1. トップ
  2. 千葉雄大、田中圭と森山直太朗からの“ムチャぶり&手のひら返し”に「ちょっとおー!(笑)」と焦りまくる<MUSIC BLOOD>

千葉雄大、田中圭と森山直太朗からの“ムチャぶり&手のひら返し”に「ちょっとおー!(笑)」と焦りまくる<MUSIC BLOOD>

  • 2021.4.30
  • 418 views

4月30日放送、田中圭&千葉雄大がMCを務める音楽番組「smash. presents MUSIC BLOOD」(毎週金曜夜11:00-11:30、日本テレビ系)に、森山直太朗が登場する。千葉は、今回も“おなじみ”となった田中からのムチャぶりに応え、森山の楽曲「さくら」を披露するも、まさかの手のひら返しに「ちょっとおー!(笑)」と焦りまくる事態に発展する。

【写真を見る】田中圭&千葉雄大、初の1人ゲストに「座談会みたい」とワクワク!

オープニングトークでは、田中さんが「僕はゲストの方の印象に合わせて衣装を選んでいるんですけど、この爽やかなブルーは、まさに今日のゲストさんのイメージにぴったりでしょ?」と千葉に話すと、千葉も「確かにこんな感じかも!」と意気投合する。

また、田中が千葉に「今日はグループではなく、ソロのゲストということで番組初の3人トークですよ」と振ると、千葉は「なんだか座談会みたいでワクワクする!」とノリノリに。すると、その反応を見た田中から「じゃあ雄大が座談会っぽく進行してよね!(笑)」と押され、千葉は困惑気味な表情をうかべる場面も。

千葉雄大、田中&森山からイジられまくり「ちょっとおー!(笑)」と困惑

トークコーナーでは、名曲「さくら」に関する話題に。国語の教科書に掲載されるほどの国民的楽曲だが、この曲が生まれるベースとなったのが、学生時代に過ごした学校の桜。森山は、同じ敷地内にある付属校に長年通い続け、毎年春になると桜並木が満開になり、その景色が原風景として常に心の中にあったのだと明かし、ずっとこの景色を見てきたことから潜在的に歌詞と曲のイメージが生まれていたのだと話す。

そして「さくら」をカラオケでよく歌うという千葉に、いつものように田中が無茶ぶり。千葉は「ご本人の前で歌うなんて、おこがましくてできないですよー」と、最初こそ遠慮しつつも、「歌っていただけたらすごく嬉しいです」という森山の言葉に甘え、一節披露。

すると「なんでいつもサビじゃないんだよ!(笑)」とツッコむ田中に加え、森山からも「いきなり

本人の前で歌えるなんて度胸がすごいですね(笑)」といじられまくる。まさかの手のひら返しに、千葉は「ちょっとおー!(笑)」と焦りの表情をみせる。

そして、話題は森山の「BLOOD SONG」に。森山が嫉妬するアーティストとしてあげたのは、玉置浩二。「正直に言うと歌声が圧倒的すぎて、もはや嫉妬すらしないですね」「『歌声オリンピック』があったら間違いなく日本代表に選ばれて、金メダルが獲れるくらいすごい」と、アーティストとしての存在感の大きさを明かす。

そんな森山にとって、もう一つの「BLOOD SONG」は、自身の楽曲。フォークソングのマインドが込められているというその楽曲は、コロナ禍に見舞われた2020年、詩人の御徒町凪氏より渡された時、歌うべきかどうか悩んだという。さらに、楽曲紹介のタイミングでは千葉がハプニングを起こす。

元記事で読む