1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【前編】干支別で診断!男性が「本当に大好きな相手」だけにするアプローチ

【前編】干支別で診断!男性が「本当に大好きな相手」だけにするアプローチ

  • 2021.5.5
  • 5175 views

男性の中で、「ちょっと気になる」のと、「本気で付き合いたい」のとでは、やっぱりアプローチの仕方も違ってきます。

あなたの気になる彼も、それはきっと同じはず。

今回は、男性の干支から、「本当に大好きな相手だけするアプローチ」はどんなものなのかを占いました。

まずは前編として、子(ねずみ)年~巳(へび)年までのご紹介です。

子(ねずみ)年生まれ

子(ねずみ)年生まれの男性には、普段から身近な人の世話を焼きたがる傾向があります。

本気で落としたい女性相手になると、そのマメさに最上級の磨きがかかるようです。

なんなとなしに「ほしいな~」といったものはできるだけ買う、「見に行きたいな~」と言えば、入手困難なチケットでもなんとかして手に入れるなど、とにかく尽くしに尽くしてくれるでしょう。

それもすべて、「本命相手」だからできることなのです。

丑(うし)年生まれ

丑(うし)年生まれの男性は、目標を決めたら、達成するようじっくり計画を練るタイプ。

本気で落とそうと決めたら、その女性の好みをとことん調べ上げ、そして自分の好みと照らし合わせることもあるようですね。

たとえば共通の好みの料理があったら、その専門店に誘ってくるでしょう。

寅(とら)年生まれ

ロマンティックなアプローチが好きな、寅(とら)年生まれの男性。

本気で落としたいと思ったら、甘いシチュエーションを用意することもあるようです。

何とかして「二人だけの時間」を作ろうとするでしょう。

卯(うさぎ)年生まれ

卯(うさぎ)年生まれの男性は、ほかの干支の男性と比べてフットワークが軽いようです。

そのため、「〇曜日、空いてる?」「一緒に見に行こう」と気軽な感じで、具体的な答えを迫るアプローチをしてくるでしょう。

誘い方の軽さとは裏腹に、「本気で落としたい」という気持ちがマックスに高まったときでないと行動には移さないところもあります。

それだけ、「本気」なのだと思っていいでしょう。

辰(たつ)年生まれ

辰(たつ)年生まれの男性には、駆け引きの末のアプローチが苦手なところがあります。

直球ではマズイかなと思って、ムード作りなどをしてみるもののうまくいかない……なんてことも多いようですね。

それをわかっているため、告白するときは大半がストレート。

「本気で好きになった。付き合ってくれませんか?」など、まっずぐな思いをぶつけてくれるでしょう。

巳(へび)年生まれ

尽くすタイプの巳(へび)年生まれの男性。

本気で落としたい女性に対しては、絶対的なアニバーサリーである誕生日を狙うことが多いようです。

お金も労力も最大限使って、とにかく献身的なアプローチをしてくれるでしょう。

本気のアプローチを見逃さないで!

男性からすると、「本気で落としたい!」という決死のアプローチでも、場合によっては非常にわかりづらく、「え、そうだったの……?」と感じられるものかもしれません。

この記事を参考に、気になる男性の本心をしっかりと見極めましょう。

良かったらぜひ、後ほど公開の【後編】もご覧くださいね。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

元記事で読む