1. トップ
  2. ダイエット
  3. 背中をほぐしつつお腹を引き締め。1日5回【腰周りのサイズダウン】に効く簡単習慣

背中をほぐしつつお腹を引き締め。1日5回【腰周りのサイズダウン】に効く簡単習慣

  • 2021.5.9
  • 34402 views

前かがみの背中の丸くまった姿勢がクセ付いてしまうと、お腹がポッコリしてきたり、ウエスト周りが寸胴になったりなど体型の崩れにつながっていくもの。そこで姿勢を改善すべく習慣に採り入れたいのが、ピラティスの簡単エクササイズ【ローリング】です。姿勢の崩れによって凝り固まった腰や背中をほぐし、さらにはたるんできたお腹の引き締めも叶います。

ローリング

お腹を縮こませたまま転がるエクササイズで、凝り固まった腰背部を刺激。さらにお腹周りの深層部も鍛えることができます。

(1)両ひざを立てて座り、両手でひざの裏を持ち上げて足の裏を床から離す

背中をほぐしつつお腹を引き締め。1日5回【腰周りのサイズダウン】に効く簡単習慣

(2)息を吸いながら背骨を一つ一つを床につけるイメージで後ろへ倒れる

背中をほぐしつつお腹を引き締め。1日5回【腰周りのサイズダウン】に効く簡単習慣

(3)息を吐きながら腹筋を使って(1)の位置に戻る

背中をほぐしつつお腹を引き締め。1日5回【腰周りのサイズダウン】に効く簡単習慣

これを“1日あたり5回を目標”に実践します。

実践時に注意するポイント

期待する効果をきちんと得るためには「身体を後ろへと倒すときに背骨の一つ一つを床につけるように背骨をコントロールすること」「体勢を戻す際は腹筋を意識してコントロールすること」の2つがポイント。ひざの位置が体に近すぎる(下写真上)、またはひざの位置が体から遠すぎる(下写真下)と背骨と腹筋やコントロールが正しく行えないので注意しましょう。

背中をほぐしつつお腹を引き締め。1日5回【腰周りのサイズダウン】に効く簡単習慣

▲正しい姿勢で実践できるように、「肩の位置が上がらないこと」「ひじが伸びきらないこと」の2つを心がけることが大事です

特に座り時間が長くなると、背中や腰が凝り固まって、ウエスト周りのたるみや姿勢の崩れが現れてしまいやすくなります。腰、背中、お腹のどれか1つでも悩みがあるなら、ぜひ【ローリング】を習慣化して改善していきましょうね。<text:ピーリング麻里子 photo:カトウキギ ピラティス監修:Minami(WECLEインストラクター/インストラクター歴3年)>

元記事で読む