1. トップ
  2. おでかけ
  3. 世界が注目! あのルーヴルにも特別展示した「日本を代表するスター彫刻家」の幻想アート

世界が注目! あのルーヴルにも特別展示した「日本を代表するスター彫刻家」の幻想アート

  • 2021.5.7
  • 1002 views

4月12日、銀座エリア最大級の商業施設「GINZA SIX」の中央吹き抜け空間に、幻想的な新作インスタレーションが登場しました。作品を手がけたのは、彫刻家の名和晃平さんです。12日に行われたアートのお披露目イベントでは、作家本人が作品について語ってくれました。残念ながら4月25日から当分の間、「GINZA SIX」は一部店舗を除き臨時休業中ですが、まずは本記事でステキな作品の雰囲気をご覧になってみてください。

神秘的なアートが出現!

【女子的アートナビ】vol. 205

GINZA SIXの中央吹き抜け空間には、これまで草間彌生、ダニエル・ビュレン、塩田千春など世界で活躍する芸術家たちの感性を刺激するアート作品が展示されてきました。

この空間に4月12日から、彫刻家・名和晃平さんの最新インスタレーション《Metamorphosis Garden(変容の庭)》が出現。美しい白色の作品が一面に浮かび、とっても神秘的な世界が広がっています。

1975年生まれの名和さんは、京都を拠点に活動されている彫刻家です。京都市立芸術大学大学院博士課程を修了後、日本国内や欧米、中国などで多くの個展を開催。さらに2018年にはルーヴル美術館ピラミッド内に彫刻作品を特別展示し、大きな話題となりました。名和さんは現在、世界が注目しているスター彫刻家のひとりです。

名和さんが解説!

お披露目イベントでは、名和さんがご自身の作品について解説してくれました。

名和さん 今回のGINZA SIXでの作品は、以前、瀬戸内海の犬島で手がけたインスタレーション《Biota (Fauna/Flora》(2013)(※編集部注:上記写真)を発展させたものです。

すべての生物相(Biota)はひとつのところから生まれ、動物相(Fauna)や植物相(Flora)、さらに微生物なども関係しあって生命があり、人間もその一部。人間中心ではなく、細胞をもった存在が全部つながってひとつになっている、ということを表現しています。

“鹿”の正体は…?

名和さん 真ん中にいるのは鹿で、これは神鹿(しんろく)をイメージしています。神鹿とは日本の美術史で頻繁に登場している動物で、「神の遣い」として見立てられている存在。生命という神秘的な存在を見守っている象徴としての鹿です。

鹿の足元には島々が浮かんでいます。これらの島は、日本列島の原風景や、島国である日本の「国生み」の神話にも重ねています。この島々が渦を巻いていて、この渦は6つあり、島と地球の海流を表しています。

名和さん また、この作品は地球環境の問題とも関係しています。地球の温度が上がって北極や南極の氷が減り、熱膨張などで海面が上昇するらしく、数ミリの海面上昇でも生態系に影響を大きく与えてしまいます。このような大きな視点と小さな微細なところを同時に見るような感受性が今の時代に必要なので、こういう作品になりました。

また、鹿の周りにあるポールはEther(エーテル)というもので、渦の中心になっています。水がその重力にあらがいながら立ち上がろうとする、その垂直性の力が生命を象徴するエーテルというもので、細長く縦に伸びているので、植物のイメージにもつながっています。

ARとのコラボも登場!

名和さんのインスタレーション作品だけでもステキですが、5月上旬からAR(拡張現実)のパフォーマンスも展開される予定です。これは彫刻作品に専用のスマホアプリをかざすと見られる仕組みで、リアルな彫刻とバーチャルなパフォーマンスが変容していく世界を楽しめます。

このARパフォーマンスは、ベルギーの振付家でダンサーのダミアン・ジャレ氏と名和さんの共作。ARTとARのコラボでどんな世界が広がるのか、楽しみですね。

現在は緊急事態宣言の発令によりGINZA SIXは臨時休業中ですが、再開したらぜひ足を運んで、名和さんのアートをご覧になってみてください。作品は2022年4月30日まで展示予定です。

元記事で読む