1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『恋はDeepに』第3話をおさらい! 綾野剛が演じ分ける“ツン”と“デレ”にも注目

『恋はDeepに』第3話をおさらい! 綾野剛が演じ分ける“ツン”と“デレ”にも注目

  • 2021.5.5
  • 586 views
渚海音(石原さとみ)&蓮田倫太郎(綾野剛) 『恋はDeepに』第3話 (C)日本テレビ width=
渚海音(石原さとみ)&蓮田倫太郎(綾野剛) 『恋はDeepに』第3話 (C)日本テレビ

とある“ヒミツ”を抱えた海洋学者の渚海音(石原さとみ)とツンデレ御曹司の蓮田倫太郎(綾野剛)が紡ぐDeepなラブストーリー『恋はDeepに』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の3話が4月28日(水)に放送された。光太郎(大谷亮平)の正体が徐々に明るみになる中で、新たな人物の登場も見逃せない。(文=Nana Numoto) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意ください

■鴨居と光太郎の関係が明らかに

海音の願いに反し、リゾート建設の話は進んでしまう。契約は光太郎が取り付けたものだったが、事実を知らない海音は倫太郎が「わかった」と言ったにもかかわらず自分を裏切ったと勘違いしていた。だが蓮田トラストが建設用地の一部の土地の権利を未だ手に入れてないことが発覚。倫太郎は光太郎からのプレッシャーもあり、山を買い取るために持ち主と交渉しなければならなかった。海を守るためには山を切り崩すべきでないと考える海音は、またもや倫太郎の説得を試みる。

今回明らかになったのは、研究室室長の鴨居正(橋本じゅん)と光太郎の関係だ。2年前に星ヶ浜の水質調査を請け負った鴨居は、光太郎から金をもらい蓮田トラストにとって都合の良い検査結果を出していたのだ。更に驚くことに、光太郎が海音を開発チームに呼んだ理由は倫太郎を排除したいからだった。だがこれ以外にも、まだまだ “秘密”は散りばめられている。倫太郎の過去や海音の正体はもちろんのこと、榮太郎(渡邊圭祐)が鴨居研究室に入り込んだ理由も気になるところだ。

■倫太郎の必死な姿がSNSで話題に

第3話では倫太郎の子供時代のトラウマがフラッシュバックするシーンも。サッカーボールを追って海に近寄る海音に母親の姿を重ねた倫太郎は、思わず腕を掴んで引き留める。また会社で飼っているカメの亀田くんが失踪した際には、姿が見えなくなった海音と母親を混同し、大きな声で名前を叫んだ。普段は無骨でクールな倫太郎が、不意に大切な母親の存在と海音を重ねる様子にキュンとした視聴者も多かったことだろう。SNSには「這いつくばって亀田くんを探す倫太郎の背中が愛しい」、「突然の『海音』呼びからの倫太郎のデレ感がやばし!」の声も上がる。

毎週、密着度の高い胸キュンシーンが作品を彩る『恋はDeepに』は、第3話でもトキメキが多数。倫太郎と海音が焼き芋を頬張る場面や、寒がる海音にさらりとコートをかける姿など、後半に詰まった怒涛のシーンに視聴者からは悶絶の声が。SNS上では「可愛い石原さとみとツンデレ綾野剛を楽しめる貴重な作品」、「倫太郎と海音が一緒に焼き芋食べるの、可愛いいが過ぎないか?」など二人の関係にドキドキしているという声が集まった。海音を疎んじているように見せて、実は誰より気にかけ、真摯に向き合う倫太郎の姿はまさに“ツンデレ”そのもの。綾野が繊細に演じ分けるツンとデレに、視聴者までもが翻弄されてしまうだろう。

思いがけない恋のライバル出現を感じさせるラストで終わった『恋はDeepに』第3話。倫太郎に抱きついた女性の正体はいったい誰なのか。また、恋に発展しそうな予感を見せる榮太郎と宮前藍花(今田美桜)の関係にも注目だ。美しい映像と波や水の音が印象的な本作は、水曜日の疲れをさらりと流してくれるキュンと癒しに溢れた作品だ。

元記事で読む