1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「こどもの日」はどう過ごす?女の子しかいない家庭でもお祝いしてもいいの?プレゼントはどうする?

「こどもの日」はどう過ごす?女の子しかいない家庭でもお祝いしてもいいの?プレゼントはどうする?

  • 2021.4.30
  • 5099 views

”こどもの日“って女の子しかいない家庭でもお祝いしていいの?

5月5日は”こどもの日“ですが、男の子の健やかな成長を願う“端午の節句”でもあります。

女の子には3月3日の“桃の節句”があるので、女の子しかいない家庭では「こどもの日はなにもしない」というところも多いようですね。

でも実は“こどもの日”は、『女の子も男の子もお祝いをする日』だったんです!

“こどもの日”と“端午の節句”は別物‼︎

『こどもの日=端午の節句』と思っている人も多いようですが、”こどもの日“と”端午の節句“は別物です。

端午の節句は、元々は季節の変わり目に病気や災いを避けるために行われていた行事でした。

男の子のお祝いになったのは、江戸時代になってからで、災いから守るために使われていた「菖蒲(しょうぶ)」と、武事や軍事を尊ぶことを意味する「尚武(しょうぶ)」の音が同じだったことが、始まりになったと言われています。

こどもの日は、1948年に制定された国民の祝日で「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」です。

なので、5月5日のこどもの日は、女の子しかいない家庭でもお祝いをしていいんです♪

また”こどもの日“という名前ですが、子どものお祝いだけでなく子どもを産み、育てている母親へ感謝をするという意味もあるので、家族みんなでお祝いをしたい日ですね♪

GW期間中にある”こどもの日“。みんなはどうやって過ごしているの?おすすめの過ごし方は?

GW期間中にあるこどもの日。

連休も終盤に入り、退屈しはじめている人もいるかもしれませんね。

せっかくの”こどもの日“ですから、家族で楽しめる日にしましょう♪

女の子しかいない家庭でも鯉のぼりは飾っていいの?

鯉のぼりや兜は、こどもの日ではなく”端午の節句“にちなんだものです。

男の子の健やかな成長を願って飾られるものなので、女の子しかいない家庭で用意する必要はありません。でも折り紙などを使って手作りで、鯉のぼりや兜を作るのは、季節行事を知るという面から考えると良いと思います♪

保育園や幼稚園では、工作で作ってくることもあると思うので、それを飾るのも良いですね♪

”子どもの日“に食べるものはある?

こどもの日には、決まった食べ物はありません。

柏餅やちまきは、“端午の節句”の行事食です。季節行事を知るために用意するのはいいと思いますが、あまり子どもが喜んで食べるメニューではないですよね…。

我が家は、女の子が2人ですが、小さいころに用意したことはあります。でも、ちまきも柏餅も食べませんでしたよ(泣)

「端午の節句にはこんなものを食べる風習があるんだよ〜。」という知識と経験として、1度は用意してみるのもいいかもしれませんね。

家族で楽しむこどもの日の過ごし方

こどもの日は、”こうやって過ごす“という決まりはありません。

特別なことをする必要はありませんが、”子どもと思いっきり遊ぶ1日”にしましょう♪

「公園に行く」「バーベキューをする」「遊園地に行く」「動物園や水族館に行く」「外食をする」などは定番ですね♪

また、こどもの日には、いろいろなところで子どもが喜ぶイベントを行っています。キャラクターショーがあったり、ワークショップなど体験型のイベントもしています。

子どもが興味を持ちそうなところに行ってみるのも楽しそうです♪

こどもの日ってプレゼントやお祝いは渡すもの?

こどもの日なので「好きなおもちゃを買ってあげる」という家庭もあるようですが、こどもの日には、必ずプレゼントが必要というわけではありません。

また“こどもの日”は、国民の祝日であってお祝い行事ではないので、お祝いも必要ありません。

ちなみに我が家では、こどもの日にプレゼントは渡していませんし、ママ友にも聞いてみましたが、渡していない人が多かったです。

こどもの日のプレゼントは、親からよりも“おじいちゃんおばあちゃん”からもらっている人が多いようですね。

そういえば、うちの子もゴールデンウィークに、祖父母に会いに行ったときには「こどもの日が近いから」とおこづかいをもらったことがありました♪

今はまだ、こどもの日にプレゼントをもらっている子は少ないようですが、初めて聞いたときは衝撃的だった「お盆玉」がなじんできたように、「誕生日、クリスマス、こどもの日にはプレゼントを贈る」というのが定着する日が来るかもしれませんね。

こどもの日は家族で楽しく過ごそう♪

こどもの日は、女の子しかいない家庭でもお祝いをして良い日です!

ゲームやスマホを止めて、子どもとコミュニケーションを取る日にしてみてください。

子どもも喜ぶでしょうし、パパやママにとっても楽しい1日になると思いますよ♪

元記事で読む