1. トップ
  2. 菅野美穂、“世界で一番不幸”と感じた出来事を告白 「涙目になりながら...」

菅野美穂、“世界で一番不幸”と感じた出来事を告白 「涙目になりながら...」

  • 2021.5.5
  • 187 views
映画『明日の食卓』完成報告会に出席した高畑充希、菅野美穂、尾野真千子 クランクイン! width=
映画『明日の食卓』完成報告会に出席した高畑充希、菅野美穂、尾野真千子 クランクイン!

女優の菅野美穂、高畑充希、尾野真千子が5日、都内で行われた映画『明日の食卓』完成報告会に、子役の柴崎楓雅、外川燎、阿久津慶人と瀬々敬久監督とともに出席。菅野が家庭で起きた“世界で一番不幸”なハプニングを明かした。

【写真】映画『明日の食卓』完成報告会に出席した菅野美穂、高畑充希、尾野真千子ら

椰月美智子による同名小説を映画化する本作は、同じ「石橋ユウ」という名前の男の子を育てる3人の母親たちを通して、どこにでもある家庭の光と闇を描くドラマ。フリーライターで2人の息子を育てる石橋留美子を菅野が、シングルマザーで大阪に暮らす石橋加奈を高畑が、年下の夫と優等生の息子に囲まれ、一見何不自由なく幸せを手に入れている石橋あすみを尾野が演じる。

本作で10年ぶりの映画主演となる菅野は「10年ぶりと言っていただくともうそんなに経ってしまったんだという気がするんですが、その間に私も子どもが産まれて、今回この母親の役をいただきまして。これはもう『世の中のお母さんみんなが自分を重ねてしまう役だな』と感じました」とコメント。

続けて「コロナ禍が始まる前にお話をいただいていたので、『もしかしたら映画がなくなっちゃうんじゃないか』とも思いました。緊急事態宣言があったりして、自分も、それまでなかった子どもと向き合う時間があっての撮影だったので、運命的なタイミングでの出会いだったなと思います」と撮影時の心境を振り返った。

また高畑は「私は子どもがいないので、全部が手探りだったのですごく難しくて。阿久津くんとどうやってしゃべろうかなと、不安に思いながら現場に入った記憶があります」と回顧。さらに「辛いことばっか起こるから嫌になっちゃいました(笑)。親子で楽しい時間を過ごせるシーンも、たまにご褒美のようにあったので、そこを楽しみに耐えて働いて、耐えて走ってというのを繰り返していたような感じがしています」と撮影の苦労を明かした。

尾野は自身の役柄について「問題を抱えている量が多いなって。いろいろ背負わされるのはやっていて辛かったですけど、本当の現実のお母さんはもっと辛いんだろうなと自分に言い聞かせてやっていました」と告白。その一方で、「まだ経験したことないことばかりというか、子どもを持つというのもまだですし、人生の予行練習だと思って、楽しんでやっていました」とも語った。

イベントでは、菅野が日常の子育てでの苦労を明かす一幕も。「一昨日、洗い物をしていたらダイニングテーブルの上がボンドで真っ白になってて『なんでこのちょっとした隙間にこんなひどいことになるの~!』みたいな。涙目になりながらウェットティッシュを水で浸して綺麗に拭き取って、爪で溝に入ったのとか取る感じ。『手の届くところに置いた私が悪い』という気持ちと『私今世界で一番不幸』っていう気持ちと、その両方ですね(笑)」と苦笑した。

映画『明日の食卓』は5月28日より全国公開。

元記事で読む