1. トップ
  2. 石の奥深さに迫る、三重県津市の三重県総合博物館で「やっぱり石が好き!三重の岩石鉱物」開催

石の奥深さに迫る、三重県津市の三重県総合博物館で「やっぱり石が好き!三重の岩石鉱物」開催

  • 2021.5.7
  • 588 views

三重県津市の三重県総合博物館で「第28回企画展 やっぱり石が好き!三重の岩石鉱物」が8月29日(日)まで開催している。観覧料は、一般800円、学生480円、高校生以下は無料。

【写真】水晶(紀北町産、高さ20ミリ)

球状花崗岩(津市美杉町産) 写真は主催者提供
球状花崗岩(津市美杉町産) 写真は主催者提供

三重県内にみられる石は、約3億年前の時の流れの中で繰り広げられてきたプレートの沈み込みやマグマの発生、火山の爆発、断層活動などの地質の変化によって形成されてきた。本展では、そんな地面の世界に注目し、三重県産の岩石や鉱物などを一堂に展示し、その魅力を紹介する。

展示は、三重県の地質について概観するプロローグと4つの章に分けられている。「第1章 形と色の多様性 ―三重県の鉱物―」では、世界で認められた約5700種の鉱物のうち、三重県で産出する約260種の鉱物を、「第2章 大地の成り立ちを探る ―三重県の岩石―」では、三重県の岩石の分布を種類ごとに紹介する。

【写真】水晶(紀北町産、高さ20ミリ) 写真は主催者提供
【写真】水晶(紀北町産、高さ20ミリ) 写真は主催者提供

石器などの道具や祭祀に用いられた石塔など、人々の暮らしを支えてきた石製品を紹介する「第3章 石とともに生きる」、最後の「第4章 石とわたしたち」では石炭や粘土など、生活の中における資源としての使用例の紹介と、一方で脅威となる災害への備えについて考える。

石の奥深さをとことん掘り下げる「第28回企画展 やっぱり石が好き!三重の岩石鉱物」に出かけよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】

屋内

【スタッフ対策】

手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客

【施設・会場内の対策】

窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置

【来館者へのお願い】

三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入館制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

元記事で読む
の記事をもっとみる