1. トップ
  2. 恋愛
  3. 要注意!「俺のこと好きじゃないのかも」と男性が不安になる瞬間

要注意!「俺のこと好きじゃないのかも」と男性が不安になる瞬間

  • 2021.5.9
  • 5684 views

「俺のこと好きじゃないのかもな」と感じることがあると、男性は不安を抱えてしまいます。

そして、その不安が大きくなっていったら、「もうこの子とは無理かも」という思いも湧き起こってくるものです。

そこで今回は、「俺のこと好きじゃないのかも」と男性が不安になる瞬間を紹介します。

「お誘い」をしてくれない

「全然誘ってきてくれないと、あまり興味がないんだろうなって感じちゃいますね。
そのときには諦めモードになっている場合もあるかも」(31歳/男性/美容師)

いつも自分から誘ってばかりで、女性のほうからはまったく誘ってきてくれないと、男性は不安に襲われるはず。

恥ずかしくて誘えないのであれば、せめて「○○とか行ってみたい」とか「○○って楽しそう」などと、行ってみたい場所ややってみたいことを会話の中で伝えてあげるといいかもしれません。

連絡をするときも、常にどちらか一方からばかりになると同様に不安が生じるものなので、そこはちゃんと意識しておくべきですよ。

会話に「乗り気」じゃない

「会話をしていても楽しそうに見えないと、こっちのテンションも完全に下がっちゃう。
なので、たいして盛り上がらないまま重苦しい時間が続くことになる」(28歳/男性/アパレル)

会話をしていても、女性がなんとなく話にノッていないように見えると、「俺と話していてもつまらないのかな」と男性は感じるでしょう。

適当な返事が多い、どこかうわの空に見える、会話中にスマホをイジる、自分からは話を振ってこない。

そういった態度を取ると、男性をガッカリさせてしまうことに。

ですので、とくにデート中には絶対にやってはいけませんよ。

「ドタキャン」が増えた

「3回続けてデートをドタキャンされたことがあって、さすがにそこで終わりにしました。
そのあと1回誘われたけど、それはこっちが断りましたね」(33歳/男性/自営業)

ドタキャンされることが増えると、男性は確実に「俺には飽きたんだろうな」という思いになります。

どうしても行けないときは仕方がないので、きちんと謝罪をして、別日のデートの提案をすることが大事。

また、仕事が忙しくなりそうなときは、彼氏やいい雰囲気になっている男性には前もってそのことを伝えておくと変な誤解を生まずに済みますよ。

「スキンシップ」を避けられた

「デートをしているときに、腰に手を回したらスッと逃げられたことがあって、あのときは落ち込みました。
僕のやり方が悪かったのかもしれませんけど…」(27歳/男性/不動産)

スキンシップをはかろうとして、それを女性に避けられたとき、男性はかなり大きなショックを受けるもの。

完全に拒否をされた気分になるので、「嫌われているのかもしれない」という思いを抱えてしまうでしょう。

無言で避けるのではなく、「ちょっと今はそういう気分じゃないんだ」とか「ちょっと疲れちゃって」などと、ちゃんと気持ちを伝えれば男性もそこまで落ち込むことはないはずですよ。

フォローを忘れないで

自分では気がつかないうちに、男性を不安にさせてしまっていることもあるかもしれません。

そのままでいると、いつしかふたりの間に大きな溝が生まれることにもなりかねないので注意してくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む