1. トップ
  2. ネイル
  3. 色だけで表現!?「梅雨っぽい」ネイルについて考えてみた。

色だけで表現!?「梅雨っぽい」ネイルについて考えてみた。

  • 2021.5.8
  • 3827 views

『梅雨ネイル』というと、「しずく」や「あじさい」のデザインであったり、もしくは「かたつむり」のキュートなアートを想像する方も多いことでしょう。梅雨のアートをほどこしたネイルデザインももちろん素敵ですが、今回はアート等の派手なネイルデザインができなかったり、日常生活では控えたい方でも楽しめるような、色だけで「梅雨っぽさ」を表現したネイルデザインをご紹介いたします。梅雨に定番のカラー「ブルー」や「パープル」をどう使えば「梅雨っぽく」見えるかを解説いたします。

「ブルー」は透明感を重視。水のイメージを

まずは「ブルー」を使った『梅雨っぽい』ネイルデザインをご紹介いたします。

ブルーは透明感のあるクリアブルーを使用し、雨や水を連想させるような雰囲気にしてみましょう。

色だけで梅雨のしとしととした印象を演出できることでしょう。

ブルーを使った水彩アートのような、透明感が印象的なにじんだネイルデザイン。雨水で濡れたような爪先は、それだけで梅雨らしい仕上がりです。組み合わせにはシルバー系のネイルアート。クールな雰囲気ですっきりとまとまっているのが特徴です。

クリアブルーを全面に使用した爽やかなネイルデザイン。またその爪の先端には、流れるようなマーブル模様がとってもキュートです。水の中を覗いているような、そんな梅雨にぴったりのカラーリングですね。

「パープル」はスモーキーに仕上げて、くすんだ感じをポイントに

「あじさい」をイメージさせる「パープル」。

そんな「パープル」はスモーキーに仕上げて、くすみ感をプラスしてみましょう。

梅雨の憂いに満ちた雰囲気をかもしだすことができます。

オーバルカットにちょっぴりくすんだパープルが目を引くデザイン。ワンポイントで同系色のラメとビジューを飾りとってもエレガントです。フェミニンなカラーと仕上がりで、梅雨の季節にぴったりの上品な「ママネイル」としてもおすすめのデザインです。

ショートカットにブルーがかったスモーキーな紫色がとてもシックなネイルデザイン。縦長にカットしたフィルムを埋め込んで、奥行き感のある輝きが神秘的です。爪が短いということを思わせないくらいに、スッと縦長に見えるオシャレな仕上がりです。

梅雨っぽいカラー代表の「ブルー」と「パープル」をミックス

先ほど紹介した梅雨っぽいカラー代表の2色…「ブルー」と「パープル」。

最後はその二つを組み合わせた、梅雨らしいネイルデザインをお届けいたします。

クリアをベースに「ブルー」と「パープル」をじんわりとミックスさせたタイダイ柄ネイル。ステンドグラスのような透き通るカラーリングが、とても際立っています。金箔ものせて、その印象はかなりゴージャスです。組み合わせにはシルバーミラーで縦のラインを複数描き、雨を思わせるようなデザインが印象的です。

「ブルー」や「パープル」をふんわりと水玉模様が重なるように描いたネイル。抽象的に描かれたあじさいのようにも見えるから、またオシャレですね。粒子の細かいゴールドやシルバーで変形フレンチ。縁取りにはゴールドミラーを使い、トレンドもおさえた梅雨らしいデザインです。

梅雨の前後にも幅広く使える

色だけで表現した「梅雨っぽい」ネイルデザインはいかがでしたでしょうか。

カラーリングだけで梅雨らしさ表しているので、さまざまなオケージョンに対応してくれますね。

また特定のアートを使用していない分、梅雨の前後にも幅広く活躍してくれることでしょう。



Itnail編集部

元記事で読む