1. トップ
  2. グルメ
  3. ラテアートが3D! 華麗なデコレーションで魅せるケーキといただきます

ラテアートが3D! 華麗なデコレーションで魅せるケーキといただきます

  • 2015.6.23
  • 1591 views

仙台にある「Cafe MythiQue(カフェミティーク)」では、美しく繊細な味わいのケーキとワクワクするほど愛らしい3Dのラテアートを楽しむことができます。街の喧騒を離れ、ゆったりとした時を過ごしましょう。

開放的な空間でくつろぎのカフェタイム

JR仙台駅から徒歩7分。クリスロード商店街のアーケードを出てすぐ、東二番丁通沿いのビルに「カフェ ミティーク」はあります。レンガ調の階段を3階まで上がると、アンティークの鉄格子がはめられた黄色い小ぶりなドアが。少し重たいそのドアを開けると、大きな窓から陽光が差し込む明るい店内と、美しいケーキが並ぶショーケースが目に飛び込んできます。 仙台の人気パティスリーの姉妹店であるこちらでは、自慢のケーキを楽しみながら、ゆったりとした開放的な空間で思い思いの時間を過ごすことができます。コンクリート打ちっぱなしの壁に囲まれた広々とした店内には、北欧風のシンプルでモダンなソファー席もあれば、イギリスの優雅なティータイムを思わせる重厚なイスとテーブルの席もあり、その日の気分にあわせて選ぶことができます。それぞれの席の間はゆったり配置されているので、周りを気にせずにくつろげますよ。

ショーケースの前でケーキやドリンクをオーダーしたら、好みの席でのんびり待ちましょう。見晴らしのいい窓からは、東ニ番丁通の美しい並木を眺めることができます。

人気のディアボロケーキ

この日、注文したのはイートイン限定の「ディアボロケーキ」(600円)。大胆に飾られたチョコレートのふくろうと、白いお皿いっぱいに敷かれた真っ赤なラズベリーソースが目をひきます。ソースの真ん中に置かれたのは、なめらかなチョコレートでコーティングされたココナッツとホワイトチョコのムース。ムースの優しい甘さを引き立てるのが、中心に入った酸味の強いパッションフルーツのジュレです。それらを甘酸っぱいラズベリーソースに絡めていただけば、さまざまなフレーバーが調和した、繊細なおいしさが口の中に広がります。

さらに味のアクセントとなっているのが、ムースに練りこまれ、表面にもトッピングされた黒こしょう。甘さの中に見え隠れする辛みがくせになりそうな大人味に仕立てられています。

愛らしさに癒される3Dラテアート

おすすめのドリンクの一つが、「3Dカフェラテ」(600円)。イタリア製チンバリー社のエスプレッソマシーンで淹れたエスプレッソコーヒーに、フォームドミルクで立体的に形作られたウサギやクマが描かれます。最初に落とした泡の形でできあがりの動物を決めるそうなので、何が出てくるかはテーブルに届くまでのお楽しみ。

飲んでしまうのがもったいないほどの愛らしさですが、きめ細かいフォームドミルクのほのかな甘みとコクのあるエスプレッソのコンビネーションは、心をほっとさせてくれるやさしい味わいです。

おみやげにもぴったりの華やかなケーキ

テイクアウトのみの利用もできます。ショーケースに並ぶのは、16~20種類のケーキ。“目でみて楽しく、食べておいしく”をモットーに作られたケーキは、どれも目移りしてしまう華やかさです。なかには、ジュエリーのように美しいデコレーションのものや、スマイルマークをモチーフにしたお茶目なものも。手みやげにすれば、箱を開けたとたんに「わぁっ」と歓声があがるはずです。

ついつい長居してしまいそうな居心地のよさの「カフェ ミティーク」。夜8時まで営業しているので、会社帰りの夜カフェにもおすすめです。おいしくてかわいいケーキとドリンクで、のんびりとしたカフェタイムを楽しんでみませんか。