1. トップ
  2. ファッション
  3. 残糸・残布をアップサイクルする「RYE TENDER」が伊勢丹新宿店でPOPUP開催

残糸・残布をアップサイクルする「RYE TENDER」が伊勢丹新宿店でPOPUP開催

  • 2021.5.5
  • 413 views

5月12日(水)〜18日(火)の7日間、伊勢丹新宿店メンズ館1階のデコールポップアップ内にて、廃棄予定にある残糸・残布などの“余り原料”をアップサイクルするプロジェクト「RYE TENDER(ライテンダー)」のポップアップストアが開催される。

手に取り色味・素材・サイズ感を試せる

百貨店では初の開催となる「RYE TENDER」のポップアップストア。「RYE TENDER」のアイテムは、通常はオンラインサイトのみで販売しているため、実際に手に取り、色味や素材、サイズ感を試せる貴重な機会となっている。

最高級クオリティのイタリア紡績シルク使用

同ポップアップでは、現在展開中の春夏コレクションのアイテムに加え、通常では残糸として余ることが少ない、最高級クオリティのイタリア紡績シルクを使用したウィメンズの「レキシントンタンク」18,000円(税込)や、

「マディソンセーター」23,000円(税込)、

上質な綿を使用したユニセックスの「センターティー」7,000円(税込)や、

「クロスビーニットポロ」12,000円(税込)など、盛夏に向けた新作がラインアップ。そのほか、現在欠品中の春夏コレクションの一部アイテムの再販も予定されている。

なお、三越伊勢丹オンラインでも販売予定なので、そちらもチェックしてみて!

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

元記事で読む