1. トップ
  2. レシピ
  3. 【続けられないと意味がない】サステナブルなエコライフ、続けるコツは?ハワイ在住カメラマンに聞いた

【続けられないと意味がない】サステナブルなエコライフ、続けるコツは?ハワイ在住カメラマンに聞いた

  • 2021.5.3
  • 2665 views

「サステナブル」なライフスタイルとは?

「サステナブル」という言葉をここ数年で耳にする機会が増えました。直訳すると「持続可能な」という意味で、温暖化や大雨による災害など、地球が抱える環境問題を解決するために生まれた言葉です。資源の無駄使いを減らし、地球の豊かな環境を持続させて行くのが目標です。

CO2の排出削減や、リサイクルの推奨など世界全体で取り組んでいる活動の他にも、食品ロスを減らす、エコバッグやマイカップを使うなど個人レベルでできる活動など、色々な活動がこの「サステナブル」の中に含まれます。

現在では少しトレンドのようにも扱われている「サステナブル」ですが、そもそもは地球環境を護るために継続していくのが本来の目的です。一時的な流行となってしまっては本末転倒です。つまり継続できることが大切。ストレスフリーにサステナブルなライフスタイルを実践しているハワイ在住のカメラマンAyaさんにお話を伺いました。

Photo by Aya
ハンドメイドクラフト(マクラメ編み、ビーチで集めた貝殻で作ったフレーム)でデコレーションしたリビング

サステナブルライフに移行しようと思ったきっかけは?

たまたま手に取って読んだ『Skinny Bitch』という本をきっかけに、お肉をできるだけやめて魚・野菜を中心の食生活に変えました(※)。ガチガチの「ベジタリアン」「ヴィーガン」ではなく「フレキタリアン」スタイルです。

「フレキタリアン」とは「フレキシブル+ベジタリアン」の造語で、基本はベジタリアンだけど、外食などではお肉も食べるというゆるめのベジタリアン。例えば友人からBBQに誘われた時にも断らなくていいのでストレスも少ないし、周りに気を遣わせることもありません。

魚・野菜に食生活をシフトしてからは身体もスッキリ軽い感じがして、今となってはこの食生活が心地よくなりました。

※全世界の温室効果ガス排出の18%が畜産業関連と言われており、牛肉生産による排出量が最も多いとも言われています。

サステナブルなライフスタイルを通じて社会への啓蒙活動

以前Sustainable Coastlines主催の地域の清掃活動に家族で参加した時に、若い女性が一人で参加していました。自分なら一人で参加しようという気にならないだろうなと思ったのでびっくりしました。

その女性が清掃活動をしている様子を、道を行き交う車の中から色々な人が見ていました。そこで気づいたのが、彼女の活動は、単に地域の清掃活動をしているのではなく、それを目にする人たちへの啓蒙活動にもなりうるということでした。

その女性が一人で清掃をしているのを見た人が、自分の行動を見直すきっかけになることで、地球環境を考える活動の輪が広がっていくことになるのです。そのことをきっかけに、周りに発信していくことの大切さに気づきました。

「『サステナブル』を大げさに考える必要はありません。できることをできることから始めるのが継続の秘訣。私はコロナ禍でおうち時間が長くなったのをきっかけに、自宅で使うものなどを見直して無理なく生活の中に取り入れています」とAyaさん。彼女が実践していることを伺いました。

キッチングッズの見直し

「使い捨てのラップやファスナー付きバッグをやめて、エコラップを手作りしたり、繰り返し使えるファスナー付きバッグに一新しました。プラスチックのタッパーはガラス製の容器に変えたら、食品の匂いも色も容器に残りにくくなり、おまけにガラス製なので食卓にそのまま出せるのも魅力。洗い物も楽になりました」(Ayaさん)

そのほかにも、バラ売りの野菜はビニールではなく布のメッシュバッグに入れたり、キッチン周りは昔ながらのふきんや亀の子たわしも愛用中!

