1. トップ
  2. Netflix新作アニメ「エデン」全世界配信を前に漫画化!「別冊コロコロコミック6月号ミラコログランプリ春」に特別掲載

Netflix新作アニメ「エデン」全世界配信を前に漫画化!「別冊コロコロコミック6月号ミラコログランプリ春」に特別掲載

  • 2021.4.30
  • 394 views

Netflixオリジナルアニメシリーズ「エデン」が、5月27日(木)から全世界で独占配信されることが分かった。また、同作の配信開始に先駆けて、山田一喜による漫画が”別冊コロコロコミック6月号ミラコログランプリ春”で特別掲載される。

【写真を見る】「エデン」のヒロイン・サラ

「エデン」は人類が消えたロボットだけが暮らす自然豊かな世界エデンを舞台に、ロボットの両親の元で育った主人公・サラの冒険と家族の絆の物語が描かれるSFファンタジー。「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」の入江泰浩監督が演出、キャラクターデザインは「カウボーイビバップ」を手掛けた川元利浩氏が担当する。

また現在、磯本つよしによる少年画報社「ヤングキングアワーズ GH」での連載に続き、”別冊コロコロコミック6月号ミラコログランプリ春”で、山田一喜の特別漫画を掲載。コロコロコミック版「エデン」のキャラクターカットからは子ども時代のサラの弾ける笑顔と裏腹に、好奇心旺盛なサラにロボットの両親が手を焼いている様子がうかがえる。ロボットの両親からの愛情を一身に受けて元気いっぱいに育ったサラを待つ「エデン」の謎に迫る冒険と、感情を持たないはずのロボットがサラと過ごす中で親へと変化していく過程は、子どもから大人まで幅広い年代で心を動かされるだろう。

ジャスティン・リーチプロデューサーが思いを明かす

同作の原案・プロデューサーを務めたジャスティン・リーチは、2誌での「エデン」の漫画が掲載されたことについて、「エデンの物語がマンガ化されるのを目の当たりにして、本当にうれしく思います。このアニメで私が目指したのは、年齢や性別を問わず、世界中の視聴者にアピールできるストーリーを作ることでした。ハリウッドでは、幅広い層にアピールするストーリーのことを『フォー・クアドラント』という言葉を使って表現します。この目標を達成するために、私たちは 二つの著名な漫画出版社と提携し、子どもと大人の間で物語をつなぐ手助けをしてもらいました」と漫画とアニメの親和性に喜びの声を上げる。

また、別冊コロコロコミックでの漫画化について、「『別冊コロコロコミック』に漫画を掲載いただくのは、とても光栄なことでした。小学館はとても歴史のあるブランドなので、このような機会を与えていただいたことにとても感謝しています。エデンの物語は、パステルカラーやキュートなキャラクターデザインなど、子どもたちにも親しみやすいデザインになっています。慣れない世界で成長していく子どもの目線で描かれています。山田先生は、本当にかわいくて魅力的なバージョンのキャラクターを作ってくれました。子どもたちがサラと一緒に成長し、自然やそれを守る義務について前向きな気持ちになってくれることを願っています」と明かした。

そして現在、ヤングキングアワーズGHでの連載中の漫画について、「これは私が想像していなかったことでした。磯本先生そして少年画報社のチームと、楽しく仕事をさせて頂いています。彼らは、エデンの世界をさらに拡大し、物語の背景をより壮大な物にしてくれました。磯本先生はバイクの専門家でもあるので、細部にまでこだわってくださり、原作の世界観をより強固なものにすることができました。多くの大人の方に、この世界をキャラクターと共に旅していただけたら嬉しいです」と熱い思いを語った。

元記事で読む
の記事をもっとみる