1. トップ
  2. 恋愛
  3. 会場コーディネートと調和する飛沫感染防止パネルでコロナ禍の結婚式をデザイン

会場コーディネートと調和する飛沫感染防止パネルでコロナ禍の結婚式をデザイン

  • 2021.5.8
  • 748 views

クリエイティブなスペースデザインと、安心・安全を美しく調和させる新コーディネート『花つぼみ ― NEW SPACE DESIGN ―』が誕生。

ポストコロナ時代の結婚式のデザインとして、飛沫感染防止パネルを会場コーディネートとクリエイティブに調和させた新コーディネートを、東京都港区の総合イベントプロデュース企業・八芳園が開発した。

安心・安全を美しく調和させた結婚式

新型コロナウイルス感染拡⼤の影響により、結婚式では、披露宴会場のテーブルに飛沫感染防止パネルを設置することが増え、主催者のふたりは、そのパネルを取り入れた披露宴会場のコーディネートに悩むケースも多いという。

そこで同社では、「飛沫感染防止パネルをクリエイティブにデザインすることで、会場のコーディネートをより素敵なものにすることが出来るのではないか」「ゲストの安心・安全を確保した新しい時代のスペースデザインとして愉しんでもらえるのではないか」と考え、今回、新コーディネート『花つぼみ ― NEW SPACE DESIGN ―』を開発した。

コーディネートに溶け込むデザインパネル

これは、飛沫感染防止対策として設置される飛沫感染防止パネルを、テーブルやコーディネートと自然と溶け込むようスペースデザインした、新しいコーディネート。

感染症対策の安心・安全面への考慮はもちろん、大きさや角度、披露宴のコーディネートとしての美しさにこだわり、『花つぼみ ― NEW SPACE DESIGN ―』の名前の通り花のつぼみをイメージしてデザイン。

デザインパネルは、マスクを外した状態で会話をした場合の顔の位置にパネルが来るように設計されており、マスクを外している食事中も飛沫感染を気にすることなく、安心して食事や会話を楽しめる。

また専用のスタンドで設置するため、倒れる心配もない。

日本文化をクリエイティブに追及

さらに、ソーシャルディスタンスを考慮したデザインの中には、日本文化に古くより受け継がれている「間(あわい)※」の文化をよりクリエイティブに追及。

“花つぼみ”という名前には、「結婚という人生の節目を迎えるふたりが、厳しい冬を乗り越えて美しい花を咲かせるつぼみのように、様々な困難を乗り越えたハレの日に満開の笑顔で楽しく過ごしてほしい」という想いが込められている。

これから結婚式を予定している人は、八芳園の新コーディネート『花つぼみ ― NEW SPACE DESIGN ―』をチェックしてみては。

※物と物のあいだ、事と事の時間的なあいだ、人と人のあいだがら・相互の関係

元記事で読む