1. トップ
  2. 恋愛
  3. 9割が「辞めてやる!」と思った経験あり!それでも保育士が毎日笑顔でいられるワケとは?

9割が「辞めてやる!」と思った経験あり!それでも保育士が毎日笑顔でいられるワケとは?

  • 2015.6.23
  • 4768 views

手のかかる子どもを預けている親としては、いつも笑顔であたたかく子どもたちを包み込んでいる保育士や幼稚園の先生の懐の深さには頭が上がりません。子どものわがままや理不尽な行動にも上手に対応する姿を見ると、やはりプロ! と感心してしまいますが、そもそも保育士さんってストレスは貯まらないの!?

平日は子どもと接する時間が少ない私でさえ、子どものわがままにイライラしてしまうのに、どうやって保育士さんはイライラを消化しているの?

今回は、そんな保育士さんのホンネと子どもに対するイライラ解消法を教えてもらいました。

保育士や幼稚園教諭の人材紹介サービス「保育のお仕事」を展開する株式会社ウェルクスが保育士131人に調査をしたところ、「もう保育士を辞めてやる!」と思ったことがあると回答したのは、全体の96.9%もいることが判明。

★働く女性のストレスの原因…3位「収入」、2位「人間関係」、では1位は?

ほとんどの保育士が少なくとも1度は辞めたいと思ったことがあることがわかったのです。その理由を尋ねると意外な結果が……。なんと辞めたいと思ったきっかけは、毎日接している子どもたちが原因ではなかったのです!

保育士が仕事を辞めたいと思ったきっかけを尋ねてみると、ダントツで多かった回答が「上司や同僚との人間関係」で、なんと6割以上の人が問題を抱えているという結果に。

◆「辞めてやる!」と思うきっかけランキング◆

1位 上司・同僚との人間関係上の問題 63.9%

2位 業務量・残業の多さへの不満19.8%

3位 園長・施設長に対する不満16.7%

4位 園が職員を守ってくれない6.1%

5位 保護者とのトラブル3.0%

5位 給与面の不満3.0%

7位 プライベートとの両立への悩み1.5%

7位 子どもとうまくいかない1.5%

7位 責任の重さ1.5%

その他 3.0%

(※株式会社ウェルクス調べ)

3位の「園長や施設長に対する不満」も含めると、約8割が園で働く人同士のトラブルが原因ということがわかりました。

また2割の人が「業務量や残業の多さ」を指摘。子どもを預かっている時間も長いうえに、事務仕事などを含めると、朝早くから夜遅くまで勤務しているという人も少なくなく、なかには体力が続かないという人も。そのうえ給料も決して高くないというのが現実のようです。

一方で、懸念していた保護者とのトラブルや子どもとうまくいかないという人はわずか5%弱でした。

では「辞めてやる!」と思った後は実際どうしたのでしょう? もっとも多かったのはやはり「我慢をしてそのまま働き続けている」という人。実際にそのまま辞めたという人は2割程度で、転職活動などをはじめている人も約2割でした。

■「辞めてやる!」と思った後に具体的に取った行動は?

我慢しつつ働き続けている32.1%

実際に仕事を辞めた22.1%

現在転職を検討している22.1%

その他17.6%

上司などに相談して解決した 6.1%

(※株式会社ウェルクス調べ)

保育園や幼稚園は個人経営や家族経営というところも少なくなく、先生やスタッフが少人数というところも多いようです。そのため一度人間関係のトラブルが起こると、逃げ場がなく居心地が悪くなるのが現状のよう。うまくいけばアットホームで家族のようなつきあいができる一方で、一度こじれると修復が難しいというのが問題のようです。

でもそんな環境の中でも、子どもや保護者の前ではいつも笑顔の保育士さん。実際はストレスを感じていてもきちんと自分の中で消化する術を身につけている人が多いようです。

Woman Insight編集部では保育士さんや幼稚園の先生に「ストレス発散法」を調査。実際に受けているストレスとその解決法を教えてもらいました。

■あなたのストレスの原因と発散法を教えてください。

・長年保育園を仕切っている先輩からのイヤミや批判が絶えない毎日にイライラ。でも毎日かわいい子どもたちといっしょに遊ぶだけでなんとか気持ちをリセットできています。(32歳保育士)

・園長のワンマン経営にスタッフみんなが振り回されています。でも幸いなことに働く保育士が仲がいいので、その仲間と一緒に飲みに行ったり、カラオケに行ったりしてストレス解消しています。(28歳幼稚園教諭)

・毎日遅くまで園で使うものを手作り。家に持ち帰ってやることも多いのに安月給。子どもの笑顔と保護者からの感謝の気持ちだけが活力になっています。(29歳幼稚園教諭)

・最近多い保護者からの理不尽なクレーム。同僚と愚痴りあってなんとか乗り越えています。ちなみに保護者に会わないように誰かの家やカラオケルームなどで愚痴っています(笑)。(31歳保育士)

・最初は嫌になると転園していたが、結局3つほど園を変えたけど、どこでも問題はあることを実感。どんな仕事もストレスはたまるだろうし、割り切ることにしました。(34歳幼稚園教諭)

・プライベートで思いっきりはっちゃける! 園内での出会いは皆無なので、それ以外での出会いを大切にしています(26歳保育士)

いつも笑顔の先生も、実はストレスをかかえ、それを見せない努力をしているんですよね! 疲れやストレスがすぐに顔に出てしまっていた私、少しは保育士さんたちを見習わないとな!!(Yuina)

情報提供元:保育のお仕事