1. トップ
  2. グルメ
  3. 【福岡】テイクアウトで楽しみたい!“編集部が厳選”絶品「ハンバーガー」5選

【福岡】テイクアウトで楽しみたい!“編集部が厳選”絶品「ハンバーガー」5選

  • 2021.5.8
  • 5578 views

~もっと福岡を、好きになる~「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

ふわっふわなバンズに、ジューシーなパテ。おいしさと手軽さが人気の「ハンバーガー」。

身近なチェーン店もいいですが、福岡には個性豊かでおいしいハンバーガーショップがたくさんありますよ!

テイクアウトの需要も高まっている今だからこそ食べたい! 編集部が厳選したバーガーショップを5つご紹介します。

肉々しいパティに、とろ〜りチーズ!一度食べると病みつきになるハンバーガー/「GOONIES BURGER CLUB(グーニーズ バーガー クラブ)」(福岡市中央区警固)

『GOONIES BURGER CLUB(グーニーズ バーガー クラブ)』は、薬院六つ角から警固方面へと続く上人橋通りにあるバーガーショップ。

お店の方のオススメは『バーベキューチーズタウン』(1,250円)!

GOONIES BURGER CLUB(グーニーズ バーガー クラブ) バーベキューチーズタウン
画像:ARNE編集部

パティは粗挽きのビーフ100%! 肉汁を逃さないように“網脂”でお肉を包み、チェダーとモッツァレラのチーズをのせてとろけるまで鉄板で焼き上げます。

GOONIES BURGER CLUB(グーニーズ バーガー クラブ) バーベキューチーズタウン
画像:ARNE編集部

肉の旨みがガツンとくる粗挽きのパティに2種のチーズの濃厚な旨み、自家製バーベキューソースのコクと酸味が混ざり合いこれは本当にクセになるおいしさ!

ゆっくりと発酵させ、ふわっふわに焼き上げたという“ホワイトバンズ”との相性も抜群〜! リピーターが多いというのも納得の味でした。

GOONIES BURGER CLUB(グーニーズ バーガー クラブ)
画像:ARNE編集部

裏路地にあるお店はまさに隠れ家! 道に置かれたハンバーガーが目印です。あなたは見つけられるかな?

<店舗情報>
■GOONIES BURGER CLUB(グーニーズ バーガー クラブ)⠀
住所:福岡市中央区警固1-6-3⠀

“植物由来”がコンセプト!お肉不使用のハンバーガー/「Plant-based Cafe NICE(プラントベースカフェ ナイス)」(福岡市中央区警固)

福岡市中央区警固にある『Plant-based Cafe NICE(プラントベースカフェ ナイス)』は、2020年にオープンした“植物由来”がコンセプトのお店。手作りのハンバーガーや、アイス、焼き菓子などを販売しています。

今回は、お肉などの動物性の食品を一切使用していない『ハンバーガー』に注目! こちらは、お肉を使っていないとは信じ難い見た目の『アボカドバーガー』(テイクアウト1,242円、イートイン1,265円)。

Plant-based Cafe NICE(プラントベースカフェ ナイス) アボカドバーガー
画像:ARNE編集部

パティには、ひよこ豆や玄米、くるみなどを使用。自家製のケチャップと豆乳を使用したマヨネーズが入っていて、重くなくさっぱりとした味わいでどんどん食べられちゃいます。

Plant-based Cafe NICE(プラントベースカフェ ナイス) アボカドバーガー
画像:ARNE編集部

ハンバーガーにはサラダも付いていて、罪悪感なくお腹いっぱいになれるのもポイントです。

Plant-based Cafe NICE(プラントベースカフェ ナイス)
画像:ARNE編集部

ベジタリアンやヴィーガンの人だけでなく、普通のハンバーガーは食べ飽きたという人にもおすすめです!

