1. トップ
  2. フワちゃんが“子どもたちのヒーロー”に! 本音は「めちゃくちゃすぐに自首したかった」<逃走中>

フワちゃんが“子どもたちのヒーロー”に! 本音は「めちゃくちゃすぐに自首したかった」<逃走中>

  • 2021.4.30
  • 551 views

5月5日(水)に「逃走中~こどもの日4時間SP~」(夜7:00-10:48、フジテレビ系)が放送される。「逃走中」で4時間特番を放送するのは、番組史上初めて。また、放送当日が「こどもの日」ということで、過去最多となる計8人のキッズ逃走者が参戦する。放送に向けてEXILE TETSUYA、フワちゃんらキャスト陣がコメントを寄せた。

【写真を見る】佐藤大樹「逃走中」に出演、川崎競馬場を全力で逃げ回る

歌舞伎俳優の市川右近、連続テレビ小説「エール」(2020年、NHK総合ほか)で主人公・古山裕一(窪田正孝)の幼少期を演じて話題となった石田星空、大河ドラマ「青天を衝け」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)で渋沢栄一(吉沢亮)の幼少期を演じた小林優仁、兄の鈴木福と共に出演する鈴木楽の他、寺嶋眞秀、稲垣来泉、白鳥玉季や小畑乃々が140分間のゲームに挑む。

大人の逃走者には、YouTuberのHIKAKINが兄のSEIKINと共に兄弟参戦。さらに、EXILEのパフォーマー・TETSUYAと佐藤大樹が初登場。そして、過去に逃げ切りに失敗し、リベンジに燃える、世界陸上100メートルリレーの銅メダリスト・藤光謙司選手も参戦する。

ほか、中岡創一(ロッチ)、岡部大(ハナコ)、藤田ニコル、フワちゃんらが舞台となる神奈川・川崎競馬場を全力で逃げ回る。

出演者のコメント

――「逃走中」に出演されていかがでしたか?

EXILE TETSUYA:緊張感のあるダッシュができて楽しかったです。

佐藤大樹:令和イチ、緊張した日でした。普段なかなか触れ合うことのない華やかなキャストの方とコミュニケーションも取れて忘れられない1日になりました。また、競馬場という場所を最大限に生かした部分が本当に楽しかったです。競馬経験のない僕からしたら、生で馬が走っているところを見られて大興奮でした!

石田星空:ずっと出演したかった番組なので、出演できてとてもうれしかったです。ハンターに見つかった時はすごくドキドキしました。フワちゃんさんと、安藤美姫さんが優しくサポートしてくれて、とてもうれしかったです。

フワちゃん:競馬場での「逃走中」だったんですけど、ハンターはたぶん馬より速かったです。室内と室外が入り組んだコースでスリル満点でした。途中、“フワちゃんのためにできた”と言っても過言でないくらい私にぴったりの新ゲームもあって、ボリューム満点の4時間スペシャルになっていると思います!

藤光謙司:競技では味わうことができない緊張感とワクワク感を体験することができ、楽しめました。また、アスリートにこのような機会を与えていただき感謝しています。

__「私のココを見てほしい!」という部分は?

TETSUYA:走りまくっている姿をぜひみてください。

佐藤大樹:子どもたちとの協力、そしてハンターの死角ギリギリを攻めた逃走劇です!

フワちゃん:ほんとはめちゃくちゃすぐに自首したかったけど、子どもたちがいる手前カッコつけたくて無理してゲームに参加してます。“こどもの日”なので、子どもたちのヒーローとして立ち振る舞いました!

HIKAKIN:なんと今回は兄のSEIKINと兄弟で出演しているので、もしかしたら兄弟でしかできないチームワークで逃走成功しているかもしれません。

SEIKIN:今回はHIKAKIN&SEIKINで兄弟そろって出演させていただきました。実は歌番組以外で兄弟そろって出演したのは初めてで、所々会話もしながらやらせていただいたので、兄弟ならではのやりとりをご覧いただけたらうれしく思います。

――“こどもの日SP”になりますが、いかがでしたか?

TETSUYA:一緒に隠れたり、ハンターの位置を教えあったり、協力できたことが楽しかったです。

佐藤大樹:子どもたちと協力してゲームに挑む部分はぜひ見てほしいです。子どもたちが収録終わりに「写真撮ってください!」って言ってきてくれました!

フワちゃん:ゲーム前にトイレに入っていたら、白鳥玉季ちゃんや稲垣来泉ちゃんをはじめとした女子チームが手洗い場のところで、「困ったらフワちゃんに付いて行こう、フワちゃんなら守ってくれると思う」って話しているのが聞こえてきて、ほんとは全然ソロゲームをするつもりだったのに半強制的に守らざるを得なくなりました。子ども人気ナンバーワンのプライドをかけて一肌脱ぎました。

SEIKIN:本来は僕が子どもを先導するつもりでしたが、かなり助けられてしまいました。みんなしっかり者ですね(笑)

元記事で読む
の記事をもっとみる