1. トップ
  2. ファッション
  3. エンポリオ アルマーニ 2016年春夏メンズコレクション - 西洋と東洋の混成

エンポリオ アルマーニ 2016年春夏メンズコレクション - 西洋と東洋の混成

  • 2015.6.22
  • 2563 views

エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)の2016年春夏メンズコレクションが、ミラノで発表された。モデルたちが身に付けたミラー加工のサングラスに、繊細なグリーン色に灯されたランウェイが映し出され、幻想的な世界観が構築されていく。

今季は「フュージョン」をテーマに掲げ、西洋のテイストと東洋の感性を同時に表現している。序盤から、繰り返されるスーツスタイル。ジャケットはコンパクトなショルダーラインのものが多く、着丈も短めのものが目立つ。またボトムスは、テーパード・パンツが中心だ。インナーには、ノーカラーのものや小さな襟のもの、Vネックのものなどバリエーション豊かなシャツを合わせている。どれもリラックスした雰囲気なのは、洗いをかけたシルクやコットンなど厳選された素材のおかげだろうか。

一方で、超軽量なナッパレザーのジャケットスタイルや素肌に直接カーディガンを合わせたようなハードな着こなし、フーディ―やスタジャンを合わせたフレッシュな着こなしなども展開。

西と東の文化の混成へは、春夏コレクションでは珍しい、ペイズリー柄が導いていく。シャツやブラウスにはデジタルプリントで、またジャージ素材にはジャカードで模様をプラス。まるでタトゥーのように、特殊な技術で繊細なパターンをあしらったレザージャケット、細かいパンチングで模様を表したセットアップも並んだ。

同系色で揃えたスーツやジャケットスタイルが続くが、マッチさせた小物は、どれも快活な印象。スニーカーやサボ、スリッポンなどのカジュアルなシューズや定番のバックパックを添えて。レディースでは、ショート丈のジャケットスタイルにサンダルを合わせ、抜け感のある着こなしを提案していた。

の記事をもっとみる