1. トップ
  2. 恋愛
  3. 今さら言えない……男友達に恋心を伝える方法5選

今さら言えない……男友達に恋心を伝える方法5選

  • 2021.5.8
  • 883 views

とっても微妙な男女間の友情。そもそも男女の間に友情など成立しないという説もあり、確かにちょっとしたきっかけで友情が恋心に変わるケースが多いのは事実です。でも今まで友人として仲良くしてきたのに、告白なんてしにくいもの。
そこで今回は、友人である男性に上手く想いを伝える方法についてまとめてみました。

1.2人だけで遊ぼうと誘ってみる

急に告白するのは難しいので、まずは2人だけになることから始めてみましょう。いつもの遊びの延長という雰囲気で「みんなと一緒も楽しいけど、たまには2人だけで遊ばない?」と、あくまでも軽い調子で誘ってみるのです。これだけでも勘のいい彼なら気付いてくれるはず。
そして、遊びに行く場所はできるだけデートスポットと呼ばれるような場所を選びましょう。周囲のラブラブムードに押されて気持ちが盛り上がりやすく、うまくいけば気持ちを伝えるチャンスも巡ってきます。
もし「2人っきりはちょっと……」と断られたら、まだ気持ちを伝えるのは早すぎるということ。焦らず、チャンスを待つ方がいいでしょう。

2.共通の友人に協力を仰ぐ

いつも一緒に遊んでいるメンバーの中で、協力してくれそうな人を選んで想いを打ち明けてみましょう。1人で悩んでいるよりアイデアも浮かびやすいはず。みんなで遊ぶとき、さりげなく隣同士の席にしてくれるなど、なにかと力になってくれます。
協力者はできれば、意中の男性と仲の良い男の子がベスト。男同士じゃなければ分からない本音も聞けるし、探りも入れてもらいやすいでしょう。さりげなく彼に、あなたのことをアピールしてもらうこともできます。協力者を作ることで、あなたの恋も成就しやすくなるはず。

3.共通点を増やす

人間は、自分と共通点の多い相手に好意を持つ傾向があります。わざとらしくない程度に、彼と同じ趣味を始める、テイストの似た服を着るなど工夫し、親近感を高めましょう。ただ、あからさまだと彼に感づかれてしまうので注意してくださいね。
また一緒にいるときに、彼のしぐさをマネしてみるのも効果的。人間は「ミラーリング効果」といって、自分と同じ仕草をする相手のことは味方と認識する習性があるのです。同じタイミングで飲み物を置くなど、簡単な動作からマネしましょうね。

4.お酒の力を借りる

あまりにも友人としての関係が長すぎて、とてもじゃないけどシラフじゃ告白できない! という場合は、お酒の力を借りるのもひとつの方法です。また人間は夜中が近付くにつれて副交感神経の働きが活発になり、リラックスしやすくなると言われています。その効果を利用するなら、なるべく遅い時間に誘ったほうが良いでしょう。ただ飲みすぎには要注意。ほどほどのアルコールで、告白パワーをもらってくださいね。

5.一緒に食事をする

「ランチョンテクニック」というものがあります。人間は食事をしながら話をすると、食事をしていないときよりも、心が開放的になりやすく、無理なお願いも通りやすくなるのです。この心理を利用して「いつも美味しそうに食べるね。そういうところ好きだな」というように、さりげなく好意を伝えてみましょう。気持ちがほぐれているので、彼も素直に受け取ってくれる可能性が高くなります。
もし彼が照れてしまっても、冗談っぽい雰囲気で誤魔化せるので空気が悪くなることはありませんよ。

おわりに

せっかく仲良くできているのに、想いを伝えたばかりに関係がギクシャクしてしまったら悲しいですよね。男友達に気持ちを伝えるには、焦らず変化球を投げ続けることが大切です。いきなりストレートな告白は相手を驚かせてしまうので、少しずつ「好き」という気持ちを伝えましょう。上手に伝えることで、二人の関係を壊すこともないはず。焦らず、ゆっくり距離を縮めてくださいね。
(yummy!編集部)



元記事で読む