Aya.s(@ayas_hawaii)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る
洗剤はゼロウエイストストアで

自宅近くにあるKeep It Simpleは洗剤などの計り売りのお店。「お店で容器を購入しても自分で容器を持ち込んでもOK。無駄なく必要なだけ購入できる上に、使い終わった容器は繰り返し使用することでゴミも出ません」(Ayaさん)

Aya.s(@ayas_hawaii)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る
食材の調達は地産地消

「野菜類はよくKCCファーマーズマーケットで調達します。近所の人からマンゴーやパパイヤなど季節の果物を頂いたりすることもあります。ミントとバジルは自宅で栽培。あまり手をかけなくてもすくすく成長してくれるのが気に入っています。新鮮な食材が手に入る上に、ローカルビジネスのサポートにもなるのでできるだけ地産地消を意識しています」(Ayaさん)

子供たちと一緒にクラフト

「ビーチクリーンをした時に拾ったマイクロプラスチックを使ってのクラフトや、紐を編んでマクラメを作り、そこにエアプランツを飾ったり。また着なくなったデニムを再利用してクッションカバーにしたり。家族みんなでクラフトを楽しんでいます」(Ayaさん)

Photo by Aya
着なくなったデニムを再利用して作ったクッション。子供の成長の証のようで嬉しくなります。

マクラメを編んで余った素材も有効活用。ハワイらしいレインボーのピアスの作成&販売も始めました。

Photo by Aya
マクラメ編みで余った素材を利用して作ったレインボーのピアス
パソコンデスクも廃材利用

「ハワイは太平洋のど真ん中にあり、建材や家具の材料など他の土地からの輸送に頼っているため驚くほど高いのです。島にすでにある廃材を利用するとリーズナブルで、しかも自分が欲しいデザインで作ることができます」(Ayaさん)

Photo by Aya
廃材を利用して作ったパソコンデスク。自分の好きなサイズ、デザインができるのが魅力
オーラルケアもサステナブル

「デンタルケアにフロスは欠かせませんが、フロスもサステナブルな素材を使っています。昨今大きな問題となっている使い捨てプラスチックですが、Bamboo Switchのフロスはオーガニック素材の竹が原料です。使った後も生物分解され土に返ることができます。表面にコーティングされたワックスも植物由来のもの。容器はガラス製で再利用可能。また輸送の際にもプラスチック包装を使わない工夫もしています」(Ayaさん)

Photo by Aya
生物分解できる素材が地球に優しいバンブーフロス。オーラルケアにもサステナブルな素材をチョイス。

できることから日常に取り入れて

『サステナブルでエコな生活』と言っても何も気構える必要はなく、日常の中でできることから取り入れて行くことから始めてみるといいと思います。大変だと、続けられなくなってしまうからです。

最初はちょっと敷居が高いかなと思っていても、少しずつできることから初めて行くことで、周りにエコな選択肢がたくさんあることに気づいて行きます。

買い物をするときに例えばビニールに入ってるものとそうでないもの、二つの選択肢があったら、ビニールがない方を買おうかな、とか。「そういうアンテナを立てておくことが大事」とAyaさん。

AyaさんのゆるサステナブルライフなアイディアはInstagram @ayas_hawaiiにたくさん詰まっています。カメラマンだけあって写真も素敵です!

ぜひみなさんも、できることから続けてみてください。

寺岡早織

2003年からヨガを始め、その後ピラティスを始める。2010年BASIピラティスインストラクター資格(マット、マシン)を取得し、ピラティス指導を開始。結婚を機に2013年ハワイに移住し、その後もピラティス指導を続ける。2015年よりハワイでの日本人向けRYT200の解剖学講師を務める。2018年よりヨガ・ピラティスインストラクターに特化したプロフィール写真のカメラマンとしても活動を開始。趣味は絵を描くこと。Instagram (ピラティスアカウント):@saori_pilates、Instagram(ハワイ写真アカウント):@saori_hi_photography

元記事で読む