1. トップ
  2. 澄んだ樹の世界を。新潟県十日町市の星と森の詩美術館で「“樹”の木版画家 星襄一展」が開催中

澄んだ樹の世界を。新潟県十日町市の星と森の詩美術館で「“樹”の木版画家 星襄一展」が開催中

  • 2021.5.6
  • 1588 views

新潟県十日町市の星と森の詩美術館で「開館25周年“樹”の木版画家 星襄一展~より添う樹々~」を6月6日(日)まで開催中だ。

【写真】星襄一《 一本の木 》1971年 木版画

星襄一 《赤い野》1972年 木版画 写真は主催者提供
星襄一 《赤い野》1972年 木版画 写真は主催者提供

1996年秋に開館した星と森の詩美術館は、2021年で開館25周年を迎える。開館以来冬期休館あけの4月には、収蔵作家の中心の一人である木版画家・星襄一(ほしじょういち、1913年-1979年)の作品を展示している。

“樹”の木版画家と称される星は、自身の還暦直前、1971年から樹々をモチーフとする創作を始め、亡くなるまでの9年間に約160点もの作品を制作した。

冬の早朝、ピーンと張りつめたようなひんやりとした空気を感じさせる樹や、春の淡い空に舞い散る花びらを思い起こさせるやさしい樹、すべてを赤く染め尽くすような夕焼けの樹々、澄んだ星空を枝先にまとう樹々など、星が描く樹々は生命力に溢れている。本展では樹を描いた作品のみ45点を展示。見た人の心により添う樹がきっと見つかることだろう。

【写真】星襄一《 一本の木 》1971年 木版画 写真は主催者提供
【写真】星襄一《 一本の木 》1971年 木版画 写真は主催者提供

また、小展示室では「館蔵刀剣展 江戸時代の刀」を同時開催。町人文化が花開いた江戸時代、江戸や大阪などの大都市に現れた市井の刀工の作を含む刀剣12口を展示する。

素敵な“樹”の作品に出会える星と森の詩美術館の「開館25周年“樹”の木版画家 星襄一展~より添う樹々~」に出かけよう。

※入館料:一般500円、中・小学生200円、未就学児無料

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】

屋内

【スタッフ対策】

手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客

【施設・会場内の対策】

定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置

【来館者へのお願い】

三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒/マスク着用/混雑時の入場制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

元記事で読む