1. トップ
  2. ファッション
  3. 【見本27選】大人のためのアロハシャツコーデ術~大人リッチな海外スナップから~

【見本27選】大人のためのアロハシャツコーデ術~大人リッチな海外スナップから~

  • 2021.5.4
  • 1337 views

【目次】

  • 「ボトムス」は、パンツ・スキニー・スカート?
  • 「靴」を変えてテイストを変える
  • 「インナー」としても活用できるアロハシャツ

「ボトムス」は、パンツ・スキニー・スカート?

アロハシャツは存在感のあるアイテムなので、着こなしが一辺倒になりがちですよね。しかし、カジュアルからきれいめまで、意外にも様々なボトムスとマッチするのです。着こなし幅が広がるコーディネート例をピックアップ。

「デニムパンツ」を楽々ブラッシュアップ

いつものデニムパンツも、トロピカルで鮮やかなアロハシャツを合わせればポジテイブオーラ溢れる着こなしに。カジュアルになりすぎないよう、スタイリッシュなメタリックシルバーのローファーで都会的なエッセンスを加えて。

「トラックパンツ」でアクティブに仕上げる

ライラックをベースにした淡いトーンのアロハシャツに、黒のハーフトラックパンツを合わせアクティブな着こなしへ。スニーカーでムードを盛り上げつつ、こちらも手元にメタリックシルバーのアイテムを迎えることでシティに馴染むよう整えています。

「白ワイドパンツ」でリラックス

タイダイプリントのアロハシャツは、淡いカラーに馴染む白のボトムスがしっくり。身幅のあるシャツとゆったりシルエットのパンツなので、レイドバックな雰囲気を醸せます。足元の小さな黒で引き締めるとgoodバランス。

「黒のツヤパンツ」できれいめに誘導

黒をベースにしたアロハシャツには、同色のスラックスを合わせきれいめに。ツヤ素材なので、黒ならではの美しさが光り、マチュアな魅力が引き立ちます。小物もコンパクトな黒をセレクトすると、シックな出で立ちに。

「ベージュクロップドパンツ」できちんと見せ

ネイビーのアロハシャツに、ベージュのパンツを合わせれば上品な配色になり、大人らしくきまります。パンツはきれいめなクロップドパンツを選びつつ、シャツの裾をインすることでぴしっと。キャメルのベルトでウエストマークするとメリハリがアップ。

「カラーパンツ」で映える装いを作る

モダンな線画プリントがキャッチーなイエローのアロハシャツに、くすみオレンジのパンツを合わせぱっと目を引く着こなしへ。シャツの模様とパンツの色をリンクさせているので、ごちゃついて見える心配もありません。小物は軽快な白をセレクトするのが吉。

「黒ワイドパンツ」でリラックスと大人らしさを両立

ポップな配色のアロハシャツは、普遍的な黒ワイドパンツで受け止めるのが正解。黒で大人らしさを醸しつつ、ワイドシルエットでアロハシャツに似合うリラックス感を演出しています。足元に真っ白なスニーカーを合わせ、切れよくフィニッシュ。

「白ショートパンツ」でヘルシーにまとめて

淡いピンクのアロハシャツに、白のデニムショートパンツを合わせヘルシーな肌見せを堪能。シャツの裾を結んだり、肌馴染みの良い色のビーチサンダルをセレクトすることで脚長に見えます。

「イージーショートパンツ」でスポーツミックスに

アロハシャツの気負いなさを頼りに、リラックス感の高いイージーショートパンツやキャップを合わせスポーツミックスな見た目へ。サテンやレザーを使ったり黒を基調としているので、大人らしさは損いません。

「カーキスカート」でほんのり辛口に

ヴィンテージライクな深緑のアロハシャツに、カーキのスカートを合わせ辛口な配色へ。アンティークのようなダークブラウンの小物をかけ合わせれば、レトロチックなフェミニンコーディネートが完成です。

「黒プリーツスカート」で品よく優雅に

ゆったりシルエットの白アロハシャツは、黒のプリーツスカートで色のコントラストを作りつつ女性らしさを演出。上半身がカラフルなので、ボトムアイテムの色はミニマルに抑えると良バランスです。

「ベージュスカート」でナチュラルに導いて

ご機嫌な表情のイエローアロハシャツは、ニュートラルなベージュスカートでナチュラルに導くと主張が強くなりすぎず、上品にきまります。繊細な白のレースアップサンダルをあしらい、足元を華奢に見せることに成功。

「ワンピース」でレディな出で立ちへ

ドロップショルダーのラフなアロハシャツも、すとんと縦に落ちるスマートなサテンワンピースを合わせることでレディにきまります。グリーン系でまとめているので、小物もカーキやベージュなどアースカラーをセレクトし、一体感をオン。

