1. トップ
  2. 恋愛
  3. 彼が年下だからって、引け目を感じたらダメ…年下男子にモテる女性の振る舞いとは?

彼が年下だからって、引け目を感じたらダメ…年下男子にモテる女性の振る舞いとは?

  • 2021.5.6
  • 974 views

Twitterで「恋が叶うオンライン恋愛神社」と呼ばれ大人気! 恋愛コラムニスト兼マジシャン、浅田悠介さんの連載コラム

■恋を叶える魔法のフレーズとは?

魔法の恋愛術、その秘密をお教えします。

いつも彼氏がとぎれない、あの子に近づけるでしょう。彼から大事にされている、あの子のようにもなれるでしょう──ラブスペル(恋の呪文)を使えば。

貴女の恋を叶えるカギは「二人のときに何を話すか?」にあります。

私たちは会話によって、相手を知ったり、好きになったりするから。

むずかしい恋の理屈はおいといて。ひとまず英会話のように「フレーズから恋を学ぼう」というわけですね。心理学をベースにしているので超強力ですよ。

好きな人の前でラブスペルを唱えてみましょう。きっと彼の反応も変わるはず。

さあ、恋の魔法をかけてみない?

■年下彼を好きにさせるには?

◎シチュエーション: 年下の彼にアプローチされたとき

◎ターゲット : ちょっと気になる年下の男子

◎場所 : 出会いたての頃、雑談の場など

年下男子との恋愛はお好きでしょうか?

貴女が望んでいる場合もあるでしょうし、とくに望んでいない場合もあるでしょう。

しかし好むと好まざるとにかかわらず、年下男子からアプローチしてきたときには、どう対応すべきなのでしょう──悪い気はしませんよね。その正解を知っておいて損はないはず。というのも、ここに人間関係の極意が隠されているからです。

「あの、ぶっちゃけ年下ってアリですか?」

例えば、年下の彼が、こう顔を赤らめながら言い寄ってきたとしましょう。正直、すごく嬉しいですよね。

しかし意外かもしれません。実は、ここで最も悪手なのは「いえいえいえ、こちらこそ年上のこんな私でいいのかな?」と、手を左右にブンブン振りながら謙遜することなのです。

とたんに「ああ、この女性は年上であることに負い目を感じているな」と彼に悟られ、一気に、形勢が不利になってしまいます。たとえ関係が進んでも、下手に出る癖がついたままだと、振り回される恋愛になりがちです。

その代わりに、カウンター魔法をくりだすように、こんなラブスペルを唱えましょう。

「それは、あなた次第じゃない?」

というものです。

このラブスペルは「年上であることは優れたことだ。私たちの恋愛が成功するかは年下の貴方が私についてこれるかにかかっている」という価値観を匂わせています。

出会ってすぐのタイミングに、このラブスペルを唱えられているかが、それからの関係性を作ります。いざ使えるように、頭に叩きこんでおきたいラブスペルです。

■年上であることは素晴らしいこと

歳をとることは素晴らしいことのはずです。

もちろん、年下男子の若さに引け目を感じる気持ちもわかります。しかし貴女は、それ以上に、多くの経験や感情や知識を学んできたはずです。それを誇るだけですよ。

貴女自身が、それを理解することが、このラブスペルのテーマだと言えます。

■ラブスペルを唱えたあとは?

「それは、あなた次第じゃない?」

この瞬間、貴女のほうが、心理的ポジションは上になります。

それを逃さないようにしましょう。もし彼を攻略したいなら、さっとデートに誘ったり、お店を決めたり、話題を投げかけたりと「世話を焼いてあげる大人の女性」を演じましょう。

やっぱり大人には勝てないな、と思わせたらこちらのものですよ。

ラブスペルを使って、魔法のように、その恋を叶えていきましょうね。

--------------------------------

【恋を叶える魔法の一言】

ラブスペルNO.27

「それは、あなた次第じゃない?」

◎シチュエーション: 年下の彼にアプローチされたとき

◎ターゲット : ちょっと気になる年下の男子

◎場所 : 出会いたての頃、雑談の場など

◎ラブスペルの効果 : 年下彼との恋愛で優位な関係性を作れる

ライタープロフィール

浅田悠介

マジシャン&恋愛コラムニスト令和でいちばんの魔法使いをめざしている。得意ジャンルは、心理、恋愛、催眠、コミュニケーション系。女性情報メディアDRESSにて連載中の「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。2020年春に書籍&漫画化。SNSでは恋に役立つツイートをしていたつもりが、なぜか「恋が叶うオンライン恋愛神社」と呼ばれだして、DM欄が恋に悩める乙女たちの参拝メッセージによって24時間ナイアガラの滝のように流れている。この瞬間にも流れている。流れている。

元記事で読む