1. トップ
  2. ファッション
  3. 服の数も色も「減らすと増える」コーデの幅をムダなく広げる4つの発想

服の数も色も「減らすと増える」コーデの幅をムダなく広げる4つの発想

  • 2021.5.8
  • 2877 views

服の数も、色も絞るとバランスの整った着方だけが増えていく。コーディネートの幅にも無駄を生まない得する色=白・黒・ベージュの3色で見極める、真実の最小限。

同じ服・少ない色の中で
「幅が出る発想の転換」

安定感のある色の力に甘んじるだけではネタも尽きてくる。その前に、服と色の数はそのままに「発想の手数」でワードローブを活性化。(※着まわしたアイテムの詳細は最後にあります)

01
肩がけでキレイめではなく
コンサバを「くずす肩がけ」


柔和な白ニットにクリーンな白パンツ。ほかはヌーディカラーにまとめた「キレイな人」を印象づけるバランスに、スエットの肩がけで遊び心をひそませて。コンサバを漂わせつつ肩にかけたのはニットではなく、スエットというギャップで好感度。バッグ 10,000円+税/アダム エ ロペ

02
1枚でもいいトップスどうしを
「わざわざ」レイヤード


スエットにジャケット、もしくはシャツにジャケットでも事足りるところ、全部欲張ったトリプルレイヤード。一貫性のあるベージュにこだわりが光る。大げさなベージュを引き立てるべく、スカートとサンダルは黒で統一。薄手のジャケットとドルマンスリーブのスエットなど、重ね着に向いた選択が、ここにきて役に立つ。黒サンダル 41,000円+税/エーティーピーアトリエ(カオス横浜)


03
ベージュに頼らず
モノトーンで「なつかしく上品」


簡単にレトロに転じる茶系を休み、黒と白だけでクラシックを体現。白多めの配色と絶妙なピッチのボーダーでどこかなつかしいマリンにアレンジ。黒のカーディガンを無造作にひっかけた、自由度の高いモノトーン。ボーダーTシャツ 9,500円+税/ORCIVAL(ビショップ) ローファー 14,900円+税/A de Vivre 黒カーディガン 49,000円+税/ドゥーズィエム クラス(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス オモテサンドウ)ドットスカーフ 12,000円+税/manipuri(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町)

04
重ねる順番を変える
「シャツとニットを逆転」


コンパクトなフォルムをいいことに、ニットをゆるめなシャツの下に仕込んで白のワントーンに奥行きと新鮮味を形成。凝ったトップスレイヤードには、ラフなパイル地パンツでシンプルに。気楽なモノトーンを理由にひと足先にかごバッグを投入。黒コットンパイルパンツ 15,000円+税/イウエン マトフ(イウエン マトフ 横浜店 かごバッグ 39,000円+税/イニス(カオス横浜)

【着まわしたアイテム】
アイボリーリブニット 29,000円+税/CABaN(キャバン 代官山店) 白ストレートパンツ 8,000円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ベージュスエット 26,000円+税/ebure(ebure GINZA SIX店) ベージュスエードパンプス 30,000円+税/ピッピシック(RHC ロンハーマン) ベージュウールジャケット 14,990円(税込み)/ZARA(ザラ カスタマーサービス) 共布ベルトつき黒スカート 28,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム)白オーバーシャツ 32,000円+税/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店)

【保存版】ベージュスタイルのコンプリートBOOK

※GISELeでは5月号(3/27発売)より、掲載商品の価格表示を消費税込の総額表示に変更しております。
変更以前に発売された号の内容に関しましては、税抜き価格での表記が残っている場合がございます。

元記事で読む