1. トップ
  2. レシピ
  3. 妊婦さんにおすすめの1週間の献立。体を大切にするバランスの良いレシピをご提案

妊婦さんにおすすめの1週間の献立。体を大切にするバランスの良いレシピをご提案

  • 2021.5.8
  • 12911 views

妊婦さんの1週間の献立は周期で考えよう

妊娠中は食べたものが赤ちゃんの栄養になるので、どんなものを食べたらいいのか気になりますよね。

妊婦さんの1週間の献立を考える時は、赤ちゃんの成長ごとにどんな栄養が必要か知ることから始めましょう。今回は妊娠初期、中期、後期、それぞれの周期に合わせたおすすめ料理を紹介します。

これから紹介する料理を参考に、必要な栄養を1週間の献立のどこかに加えてくださいね!

妊婦さんの1週間の献立《初期メニュー》

おすすめ副菜♪ほうれん草のおかか和えレシピ
おすすめ副菜♪ほうれん草のおかか和えレシピ
出典:https://cookien.com/(外部リンク)おすすめ副菜♪ほうれん草のおかか和えレシピ

最初に妊婦さんの1週間の献立の中から、妊娠初期に特におすすめしたいメニューを紹介していきましょう。

妊娠初期の妊婦さんに特にとってほしい栄養が、葉酸です。1mgを超えない範囲で摂取すると、赤ちゃんの先天性異常のリスクを減らすことにつながりますよ。

葉酸が多く含まれる野菜の一つがほうれん草です。副菜にするなら、5分で簡単に作ることができるおかか和えがおすすめですよ♪

簡単主菜!かぼちゃのひき肉とろみあんレシピ

かぼちゃにも妊娠初期にとってほしい葉酸がたっぷり含まれています。

かぼちゃは煮物にすると食べやすいですが、つわりが酷い時に煮物料理は辛いですよね。

そんな時は、レンチンで簡単に作れるメニューがおすすめです。

ひき肉を入れると、ボリュームも出ますよ。ぜひ妊婦さんの1週間の献立メニューに加えてみてくださいね♪

大満足主食♡たくあん入り納豆ご飯レシピ

妊婦さんの1週間の献立メニューでぜひとってほしい食材が納豆です。

葉酸や鉄など栄養がたっぷり入っています。納豆には卵が合いますが、生卵は妊婦さんにおすすめできません。

代わりにたくあんを入れたメニューを作ってみましょう。

たくあんの歯ごたえある食感で、簡単にボリューミーな主食料理が完成しますよ。

1週間の朝食献立や夕食献立に加えてみてくださいね。

栄養◎ブロッコリーの中華スープレシピ

ブロッコリーも妊婦さんの1週間の献立メニューに加えたい野菜です。妊婦さんに必要な葉酸を始めとしたビタミンが含まれています。

サラダとして献立に加えることもできますが、スープレシピならもっと栄養をとれますよ。

ブロッコリーを茹でた汁をそのままスープにすると、栄養を逃さないメニューを作ることができます。

鍋1つで簡単に作ることができる料理なので、忙しい朝や帰ってすぐの夕飯におすすめです。

ホットミルクおしるこのいちご添えレシピ

妊婦さんの1週間の献立やおやつに食べてほしいのが、いちごです。

ビタミンCや葉酸をたっぷりとることができて、食欲がない妊婦さんも食べやすいですよ。

甘いものが欲しい時には、いちごを添えたホットミルク入りのおしるこを料理してみましょう。

牛乳も1週間の献立の中でとってほしい栄養なので、理想的なレシピです。

温かいので、体の冷えが気になる妊婦さんにもおすすめですよ。

妊婦さんの1週間の献立《中期メニュー》

栄養抜群♪小松菜のかつおじゃこ和えレシピ

続いて妊婦さんの1週間の献立の中から、妊娠中期に特におすすめしたいメニューを紹介していきましょう。

妊娠中期の妊婦さんに特にとってほしい栄養が、鉄分やカルシウムです。

中期は赤ちゃんの体がどんどん作られる時期なので、積極的にとりましょう。

おすすめの副菜料理が、小松菜のかつおじゃこ和えです。どちらの栄養もとれるので、1週間の献立作りに活用してくださいね。

簡単!豚肉と小松菜のだし醤油炒めレシピ
簡単!豚肉と小松菜のだし醤油炒めレシピ
出典:https://cookien.com/(外部リンク)簡単!豚肉と小松菜のだし醤油炒めレシピ
元記事で読む