1. トップ
  2. 恋愛
  3. 夫婦関係が険悪に。夫婦円満を取り戻した風水

夫婦関係が険悪に。夫婦円満を取り戻した風水

  • 2021.5.6
  • 6719 views

「あるときを境に人間関係がギクシャクし始めた」という経験は、誰にでもあると思います。このような状況に出くわしたときは、風水が影響している可能性が高いです。ここでは仲良しで有名だった夫婦が急に険悪になり、そして風水の対策によって円満に戻った話をご紹介します。

これはだいぶ前の話ですが、私のクライアントの女性から「田中さん、友人を助けてください! 友人は旦那さんから毎日毎日激しく叱責されて、拒食症になってしまったんです。激ヤセして……小さい子どももいるのに、このままだと彼女が死んでしまうかもしれない、お願いします」と、興奮気味な口調で相談の依頼を受けました。

■評判のおしどり夫婦が険悪な関係に

Shutterstock 1378264067 1
Photo/Shutterstock

そのご夫婦は、夫が開業医、妻のJさんは元モデルで専業主婦でした。いつも仲が良く、どこに行くにも一緒で、仲間内ではおしどり夫婦として有名だったそうです。

うららかな陽気の日曜日の昼下がり、私は依頼人と一緒に、東京・青山にあるJさん宅に伺いました。散歩がてらお邪魔して、お茶をしながら室内を見てすぐ帰る、という作戦だったのですが、これが大失敗。というのも、はじめのうちは和やかな雰囲気だったものの、依頼人の女性が私のことを「田中先生」と呼んだときに、夫の様子が一変しました。

Shutterstock 1834009873 1

「あなたは医者なのか?」と、厳しい表情で私に問いかけてきたのです。「医者ではありません」と答えると、「では何の先生なのか?」と聞かれ、正直に風水師であることを話しました。そして「なーんだ、風水師か」と。そこからは男同士、風水のこと、仕事のこと、家族のことなど会話が一気に弾みました。

しかし、そこまではよかったのですが、その楽しげな様子を見てホッとしたのか妻のJさんが、「あなた、田中先生に我が家の風水をちゃんとみてもらいましょうよ」と、言った途端、夫の機嫌が急に悪くなり、妻を叱責し始めたのです。

「風水なんかに頼るからお前はダメなんだ!」から始まり、子育ての方針、家族のことなど、私たちがその場にいられないほど、激しい口調でまくしたてます。結果、私と依頼人は帰ることとなりました。夫の叱責する姿を見た私は、「元来ねちっこく、怒りっぽい人なのだな」と、感じました。一方、妻は強く言われると委縮して、「ごめんなさい」と謝りながら、ただただ泣くタイプの人でした。

幸いにもJさん宅の間取りはわかりましたし、方位も測ることができたので、風水での改善準備は万全。さあここからが、私の風水師としての腕の見せ所です。

■夫婦の寝室に争いの星

170928 01dress

知らない人も多いかと思いますが、ひと口に「風水」といってもいろいろな法則が存在します。そのなかに、毎年、家の中で場所を移動して私たちに影響する「気」を読む「フライングスター風水」というものがあります。「フライングスター風水」を説明するとなると、一冊の本でも収まりきらないので、ここではほんの少しだけご説明します。

家の中で「8方位+中央」の9つの区画に、種類の異なるエネルギーが分布します。その種類には成功や勝利をもたらす幸運の影響、病をもたらす不運の影響などがあり、今回の事案は間違いなく、夫婦の寝室がケンカや口論をもたらす争いの星の影響を受けていました。寝室に「争いの星」の影響が移動したのは2月、依頼人によるとちょうど夫婦が険悪になった時期と一致しています。

この「争いの星」の影響は、「火」の力で抑えることができます。「火」の力を与える風水術として私が提案したことは、

・ベッドの頭側の壁面を赤く塗る
・ベッド横のランプを常時つけておきシェード(傘)を赤いものに替える
・赤色でサイズの大きいキャンドルを毎日つけておくこと

本当は、風水グッズをおすすめしたかったのですが、風水グッズに夫が気づいたら、また逆鱗に触れてしまうだろうと思い、この3つを提案しました。この中でできることをやってみてください、と。

Jさんは「ランプ程度なら風水だと気づかれないはず」とおっしゃってくれました。幸い、そのランプシェードはシェードだけ取り換えることができるタイプだったので、依頼人がJさんに赤いシェードをプレゼント。

するとまもなく、夫の叱責はおさまり、もとの穏やかな生活を取り戻したそうです。「え!? たったそれだけで変わるの?」と、驚く人もいると思いますが、これはもちろん実話に基づいた話です。世の中のトラブルの多くは風水が原因で、それは簡単に改善できるというお話でした。

ちなみに、2017年は争いの星は西にあるので、もし今夫婦関係が険悪で、寝室が家全体の西にあたる場所にあるとしたら同じ方法で対処できます。

元記事で読む