1. トップ
  2. 恋愛
  3. なぜ私が苦しまないといけないの……不倫された妻の末路

なぜ私が苦しまないといけないの……不倫された妻の末路

  • 2021.5.4
  • 12359 views

不倫する側は純愛のつもりかもしれませんが、不倫された側は夫への不信感やショックなど、つらい思いでいっぱい。「なぜ私が苦しまないといけないの?」とつらい思いをする妻たち。不倫された妻はその後、どうなってしまうのでしょうか? サレ妻の末路を追いました。

不倫は純愛か?

配偶者やパートナーに浮気や不倫をされたり、したりする話はドラマや映画の中ではよくある話。しかしそれが当事者のこととなると、感じ方は異なります。不倫をしている当の本人は純愛気分で楽しんでいるのかもしれません。
しかし不倫をされた側は傷つき、苦しむことばかり。今回は夫に不倫された妻たちのその後について、紹介します。

里帰り中に同僚と不倫してた

「夜中に授乳しているときのこと、テーブルの上に無防備に置いている夫のケータイを何気なく見たんです。するとまさに私が座っていたリビングのソファで、知らない女性と裸で横たわっている夫の写真を発見。私が里帰り出産をしているときの写真と判明。頭に一気に血が上って、夫を叩き起こして質問攻め。あっさり職場の同僚との不倫を認めました。
その後は不倫相手と3人で集まって修羅場に。既婚者で妻の里帰り出産中の不倫だとわかっていた上で、関係を持ったと不倫相手の女性は認めました。不倫相手へ慰謝料請求も考えました。
しかし夫が“あくまで不倫相手とは遊びの関係”とその場で打ち明けたため、許すことに。浮気相手はその後、転職。会わないことを約束し、離婚は回避しました。最初はショックでいっぱいでしたが、怒り狂う毎日にも疲れ、時間の経過とともに夫とやり直すことを決めました。
今となっては笑い話ですが、当時は辛かったです。今の夫とだから、不倫問題も乗り越えられたのかなと思います」( 34歳女性・営業)

離婚したら、夫が再婚してた

「子どもを2人授かりましたが、夫との関係は次第に悪くなりました。夫が帰宅しない日々が続き、職場の後輩と不倫関係になっていることがわかりました。親権を争って、離婚の裁判まで発展。憎くて仕方がない夫と無事離婚。
その後、夫が不倫相手と再婚し、2人の子どもを産んだと人づてに聞きました。私とはうまくいかなかったけど、不倫相手とは順調に結婚生活を続けているようで、複雑な気持ち。一緒にいるうちに、どこで歯車が狂ったのか、今考えてもわかりません」( 33歳女性・IT)

不倫した夫と別居中です

「毎週水曜日に決まって帰りが遅い夫が、仕事の取引先の若い女性と不倫していることがわかりました。まったく気づかなかったのですが、なんと4年にも渡って交際していたそう。夫は“ただの遊びだ”と言い張るのですが、4年はあまりにも長すぎますよね。
夫の強い要望で、結果的に夫とは離婚しないと約束しました。でも夫の顔を見るのが嫌で、今は子どもを連れて実家に帰ってきています。気持ちが落ち着くまでの冷却期間は別居するつもりですが、いつまた戻るべきかは悩んでいます。本当に不倫相手と夫が別れることができたのかも、疑わしいですよね」( 31歳女性・医療)

不倫された妻は悲しんでいるだけではない

夫に不倫された妻たちは、その事実にショックを受けているだけでなく、自分の道を歩んでいます。夫との信頼関係を再構築して、仲良く結婚生活を続けている人もいる一方で、別れて新たな道に進んでいる人もいます。力強く歩む妻たちに学ぶことや、励まされることは多いですね。
(番長みるく/ライター)



元記事で読む