1. トップ
  2. ミュージカル「いつか〜one fine day」儚げな世界観広がるPVが公開

ミュージカル「いつか〜one fine day」儚げな世界観広がるPVが公開

  • 2021.5.8
  • 213 views

東京・CBGKシブゲキ!!にて、6月9日(水)~20日(日)に上演されるミュージカル「いつか〜one fine day」のPVが、conSeptオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開された。

【写真を見る】TPD浜崎香帆は、病死してしまったテル(藤岡正明)の妻・マキ役

同作は、人気韓国映画「ワンデイ〜悲しみが消えるまで」を原作に、2019年に日本で初演された日本発のオリジナルミュージカルで、このたび新編成キャストで再演される。

昏睡状態にある盲目のヒロイン・エミ(皆本麻帆)と、そんな彼女の魂が見える保健調査員のテル(藤岡正明)の交流を通して、自分自身の心と向き合う人ヒューマンドラマとなっており、公開されたPVでも、出演者たちのはかない歌声をバックに、生きることの意味を問う内容となっている。

新任の上司・クサナギ(藤重政孝)から、後輩・タマキ(大薮丘)の担当だった仕事を引き継ぐよう命じられた保険調査員のテル(藤岡正明)は、交通事故で植物状態となってしまったエミ(皆本麻帆)の事故の原因を調べることに。

しかし、エミの代理人であるマドカ(松原凜子)と友人のトモヒコ(西川大貴)は、調査に非協力的で敵対してしまう。

仕事も進まないまま、病死した妻・マキ(浜崎香帆)のことをまだ整理できずにいるテルだったが、そんな彼に意識がないはずのエミが声をかけてくる。

にわかには信じがたいと思いながらも、自分にしか見えないエミの魂と交流を重ねるうちに、事故の陰に幼いころにエミを捨てた、消息不明の母親・サオリ(土居裕子)の存在が浮かび上がってくる。

今回公開されたPVに加え、2020年の11月に行われた「いつか~one fine day」の楽曲を集めたコンサート「いつか〜one fine day」in Concertより、藤岡&皆本の歌唱映像も期間限定で特別公開される。

なお、ミュージカル出演全キャストと音楽監督・桑原まこ(ピアノ)は、5月8日昼0時より「Hibiya Festival 2021」でテーマ曲「いつか」を含む楽曲をパフォーマンスする。HIBIYA FES CHANNELのYouTubeチャンネルにて無料生配信される。

元記事で読む