野暮ったい印象になりがちです。

※三角眉が似合うお顔立ちの方もいます。

②濃い眉頭

眉頭が濃くなると、眉毛が悪目立ちし、キツイ印象に…。

③ぼんやりとした眉尻

眉尻がぼやっとしていると、輪郭がぼやけて見えます。

残念眉を描いてしまうと、古臭く見えたり、キツく見えたり、なんだか垢抜けない印象になってしまいます。

では、ここからはどのように改善したらいいのかをお伝えしていきます。

①眉頭よりも太い眉山の改善テク

元々眉山が眉頭よりも太い方は、かなりたくさんいらっしゃいます。

それが似合うアンニュイなお顔立ちの方はそのままでOK!

そうではなく野暮ったい印象になってしまう方は、眉山が眉頭よりも自然に細くなるようにカットをするとメイクがしやすくなります。

メイクでは眉山よりも眉頭の方が太くなるように作ると垢抜け度UP!

②濃い眉頭の改善テク

先程「眉頭は眉山よりも太く描きましょう」とお伝えしましたが、何も考えずに眉頭を足してしまうとあっという間に不自然に濃くなってしまいます!

この失敗はメイクレッスンをしていて1番多いんです。

眉頭を薄く描くコツは2つ。

・描く際は筆圧を弱くする

・明るいペンシルやパウダーを使用する

上の画像のように眉頭が1番薄く、眉尻に向かって濃くなるようなグラデーションにしましょう。

元々の毛の生え方上、どうしても眉頭は眉尻よりも濃くなりやすいです。その場合は、眉頭に明るい眉マスカラを使用し、スクリューブラシでなじませて下さい。

③ぼんやりとした眉尻の改善テク

ぼんやりとした眉尻を描いている方、とっても多いです!

眉尻が細く1本で終わっているとお顔にメリハリが生まれ、小顔効果もアップします。

眉尻をスッキリ一本で描くコツは2つ。

・一定の筆圧で描く

・細くて暗い色のペンシルを使う

もし失敗してしまった場合は、綿棒を使って眉尻を細く整えてあげるとGOOD!

いつもの眉毛を少し変えるだけで垢抜け眉は作れます!ぜひ試してみて下さいね!

元記事で読む