1. トップ
  2. 桃月なしこ、ハマり役“ヨドンナ様”への思い語る「皆さんが愛してくれたおかげで、ヨドンナはキャラクターとしても成長できた」

桃月なしこ、ハマり役“ヨドンナ様”への思い語る「皆さんが愛してくれたおかげで、ヨドンナはキャラクターとしても成長できた」

  • 2021.5.1
  • 1000 views

4/29(祝)より期間限定で公開中のスーパー戦隊VSシリーズ最新作「魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー」。同作にも登場し、“ヨドンナ様”の愛称で人気を集めるのがゼロイチファミリア所属の桃月なしこだ。今年2月までのTVシリーズ放送時には「#ヨドンナ様」「#ヨドンナ様しか勝たん」のハッシュタグでSNSが毎週盛り上がりを見せたほか、Twitterトレンド入り、オリジナルグッズ販売など大きな反響を呼んだ。映画公開という節目にちなみ、自身最大のハマり役となったヨドンナ様について、桃月に改めて想いを語ってもらった。

【写真を見る】桃月が「かっくいー」と語る映画オフショット。燃え盛る巨大な爆煙とクールなヨドンナ様の対比に注目

ーーTVシリーズ終了後も“ヨドンナ様”の人気は冷めやらず、といった印象です。まずはヨドンナ役に決まった時から振り返っていただけますでしょうか?

オーディションに受かった時は驚きと嬉しさでいっぱいでした。受けていた人もすごく多かったので、正直自分が選ばれるとは思っておらず、オーディション後の感想は「悪役って楽しいー!」だけでした。そしたらまさかの受かったよとマネージャーから聞いて、まず「本当に?ヨドンナ?私が?」とちょっと疑ってしまいました(笑)。それくらいびっくりして。受かったと聞いたのが別のお仕事現場の直前だったので、嬉しさでソワソワしてしまって、身が入らなくなりそうで困りました(笑)。お仕事を終えてから真っ先に親に連絡を入れたら「おめでとう、毎週の楽しみが増えるね」と喜んでもらえて私もとても嬉しかったです!

ーー戦隊シリーズ8年ぶりとなる顔出し女性幹部、ヨドンナを演じるにあたって苦労した点や、印象深いエピソードはありますか?

ヨドンナを演じる事は本当に楽しくて苦労したというのはあまりないのですが、しいて言うなら高笑いを絞り出すのが大変だったかもしれないです。とは言っても私の普段の笑い方とヨドンナの笑い方が似てるので、元々そんなに無理して作っているというわけでもなかったのですが(笑)。役として意識して高笑いしようとするとやっぱり大変で、段取り、テスト、本番と何度も高笑いを続けていると、腹筋にきたり喉にきたりと大変でした。

ーーアフレコも初挑戦だったそうですね。

アクションシーンで鞭を振る時の声や、やられる時の声を出したことがなかったので、最初は本当に下手くそで。徐々に声の出し方はマシにはなったのですが、実は一番アフレコが苦手意識ありました(笑)。

ーーTVシリーズでは半年に渡って作品に登場しましたが、印象深いエピソードと言えば?

最終話までの2話やヨドンナの登場シーンはもちろんなのですが、それ以外だとやはり34話の「青と黄の熱情」です。元々ヨドンナはアクションをするというキャラクターではなかったんです。登場シーンで(キラメイイエローの射水)為朝くんを蹴った快感が忘れられず(笑)、もっとアクションやりたい!と言ったらばりばりにアクションをさせてもらえたというのがこの回です。練習時間がほとんどない中での撮影で大変だったのですが、しっかりとやりきることができました。

ーーヨドンナ様といえば、放送のたびにSNSの盛り上がりがすごかったですね。

いやほんとに…ここまで話題にしてもらえるとは思ってなくて…(笑)。「#ヨドンナ様しか勝たん」というタグは私が作ったんですけど、私と私のツイートを見てくれているフォロワーさんたちが盛り上がってくれたらいいなという身内ネタくらいのつもりだったのが、気がついたら特撮ファンの方々も使っていてくれて。そして「ヨドンナはヨドンナさんでもヨドンナちゃんでもなくヨドンナ様を定着させたいという中の人の目論見が」というツイートをしたら本当に「ヨドンナ様」で毎週毎週トレンド入りするようになりましたね。

ーーこれほどの人気を集めると当初から想像されていましたか?

元々ヨドンナというキャラクターは毎週出るキャラクターでもなく、最終話まで生き残るキャラクターでもなかったんです。「ヨドンナの演技力や話題性によって今後の出番が変わるから」と大人たちに圧力をかけられていたので(笑)。結果的に皆さんがヨドンナを愛してくれたおかげで、ここまでキャラクターとしても成長することができました。ありがとうございます!

ーー改めて桃月なしこにとって「ヨドンナ」とはどんな存在になりましたか?

私を成長させてくれたものだと思います。最初はどういうキャラクターなのか、どう演じたらいいのかと試行錯誤をしていましたが、約半年ヨドンナを演じさせてもらったことで、少しずつリンクしていき、その結果、最終話ではカメラが回る前から涙が止まらなくなってしまうというほどヨドンナと近づけたと思います。アクションやアフレコ、さらに舌出し含めた普段では見せたことのない表情など、本当にたくさんの経験をさせて頂きました。今回の経験を今後に活かせるように、これからもヨドンナと共に頑張っていきたいと思います!

ーー映画も公開され、ヨドンナフィーバーが再燃する気配も。最新作「魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー」の見どころをお聞かせください。

やはり坂本浩一監督の元での素面アクションが1番の見どころだと思います。キラメイジャー本編では素面アクションがほぼなかったのですが、今回は私含めキラメイジャー皆が素面アクションに挑戦しているので、リュウソウジャーの皆との共闘シーンは見どころです。私個人としても本編以上に激しいアクションシーンに挑戦しているので、ぜひ見てほしいなと思います。あと個人的に一番頑張ったと言っても過言ではないのが、EDの"アレ"なので、ぜひEDまで見逃さずに楽しんでいただきたいです。

スーパー戦隊VSシリーズ最新作『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー」は、「宝石」と「乗り物」をモチーフに闇の帝国ヨドンヘイムとの戦いを描く『魔進戦隊キラメイジャー』と、「王道」をコンセプトに邪悪な戦闘民族ドルイドンと戦いを繰り広げる『騎士竜戦隊リュウソウジャー』が競演を果たすスーパー戦隊VSシリーズ最新作。4月29日より期間限定で公開中。緊急事態宣言の対象地域は、宣言明け5/12(水)から上映予定。

元記事で読む