1. トップ
  2. ファッション
  3. やっぱり頼れるのは「黒ワンピース」印象が見違える着まわしのパターン

やっぱり頼れるのは「黒ワンピース」印象が見違える着まわしのパターン

  • 2021.5.7
  • 6709 views


「頼れる黒が導く6つの方向性」
黒を軸にこれからしたい理想の装いを考察。着たいスタイルや目新しさも、この1枚があればほどよいバランスの完成。

【画像一覧】頼れる黒ワンピの着まわし6選

1.「ゆるくてもスマート」
リラクシーなガウンをはおった長くてゆるいアイテムどうし。黒とのコントラストによって縦長な印象が高まり、スレンダーに好転。


ワンピになじむ黒ベースのドットをさして、さらなるメリハリを。
ワンピース(5月下旬発売予定)9,800円+税/uncrave シューズ 14,000円+税/ル タロン(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店) 共布ベルトつきガウン 18,000円+税/uncrave ドットパンツ 14,000円+税/マドモアゼル ロペ サングラス 36,000円+税/EYEVAN(アイヴァン PR)

2.「品よくカジュアル」
コットンブルゾンを相棒にした軽快なルック。ボーイズライクなアウターも、端正に装える黒とならラクときちんとを両立。


足元で品格を上乗せ。パンプス 30,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) ブルゾン 31,000円+税/LACOSTE(ラコステお客様センター) バッグ 14,000円+税/FILL THE BILL(4K) ソックス(3足組み) 2,500円+税/オーガニックスレッズ(シップス エニィ 渋谷店)

3.「重く見せずにALL黒」
露出度をおさえながらも肌感は生かせる、長そでのシアーカーデをプラス。質感の差が黒一色にニュアンスをつけ、重ねても軽やか。


白ブーツで、季節に見合った抜けを投入。
ブーツ(WEB限定)10,000円+税/UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 渋谷店) シアーロングカーディガン 12,500円+税/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) バッグ 110,000円+税/エバゴス(マドリガル 南堀江店)

4.「ニットを黒で軽く」
凜とした黒を頼りに、ざっくりニットをレイヤード。直線的なシルエットが気になるボリュームをそぎ、ぬくもりをすっきりと調整。


ノースリならニットから透けたときも見え方がキレイ。気だるいテンションに合わせたレザーのつっかけ風シューズで、手抜きに見せずにリラックス。
シューズ 14,000円+税/ル タロン(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店) ベージュニット 32,000円+税/COCUCA(ザ ストア バイシー 代官山店)

5.「カドのとれたモード感」
まじめぶれるハンサムなジレ。リネン×コットンのラフな素材のかけ合わせと締めつけのないシルエットで、カドのとれた仕上がりに。


ワンピのそで丈に合わせたジレならIラインがきわ立ち、スタイルアップももくろめる。くすんだ白を使ったモノトーンも、まろやかな見た目をアシスト。
ブーツ(WEB限定)10,000円+税/UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 渋谷店) 共布ベルトつきジレ 73,000円+税/ebure(ebure GINZA SIX店)

6.「浮かれすぎずに色と柄」
先の季節を想像させる、さわやかなストライプ。長い黒のインナーづかいで落ち着きが加わり、一見派手なアイテムを知的に誘導。


足元には辛口な黒を抜擢し、ルーズなフォルムを引き締め大人化。胸元からも少量の黒をのぞかせてまとまりよく。
パンプス 30,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) ストライプシャツ 15,000円+税/ZULU & ZEPHYR(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

※GISELeでは5月号(3/27発売)より、掲載商品の価格表示を消費税込の総額表示に変更しております。
変更以前に発売された号の内容に関しましては、税抜き価格での表記が残っている場合がございます。

元記事で読む