1. トップ
  2. 『科捜研の女 -劇場版-』佐々木蔵之介がシリーズ史上“最大最強の敵”に!沢口靖子演じるマリコと火花を散らす

『科捜研の女 -劇場版-』佐々木蔵之介がシリーズ史上“最大最強の敵”に!沢口靖子演じるマリコと火花を散らす

  • 2021.5.7
  • 206 views

放送開始から21年目を迎えた、沢口靖子を主演とするテレビ朝日の人気シリーズ「科捜研の女」。シリーズ初となる映画『科捜研の女 -劇場版-』(9月3日公開)に第2弾キャストとして佐々木蔵之介が出演することが明らかになった。

【写真を見る】鉄壁のアリバイを持つ孤高の天才科学者に扮した佐々木蔵之介の不穏な姿はこちら!

【写真を見る】鉄壁のアリバイを持つ孤高の天才科学者に扮した佐々木蔵之介の不穏な姿はこちら! [c] 2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会
【写真を見る】鉄壁のアリバイを持つ孤高の天才科学者に扮した佐々木蔵之介の不穏な姿はこちら! [c] 2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会

本シリーズは、京都府警科学捜査研究所(通称、科捜研)の法医研究員である榊マリコ(沢口)を中心に、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、それぞれの専門技術を武器に科学的な見地から事件の真相解明に挑む姿を描く人気科学ミステリー。劇場版では、科捜研チームが謎に満ちた世界同時多発不審死事件に挑む。

佐々木が演じるのは、先日解禁された特報映像のラストカットに後ろ姿のみで登場していた天才科学者の加賀野亘。人間の腸内にある“未知の細菌”を発見し世界的に脚光を集めるも、研究にのめりこむあまり突き進んでしまうマッドサイエンティスト的一面をあわせ持つ人物という役どころとなる。あわせて解禁されたビジュアルでは、加賀野が怪しいピンク色の液体が入った試験管を手にする不穏な姿が切り取られ、興味をひかれる。

自身初となる科学者に扮する佐々木は「『科捜研の女』シリーズは20年歩んできた歴史がありながらも、決してそれに甘えることはなく、お互いの信頼関係を築いて、自信を持って現場が進行していく力強さを感じました」とコメント。対する沢口は「撮影の合間は楽しくお話してくれる方ですが、お芝居にスイッチが入るとすごい迫力で気圧されそうでした」、そしてテレビ朝日ゼネラルプロデューサーの関拓也は「物腰の柔らかさを漂わせながらも、ゾクッとするような迫力で、シリーズ史上最強の敵を演じてくださいました」とそれぞれに佐々木の熱演を称賛している。

マリコら科捜研の精鋭たちは事件の真相にたどり着けるのか?そして、人々を震撼させる衝撃の最終実験とは?

シリーズ史上最難関となる科学者×科学者の戦いに期待しよう。

<キャスト・スタッフコメント>

●佐々木蔵之介(加賀野亘役)

「歴史ある作品の劇場版に参加させていただけるということをとても光栄に思っています。地元、京都に来られたというだけでうれしいですし、京都撮影所の皆さんの話している声からも“京都”が感じられて、居心地が良かったです。『科捜研の女』シリーズは20年歩んできた歴史がありながらも、決してそれに甘えることはなく、お互いの信頼関係を築いて、自信を持って現場が進行していく力強さを感じました。そんなチームに呼んでいただけてとてもうれしかったです。僕が演じる加賀野教授は、“未知の細菌”を熱心に研究しているのですが、のめり込むあまり周囲を気にせず突き進んでいるところがある、少しマッドサイエンティスト的な人物です。科学者役ということで、セリフ量も専門用語の物量も多く、なかなか大変でした(笑)。シリーズ史上最難関の事件、マリコと加賀野の正義を賭けた科学者同士の熱き戦いをお見逃しなく!」

●沢口靖子(榊マリコ役)

「舞台や映画で大活躍の実力派の佐々木さんのお名前を聞いた時は、小躍りしてしまうような喜びでした。撮影の合間は楽しくお話してくれる方ですが、お芝居にスイッチが入るとすごい迫力で気圧されそうでした。けれど私も負けないように心を強く持って撮影に臨みました。科学に向き合う者同士ではあるけど、見ている先が違う。そんな2人がぶつかる姿から、いままでお見せしていないマリコの姿をお届けできると思います。ぜひ劇場版の公開をお楽しみに」

●関拓也(テレビ朝日ゼネラルプロデューサー)

「世紀の発見となる“未知の細菌”を研究している天才科学者・加賀野。人類の未来のため実験に没頭する一方で、時に冷徹な一面も見せる、そんな彼の二面性を表すには、シリアスなキャラクターからコメディまで幅広く演じられてきた佐々木蔵之介さんしかいないと思い、オファーさせていただきました。物腰の柔らかさを漂わせながらも、ゾクッとするような迫力で、シリーズ史上最強の敵を演じてくださいました。マリコと加賀野の科学者バトルをぜひお楽しみください」

※榊の字は「木偏に神」が正しい表記

文/足立美由紀

元記事で読む