1. トップ
  2. ファッション
  3. 太って見える、おばさんっぽい…「アラサーNGコーデ」3つ

太って見える、おばさんっぽい…「アラサーNGコーデ」3つ

  • 2021.5.3
  • 51397 views

「なんだか最近、コーデが決まらない」なんて悩みがある人は、アイテム選びやコーデ術を見直すべきタイミングかも!? このまま放置しておくと、おばさんっぽい・古臭い・イタい・太って見えるなんて可能性も。そこで、アラサー世代に向けてこの時期「やりがちなNGコーデ」をテーマに、定番からトレンドアイテムまで、センスよく着こなすテクニックを連載形式でお届け。今回は、「太って見える」「おばさん見えしまう」といったコーデ3つと改善案をご紹介します!

1.「ティアードワンピコーデ」

「ただ着るだけ」だと膨張したり太って見えるリスクも

膨張しがちなティアードワンピコーデの原因は?
ティアードデザインとAラインシルエットで、甘口派の心を掴んで放さないボリュームワンピ。ドラマティックな着映えも叶う夏の救世主ではあるけれど、肌感が増えるこれからの季節は「ただ着るだけ」だと膨張したり太って見えるリスクも。ジャケットを羽織って引き締めたり、色合わせでコントラストをつけたり、とたっぷりしたシルエットをシュッと見せるひと工夫が大切。

アイテム選びのポイントをチェック!
・引き締め力絶大なブラックを信じる
・シュッと見えを後押しするノースリ&Vネック

パウダーピンクのジャケットを重ねれば、着痩せも華やかさも一挙両得
ボリュームのあるワンピもシャープに引き締めるノーカラーのジャケットをレイヤード。パウダーピンク×ブラックのメリハリ配色で着痩せも狙えるから、足元をヒールで盛らなくても好バランス。ティアードAラインワンピース¥52,800(マーレット/サザビーリーグ)ノーカラージャケット¥39,600(CASA FLINE/CASA FLINE表参道本店)バッグ¥7,700(レイジースーザン/レイジースーザン 新宿ミロード店)スニーカー¥6,380(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

2.「ベージュデニムコーデ」

ワイドやフレアなシルエットを選ぶと下半身が強調されがち

脚が太く見えるベージュデニムコーデの原因は?
CLASSY.的ベーシックアイテムとして欠かせないデニム。今季はニュアンスカラーに進化して豊富にラインナップ中。特に新顔のベージュは着なれたデニムスタイルのリフレッシュ役としても注目。ただブルーやグレーよりも膨張しやすい色だから、取り入れ方は慎重に。脚のラインをカバーしようと、ワイドやフレアなシルエットを選ぶと逆に下半身が強調され、アンバランスになってしまうので要注意。

アイテム選びのポイントをチェック!
・膨張を回避するストレートシルエット
・テクニックいらずで脚長になれるハイウエストタイプ

締め色の黒でメリハリをつければ、ベージュデニムもスタイリッシュに
全体を淡い色でまとめてしまうと、野暮ったい印象に陥るのでNG。トップスや小物で黒を散りばめてメリハリを出せば、ベージュデニムのほっこり感をセーブしつつ、すっきり見えも実現。ベージュハイライズデニム¥25,300(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)ボーダー半袖ニット¥13,200(uncrave/オンワード樫山)肩に掛けたカーディガン¥35,200(ebure/ebure GINZA SIX店)バッグ¥10,780(Soglia)ポインテッドトゥフラットシューズ¥26,400(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)帽子¥11,000(arth/OVERRIDE 神宮前店)

3.「アンサンブルニットコーデ」

一歩間違えることコンサバ感が悪目立ちして古くなる恐れも

おばさん化するアンサンブルニットコーデの原因は?
アラサー女子のNEWベーシックアイテムとして仲間入りしたアンサンブル。セットで着るだけで上半身のコーデが完成するからワードローブにワンセットあると便利ですが、一歩間違えることコンサバ感が悪目立ちして古くなる恐れも……。キレイめなアイテムだからこそ、今っぽさを盛り込んだデザインで選んだり、スタイリングでラフに仕上げることが、おばさん見えを防ぐテクニック。

アイテム選びのポイントをチェック!
・どコンサバに陥らない遊びのある色
・インナーはラフに仕上がるノースリを

たっぷりしたマキシスカートと一緒なら、女っぽさとリラックス感を両立
コンサバに陥りがちなアンサンブルニット×スカートのコンビも、分量感のあるマキシスカートを投入すれば、かしこまった印象にならずラフなムードに。華やかなピンクのアンサンブルニットなら、ベーシックカラーのボトムスを合わせるだけでサマになり、シンプルコーデの物足りなさも解消。リブクルーネックフレンチスリーブニット¥12,100リブVネックカーディガン¥14,300(ともにデミルクス ビームス/ビームス ハウス 丸の内)ラップロングスカート¥28,600(TICCA)バッグ¥40,700(VASIC/ヴァジックジャパン)フラットサンダル¥13,200(W&M/インドル)

撮影/草間智博<TENT> イラスト/室木おすし 再構成/CLASSY.ONLINE編集室

元記事で読む