1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 傷まない「ストッキング」の洗い方とは?臭いや伝線を予防する方法も

傷まない「ストッキング」の洗い方とは?臭いや伝線を予防する方法も

  • 2021.5.7
  • 1513 views

ストッキングって洗濯機で洗っている間に傷んだり、伝線したりしますよね。そこで今回はストッキングを傷めず、さらに臭いも汚れもスッキリ落とす洗い方をご紹介します。さらにコンパクトに収納できるたたみ方もお伝えしますよ。参考にして、ストッキングに関するお悩みを解決しましょう。

①手洗いする場合

ストッキングはとっても繊細。できれば手洗いで優しく洗ってあげると、傷んだり伝線しにくくグンと長持ちしますよ。洗い方は簡単4ステップ。
 

30℃程度のぬるま湯に、衣類用中性洗剤(おしゃれ着用の中性洗剤だと尚良し)をよく溶かして、ストッキングを浸します。ストッキングを複数まとめて洗ってしまうと、絡まったり、摩擦で傷みやすくなるので、1本ずつ洗うのがポイントです。
1~2回押し洗いをしていきます。汚れや臭いが気になる場合は、ぬるま湯を取り替えながら、3~5回押し洗いするのがおすすめです。
洗剤残りのないように、しっかりすすぎます。
タオルに包んで、ギュッと圧縮して脱水してください。

②洗濯機で洗う場合

毎日手洗いなんてしていられない!という方は、もちろん洗濯機で洗ってもOK。手順は簡単3ステップです。
 

網目の細かい洗濯ネットに、ストッキングを裏返して入れます。裏返してお肌に直接触れている方を表にして洗うと、臭い&皮脂汚れが落ちやすくなりますよ。またネットに入れる際は、絡まったり引っかかって伝染しないように、1つのネットにつきストッキングを1本だけ入れるようにしましょう。洗濯ネットは、100均でも買える「ランジェリー用」がおすすめです。
衣類用中性洗剤を入れ、ドライコースで洗う。
タオルに包んで、ギュッと圧縮して脱水する。洗濯機の脱水機能や乾燥機はあまり使用しないでください。

③ストッキングが傷まない干し方

干す時は、型崩れや伸びを防ぐために、必ずゴムの部分を上にして干してください。ピンチハンガーで筒状に吊り下げるのもお忘れなく!

干す場所は、日陰や風通しのいい室内を選ぶようにしましょう。ストッキングは紫外線に弱いので、直射日光が当たってしまうと、黄ばんだり色褪せてしまうので注意してください。

④スッキリ収納できるたたみ方

ストッキングってぐちゃぐちゃして収納に手こずりますよね。そんなストッキング、簡単にすっきり収納できる方法があるんです。手順は3ステップ。


縦半分に折って、両足を重ねる。
つま先からウエストのゴムへ向けてクルクルと丸める。
ウエストのゴムで全体を包み込み、形を整えればOK。


このようにたたむとキレイな長方形になり、ゴム部分でしっかり止まるので、崩れることなく見た目も美しく収納できます。細めのケースや空き箱などに入れると、他の衣類と混在せず取り出しやすく、コンパクトに並べて収納できますよ。

元記事で読む