1. トップ
  2. ファッション
  3. 飯豊まりえが新鮮に着こなす、辛口モードな「白」の装い

飯豊まりえが新鮮に着こなす、辛口モードな「白」の装い

  • 2021.5.3
  • 2792 views

飯豊まりえ×無垢でクリーンな「白」のレイヤード

何にも染まらない。だからこそ、どんな気分にもテイストにも仕上げられるのが白。あどけなさも芯の強さもあわせ持ち、しなやかなのに流されない、まさに飯豊まりえのような色。パリッとドライな素材でニュアンスと立体感を表現するレイヤードで、白を辛口モードに着こなしたい。

1|マニッシュ&クリスプな素材感を重ねて、凜と着る白

ゆとりあるスタンドカラーが顔周りを印象的に引き立てるほんのりモードなシャツと、ジョッパーズ風パンツ。パリッとした素材感と立体的なフォルムを共通項にした、クリスプな白の組み合わせ。そこに、マニッシュで形のきれいなジャケットを肩掛けして、ミルキーなトーンをプラス。白のシンプルなアイテムだけでつくるコーディネートに、豊かな表情と奥行きが備わる。

ジャケット¥38,000(アルアバイル) シャツ¥28,000(キャバン 代官山店〈キャバン〉) パンツ¥27,000(ENFÖLD)

2|軽やかでドライな白の躍動感が、フレッシュさを引き寄せる

風をはらんでさらりと揺れる、コットンリネン素材のフーデッドコート。シルバーファスナーがクールに輝くタフタ生地のノーカラーコートと、カットソー素材のドレスを中に仕込んで。表情の異なるドライなテクスチャーをロング丈で統一した、簡単かつ新鮮なレイヤード。春の白は、こんなに多彩で軽やかに楽しめる!

フード付きコート¥40,000(イウエン マトフ 横浜店〈イウエン マトフ〉) 中に着たコート¥59,000(ebure GINZA SIX店〈ebure〉) ワンピース¥26,000(グラフペーパー) 靴¥14,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

3|とがった着こなしを大人仕様に純化し洗練させる、白の力

白×黒のロゴTシャツにシアーなニットドレスを重ねた、新しい透け感レイヤードの楽しみ方。カジュアルなロゴTシャツが、一枚薄膜をかけることでモードな存在へと進化する。サイドオープンの遊び心の利いたデザインのドレスも、クリーンな白なら攻めすぎに見えず、さらっとクリーンな雰囲気で着られる。白のイージーパンツを合わせて、高感度な大人のためのリラックススタイルが完成。

Tシャツ¥6,800(エイチ ビューティ&ユース〈ルベーシック〉) ワンピース¥25,000(アーリ) パンツ¥10,909(ノーク〈ノーク〉)

4|すべてを映し出し浄化する白を味方に、無垢な大人でありたい

ラフな風合いのプレーンなシャツに、タートルネックのカットソーとサスペンダー付きパンツ。ボーイッシュでどこかクラシカルな組み合わせが、白で統一することでハッとするほどモダンな印象に。媚びない着こなしににじむ、女性らしさと清浄さ。気負わず潔く、オールホワイトを着こなすセンスと心意気。白のレイヤードは、きっと自分自身の可能性を広げてくれる。

シャツ¥16,000(ブランドニュース〈サンセ サンセ〉) 中に着たカットソー¥10,000(スローン) パンツ[サスペンダー付き]¥33,000(ナゴンスタンス) 靴¥36,000(アマン〈アンスクリア〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2021年Oggi5月号「We are Oggi Models♡」より
撮影/長山一樹(S-14) スタイリスト/高木千智 ヘア/西村浩一(VOW-VOW) メイク/ANNA(S-14) モデル/飯豊まりえ(Oggi専属) 構成/須藤由美
再構成/Oggi.jp編集部

元記事で読む