1. トップ
  2. ダイエット
  3. 引き締め×むくみ予防を両立。美脚のキホン【細いふくらはぎ】に導く簡単習慣

引き締め×むくみ予防を両立。美脚のキホン【細いふくらはぎ】に導く簡単習慣

  • 2021.5.6
  • 6894 views

ふくらはぎが“むくみやすい”と自覚していても、意外とケアを怠ってしまう方は少なくないはず。しかし放っておくと、セルライトや脂肪の原因になってしまうおそれもあります、だからこそ習慣に採り入れたいのが、美脚のキホンとなる“細いふくらはぎ”に導くヨガの簡単ポーズ【つま先立ちのイスのポーズ】です。

つま先立ちのイスのポーズ

かかとを高く上げ、つま先立ちになるポーズでふくらはぎを強化。血流を良くしてむくみを予防する他、体のバランスを取りながらキープするポーズなので、脚全体の引き締め効果も期待できます。

(1)脚を肩幅に開いて立つ

引き締め×むくみ予防を両立。美脚のキホン【細いふくらはぎ】に導く簡単習慣

(2)両ひざを軽く曲げる

引き締め×むくみ予防を両立。美脚のキホン【細いふくらはぎ】に導く簡単習慣

(3)息を吸いながら、両腕を肩の正面に伸ばす

引き締め×むくみ予防を両立。美脚のキホン【細いふくらはぎ】に導く簡単習慣

▲腕はできるだけ床と水平にします

(4)(3)の姿勢をキープしたまま息を吐き、かかとを上げてつま先立ちして3呼吸キープする

引き締め×むくみ予防を両立。美脚のキホン【細いふくらはぎ】に導く簡単習慣

息を吸いながらゆっくりとかかとを下げ、息を吐いて(1)の姿勢に戻って終了です。なお、期待する効果をきちんと得るためには「バランスの保ち方」がポイント。不安定な状態でポーズを取っていると、どうしても「腰を反ってしまう」、「肩が上がってしまう」など姿勢が崩れがちなので、できるだけ「お腹を引っ込めたまま、かつ肩と腕を床に水平のままをキープすること」を心がけましょう。なお、忙しい時は“1呼吸キープするだけ”でもOKです。ぜひ習慣化してみてくださいね。<ヨガ監修:KEI(インストラクター歴3年)>

元記事で読む