<店舗情報>
■Plant-based Cafe NICE(プラントベースカフェ ナイス)
住所:福岡市中央区警固3-13-35

地元糸島の素材をふんだんに使った絶品バーガー!/「シェフのごはんやさん 四季彩」(糸島市高田)

糸島市にある『シェフのごはんやさん 四季彩』では、糸島の旨みがふんだんに詰まった「糸島バーガー」がいただけます。

シェフのごはんやさん 四季彩 糸島バーガー
画像:ARNE編集部

看板メニューの『糸島バーガー』(テイクアウト648円)は、伊都の豚肉を使用したパテに、糸島産の野菜、糸島のパン工房『麦の木』のバンズなど、名前の通りとことん”糸島産”にこだわったハンバーガー!

注文を受けてから鉄板でハンバーグや卵、野菜などを焼き始め、特製のBBQソースをかけてバンズで閉じたらできあがりです。

シェフのごはんやさん 四季彩
画像:ARNE編集部

やわらかなパテに、エッグ、ベーコンなどしっかりボリュームもあり、BBQソースとの相性抜群! 野菜が多いので、思ったよりもあっさりと完食できました。

シェフのごはんやさん 四季彩
画像:ARNE編集部

<店舗情報>
■シェフのごはんやさん 四季彩
住所:糸島市高田4-2-15

行橋で味わうアメリカン!キャンピングトレーラーで楽しむハンバーガー/「Nashvile(ナッシュビル)」(行橋市吉国)

行橋市にあるサンドイッチ&バーガーショップ『Nashvile(ナッシュビル)』。

バックパッカーで世界一周をしていた店主がアメリカを訪れた際に、現地の人がキャンピングトレーラーでお店をやっているのを見て、自分もやってみたいとインスピレーションを受けて始めたというお店です。

今回は『美夜古(みやこ)バーガー』(1,200円)をご紹介!

Nashvile(ナッシュビル) 美夜古(みやこ)バーガー
画像:ARNE編集部

あえて合い挽きで、粗挽きミンチを使ったパテは、ジューシーで肉肉しい! レタスやトマト、ベーコン、チーズなど具材もたっぷりです。両面をバターで焼いたサックサクふわふわなバンズと、オリジナルのBBQソースが合わさって、一度食べると止まらない味わい!

セットで、ポテトと好きなドリンクが選べたので、『自家製レモネード』をチョイス。これがまた爽やかな甘みでバーガーとよく合う!

Nashvile(ナッシュビル) 自家製レモネード
画像:ARNE編集部

キャンピングトレーラーの中で、オリジナルのサンドイッチやハンバーガーが食べられるというアメリカン好きにはたまらないお店です。

Nashvile(ナッシュビル)
画像:ARNE編集部

<店舗情報>
■Nashvile(ナッシュビル)⠀
住所:行橋市吉国694-4

ボリューム満点!地元で愛されるハンバーガー屋さん/「ハンバーガー工房 gringrin(グリングリン)」(糟屋郡篠栗町)

糟屋郡篠栗町の『ハンバーガー工房 gringrin(グリングリン)』は、オープンから9年目になる地元で愛されているハンバーガー屋さん。

人気No.1の『ベーコンエッグバーガー』(580円)は、たっぷりの野菜に、卵とベーコン、パティを挟んだボリューム満点のハンバーガー!

ハンバーガー工房 gringrin(グリングリン) ベーコンエッグバーガー
画像:ARNE編集部

たっぷりの具材とふわふわなバンズの相性は抜群。思わず目を見開いてしまうほどのおいしさです!

『チーズバーガー』(530円)は、コクのあるチーズのおいしさが加わってクセになる味わい。

ハンバーガー工房 gringrin(グリングリン) チーズバーガー
画像:ARNE編集部

500円台でこのボリュームはかなりお得だと思います。

ハンバーガー工房 gringrin(グリングリン)
画像:ARNE編集部

テイクアウト専門のお店なので、ドライブ途中にぜひ立ち寄ってみてください!

<店舗情報>
■ハンバーガー工房 gringrin(グリングリン)
住所:糟屋郡篠栗町津波黒103-1

気になるお店はありましたか? 今回は福岡のバーガーショップをピックアップしてご紹介しました。

それぞれのお店独自のこだわりのハンバーガーをぜひ召し上がれ!(文/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗へご確認下さい。※文中価格は税込みです。

元記事で読む