1. トップ
  2. ファッション
  3. 【探す手間なく一気に見れる】|いま人気の「スマート系スニーカー」カタログ

【探す手間なく一気に見れる】|いま人気の「スマート系スニーカー」カタログ

  • 2021.5.8
  • 4391 views

靴からオシャレを考えるときの選択肢の1つ、スニーカーは主流の「キレイめボトム」にピッタリ合うタイプが人気傾向。細身のシルエット・やわらかい色み・レザー素材など、アクティブになりすぎず、落ち着いた印象にとどまる4タイプをご紹介。



【1】
NUANCE COLOR
▶ローカット&ローテクは
「白みがかったあいまい色」

白っぽい色みを中心に、淡くあいまいな色のレトロなローテクスニーカーが再燃。やわらかな素材や色をまとった今季らしい服にもなじみやすく、ローカットならすっきり整う。


1.白×グレースニーカー 10,000円+税/NIKE(atmos pink flagship Harajuku) ボコボコとしたワッフルソールで雨の日も滑りにくい。白と薄いグレーのグラデーションで、やさしげな雰囲気に仕上がる。 2.グレースニーカー 13,800円+税/ニューバランス(ニューバランス ジャパン お客様相談室) 長年愛され続ける細身シルエットが特徴の「996」。クッション性に優れた、ふかふかしたはき心地も魅力の1つ。 3.コルクインソールスニーカー 9,000円+税/スペルガ(カメイ・プロアクト) ガムソールのなつかしいディテールが、白のキャンバス地を味わいのある印象に。汚れが目立ちづらいスモーキーな白。 4.チェックキャンバススニーカー 12,000円+税/ムーンスター(ムーンスター カスタマーセンター) ブルー×白の細いチェック柄で、スニーカーもハンサムなルックスに。伸縮性が高い日本製のしなやかなゴムソール。 5.ピンクキャンバススニーカー 9,000円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) ガーリーに傾きがちな淡いピンクもスニーカーなら照れずに試せる。ニュアンスカラーの装いのアクセントとしても有効。 6.スエードスニーカー 26,000円+税/WALSH(カメイ・プロアクト) ひもまでベージュに統一したシックな見た目は、英国を代表する老舗ブランドならでは。イギリス国旗のタグがクラシックさをあと押し。

【3】
RETRO COLOR
▶スカートやワンピに合わせたい
「2色以上」のレトロな色み

気楽に色を試せるのもスニーカーならでは。深みのある色みやくすんだトーンなど、レトロカラーなら多色づかいも品よく見える。


1.ピンクスニーカー 8,000円+税/オニツカタイガー(オニツカタイガージャパン お客様相談室) 濃いめピンクのサイドラインが、ペールピンクをいっそうフレッシュなムードに引き寄せ。 2.スニーカー 16,000円+税/パンサー(世界長ユニオンお客様相談室) 高発色なブルー×イエローに、スエード部分の深いブルーで味わいを。エッジィな配色はゆったりした装いのメリハリづけにも効果的。 3.スニーカー 14,000円+税/ジースター ロゥ(ジースター インターナショナル) デニムブランドから登場する、ダスティピンクのヴィンテージライクな色み。甲幅が広く、肉厚ソックスももたつきにくい。 4.ブルー×赤×ベージュスニーカー(かえひもつき) 11,000円+税/アスファルト(アースマーケティング) 濃厚な赤やブルーを小さく加えて、シンプル以上な見た目に。防滑性とクッション性をそなえたシャークソール。 5.スニーカー 23,800円+税/ゼットディーエー(アイ ファウンド) 少量のピンクやオレンジをMIXして、ダスティブルーのスニーカーを女っぽく昇華。くすんだ色のマルチカラーなら、淡色の服にも合わせやすい。 6.イエロースニーカー 27,000円+税/アッシュ(ハヤシゴ) トーンに濃淡をつけた、マイルドなイエローのグラデーション。ベージュの延長で使える色みだから、キレイ色や柄の個性派ボトムの整え役にも使える。

【4】
COLLABORATION
▶ありそうで無いデザインが
見つかる「別注・コラボ」

定番をアップデートしたり、装飾性を加えたり。キレイな服との合わせも浮かずに鮮度を上げられる、アパレル×スポーツブランドのコラボスニーカーがリリースラッシュ。


1.スーパースター(かえひもつき) 14,000円+税/adidas×アーバンリサーチ(アーバンリサーチ ルミネ新宿店) 「スタンスミス」の定番カラー白×グリーンを、「スーパースター」のモデルに落とし込み、名作をMIX。 2.スニーカー 21,000円+税/AIGLE×FAGUO(エーグルカスタマーサービス) シンプルモードなデザインが魅力の「FAGUO」とレインブーツで有名な「AIGLE」のコラボ。渋いカーキで大人の辛口ルックへ誘導。 3.黒スニーカー 15,000円+税/コンバース フォー アダム エ ロペ(アダム エ ロペ) クラス感のあるシボ革を採用した、アダムエロペの別注モデル。耐久性のあるしなやかなレザーは縦落ち感のある服とも相愛。 4.白黒ダッドスニーカー 31,000円+税/D.A.T.E.×Whim Gazette(ティースクエア プレスルーム) 端正なボトムにも合わせやすい、白黒配色のスマートな表情で使えるダッドスニーカー。 5.ピンクスエードスニーカー 12,800円+税/ケッズ フォー スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー) 品よく甘さを加えられる、スエード×ペールピンクの組み合わせ。薄いソールで軽量なはき心地。 6.ベージュスエードドッキングスニーカー 12,000円+税/PUMA for emmi(エミ ニュウマン新宿店) ベージュ&薄いピンクをまぜたようなフェミニンな色合いで、ダッドスニーカーもストリートに傾かない。 7.白キャンバススニーカー 12,000円+税/SUPERGA LOVE BY e.m.(e.m.表参道店) ヒール部分にゴム製のリボンをあしらったLADYな装飾は、アクセブランドならでは。ALL白でクリーンなイメージに。

※GISELeでは5月号(3/27発売)より、掲載商品の価格表示を消費税込の総額表示に変更しております。変更以前に発売された号の内容に関しましては、税抜き価格での表記が残っている場合がございます。

元記事で読む