「靴」を変えてテイストを変える

次に、着こなしの印象を変える「靴」合わせをご紹介します。スニーカーでカジュアルに着こなしたり、パンプスできれいめに導いたり…。なりたいイメージに合わせ、足元のアイテムを変えてみてくださいね。

「スニーカー」で気負いないムードを醸す

モダン柄のアロハシャツは、あえてビッグサイズを選んでピタッとしたサイクルパンツとのメリハリを付けて。カジュアルなスニーカー合わせで統一感を作りながらも、切れの良い白ならスタイリッシュさも欲張れます。ゴールドアクセサリーを散らし、ラフになりすぎるのを防止。

「ヒールサンダル」で装いをクラスアップ

黒のアロハシャツと白デニムパンツというカジュアルな組み合わせですが、足元にヒールサンダルを持ってくることで着こなしのクラスアップができます。アクセサリーはひんやりクールなシルバーをセレクトし、かっこいい女性像を体現。

「フラットサンダル」で動きやすさを重視

リラックスなアロハシャツにもしっくりくるシューズといえば、やっぱり楽ちんなフラットサンダル。動きやすさをしっかり備えながらも、シャツ以外黒で統一することでラフになりすぎず、大人にとって好都合です。

「レースアップサンダル」で都会派レディに

トロピカルムード満載な白のアロハシャツは、黒のテーパードフレアパンツを合わせシティに馴染む着こなしへ。黒のレースアップサンダルを添えれば、モダンな足元になり都会派レディな出で立ちが完成します。

「トングサンダル」でさりげないお洒落を楽しむ

気持ちも高まりそうなフレッシュなライトグリーンのアロハシャツに、白パンツを合わせとことん爽やかに。パンツと同色のトングサンダルで、さりげないお洒落心を加えています。黒のウエストバッグで明るい色をきゅっと引き締めると好バランスです。

「黒パンプス」のクラシカルさを頼りにきちんと見せる

アロハシャツとゆったりハーフパンツというストレスフリーな着こなしですが、きれいめの王道アイテムである黒パンプスを合わせることで背筋をしゃんと整えて。カジュアルときれいめを融合させ、今どきなテイストミックススタイルを作っています。

「ポインテッドトゥパンプス」でシャープにきめる

柄が目を引く長袖アロハシャツに、黒スラックスを合わせ大人らしく。そこに白のポインテッドトゥパンプスを加えれば、シャープな雰囲気と軽快さを同時に叶えることができます。

「ビジューパンプス」で華やぎを乗せて

カーキのアロハシャツと、マスタードイエローのパンツを合わせたモダンな配色コーディネート。そこにビジューストラップの黒サテンパンプスを加えれば、渋い配色に華やぎが加わり絵になるスタイルに着地します。

「ブーツ」で格好よく着こなす

リゾートな印象が強いアロハシャツも、スタイリッシュなグレーパンツと黒ブーツを合わせればこんなに都会顔。ブルーとモノトーンを組み合わせ、とことん格好よくまとめています。

「インナー」としても活用できるアロハシャツ

最後に、アロハシャツを「インナー」として活用した着こなし例をご紹介します。主役級の存在感があるアイテムなので、インナーとして取り入れることでしっかり奥行きがある着こなしに整います。

タフなレザーを親しみやすく

ジャケットとスカートをレザー素材で統一したタフな着こなしも、リゾートライクなアロハシャツをインナーとして迎えることで親近感を演出。異なるテイストなので、全体の色味を統一するとすっきりまとまります。

スーツスタイルの振り幅を広げる

スーツ、シャツ、きれいめ小物… 王道のビジネスルックも、シャツをアロハシャツに置き換えるだけでこんなにチャーミングな着こなしに。くすみグリーンやベージュといったニュアンスカラーでまとめ、今のムードに寄せています。

ベージュ×ブラウンを地味にさせない

ベージュのトレンチコートとブラウンパンツといったニュートラルカラーコーディネートも、オレンジやイエローが華やかなフルーツ柄のアロハシャツを合わせれば、単調にならずぱっと映える着こなしになります。シャツの色を拾って、小物も白をセレクトするのが良バランス。

レイヤードを使って奥行きのある着こなしへ

ピンクのコートにベージュのジャケット、そしてベージュのアロハシャツを取り入れたレイヤードコーディネート。アロハシャツのように柄を取り入れることで、より奥行きを感じる着こなしに。上半身が複雑なので、ボトムスはシンプルカジュアルなデニムを選ぶのが正解です。

アロハシャツで程よくドレスダウン

まるで伊達男のようにスタイリッシュにきまるぱきっとした白のスーツは、気負いないムードのアロハシャツを迎えることで程よくドレスダウン。さらっとシンプルにまとめ、大人の余裕感を醸して。

元記事で読む