1. トップ
  2. 横山由依、“あいうえお作文”で70歳の誕生日を迎える三宅裕司を祝福!「みんな大好き」「優しい座長」「健康でいてください」

横山由依、“あいうえお作文”で70歳の誕生日を迎える三宅裕司を祝福!「みんな大好き」「優しい座長」「健康でいてください」

  • 2021.5.2
  • 363 views

三宅裕司が5月3日(月)に70歳の誕生日を迎える。その前日となる5月2日にオンラインイベント「三宅裕司生誕70周年前日祭『趣味入院・特技退院』な60代を乗り越え、不死鳥の70歳になりました!!」が行われ、熱海五郎一座のメンバーと紅ゆずる、AKB48・横山由依がトークを繰り広げた。

【写真を見る】ゲストの紅ゆずる&AKB48・横山由依に挟まれ、笑顔の三宅裕司

イベントでは、まず司会を務める東貴博が三宅のこれまでの活動を紹介。その後、この日の主役・三宅に加え、5月30日(日)から6月27日(日)に東京・新橋演舞場で上演される「熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ第7弾 東京喜劇『Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー~日米爆笑保障条約~』」メンバーの渡辺正行、ラサール石井、小倉久寛、春風亭昇太、深沢邦之と、ゲストの紅、横山がフラワーケーキを持って登場した。

三宅の誕生日祝いということで、裕司の「Y」のネックレスをしてきたという横山と紅。横山は「舞台とかやらせていただくときに、今まで緊張し過ぎてうまくいかなかったなっていうことが結構あったんですけど、皆さん(一座メンバー)といると良い意味でリラックスできるような空気感なので、私も楽しんでやりたいと思っています」と意気込みを語る。

一方、紅は「大先輩方の中で、自分の個性を出せるようにやっていきたいと思います。(宝塚)退団後、初舞台で初めての女性役なので、ちょっとウキウキしております」と笑顔を見せた。

三宅は「たくさんの人に見ていただいて、今までのストレスを発散していただきたいです。たくさんの人に来ていただけるように、皆さんが世間に知らしめてほしいなと思っております。面白い内容になっていますので」と話す。

続いて、「三宅裕司」のあいうえお作文で、お祝いメッセージを送るお祝い大喜利を行うことに。横山は「み=みんな大好き」「や=優しい座長」「け=健康でいてください」と、トップバッターながら奇麗にまとめる。

三宅自身は「み=みんな」「や=やめないで」「け=稽古しよう」と、サラッと発表。紅は「み=みんなをよく見て」「や=やたらと泳がす」「け=計算の中で」「ゆ=優雅にまたまた泳がす」「う=生まれ持っての」「じ=十分全部持ってるでしょ。ホント、超天才!」と、勢いで乗り切る。

ラストは、渡辺が「み=みんなの憧れ」「や=やるときはやる」「け=剣道六段おめでとう、渡辺正行」「ゆ=夢を持って」「う=宇宙に羽ばたけ」「じ=自由にやるぞ、渡辺正行」とまとめた。

ここで、伊東四朗が電話でサプライズ登場。70歳からの注意点を聞かれ、伊東は「やはり健康ですよ。これからの人生は、健康を1番に優先して考えてください」と三宅にアドバイス。

最後は、三宅が「最高のチームワークで、絶対に面白いものをやりたいと思っています。何も考えずに見ていただいて、大笑いして、『明日から、また頑張ろう』と思えるようなお芝居です。そして、この一座があと何年続くかというね。今70歳ですから、80歳まではなんとかやりたいなと。あと10年、ラスト10作の内の1作ですので、ぜひ見にきていただきたいと思います」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

元記事で読む