1. トップ
  2. 芳根京子、ドラマ「半径5メートル」で若手編集者役 永作博美演じる名物記者との“迷コンビ”誕生『撮影現場で生まれるものを大切にしたい』

芳根京子、ドラマ「半径5メートル」で若手編集者役 永作博美演じる名物記者との“迷コンビ”誕生『撮影現場で生まれるものを大切にしたい』

  • 2021.4.29
  • 437 views
芳根京子が若手編集者を演じるドラマ「半径5メートル」がスタートする (C)NHK
芳根京子が若手編集者を演じるドラマ「半径5メートル」がスタートする (C)NHK

【写真を見る】風未香(芳根京子)と宝子(永作博美)が女性週刊誌の“迷コンビ”に!

4月30日(金)からスタートするドラマ10「半径5メートル」(毎週金曜夜10:00-10:44、NHK総合)で主人公・前田風未香(ふみか)を演じる芳根京子がインタビューに応じ、作品への思いや演じる役柄に対しての印象を語った。

「なぜ私はこんな思いをしているのだろう?」――世の女性たちが日々感じている違和感や生きづらさ。どうして一人で育児をしているんだろう。どうして知らないおじさんに説教されているんだろう。どうして最近、夫とご無沙汰なんだろう。同ドラマでは、すごく個人的で、ニュースにもならず、名前もついていないような「半径5メートル」の感情や出来事を、女性週刊誌の若手編集者・風未香と型破りなベテラン記者・宝子(たからこ、永作博美)のバディが、どんな題材でも「わがごと」として取り上げ、女性読者の琴線に訴えていく姿を描く。

第1話あらすじ

風未香は、芸能スクープを扱う「一折(いちおり)」班で大失敗し、女性読者の「半径5メートル」の話題を掘り下げる「二折(におり)」班に異動。名物記者の宝子とバディを組むことに。二人は、レトルトおでんを買おうとした主婦を非難してSNSで話題になった「おでんおじさん」のネタを取り上げるが、女性たちの怒りの声を集めようとする風未香に対し、宝子はなぜかコンニャク作りを始める。

芳根京子インタビュー

――風未香を演じる上で、大切にされていることは何ですか?

撮影現場で生まれるものを大切にしたいなと思っています。宝子さんが発する言葉に対して風未香が思うことに私自身も共感することが多いんですね。“それは大変そうだな、やりたくないな”とか“どういう意味なんだろう?なんでそんなことを言うのだろう?”など。その気持ちを素直に表現するほうが、視聴者の方の感覚にも近づける気がしています。撮影前に準備をがっちりしていくというより、宝子さんから言われて感じたことをその場で表現するということを意識しています。

――永作さん演じる宝子の印象を教えてください。

宝子さんは、すごく刺激を与えてくれる方で、風未香の視野を広げてくれます。答えをただ教えてくれるのではなく、答えを導くための入り口を教えてくれる方です。答えだけを教わっていたら、こういう成長の仕方はしないだろうなと風未香を見て思っていて。宝子さんに振り回される風未香も、物語が進むにつれてこれは無駄なことではない、これによって見えてくるものがあると分かってきます。風未香はすごくいい方と出会えたなって。永作さんもおっしゃっていたのですが、風未香にとって宝子は人生を変えてくれた人になると思います。

【写真を見る】風未香(芳根京子)と宝子(永作博美)が女性週刊誌の“迷コンビ”に! (C)NHK
【写真を見る】風未香(芳根京子)と宝子(永作博美)が女性週刊誌の“迷コンビ”に! (C)NHK

芳根京子「初めての顔合わせでコンニャク作り」

――印象に残っている撮影中のエピソードはありますか?

第1話で風未香と宝子がコンニャクを作るシーンがあるのですが、クランクインする前に、永作さんと(フリー記者・山辺役の)毎熊克哉さんと3人で、コンニャク作りをするという機会をいただきました。初めての顔合わせでコンニャク作りをしているという状況がとても面白くて(笑)。ちょっと不思議な気持ちにもなって、そのもやっとする感覚が物語の中で宝子さんに振り回される風未香とリンクするところもあったなと思います。

――いつもインタビューを受ける側の芳根さんですが、編集者として取材する側を疑似体験して、何か発見はありましたか?

取材をしていただく際、台本を読んでくださったり、作品を見てくださったり、それ以外にもたくさんの時間をかけて、取材の準備をしてくださっているのだなと改めて気づきました。その分、相手が求めていることをしっかり汲み取って、的確にお伝えしなければいけないと思いました。

――芳根さんご自身が掘り下げてみたい「半径5メートル」の出来事はありますか?

仕事の日、私はとても重たい鞄を持ち歩いているので、荷物を減らす術を知りたいです。朝から晩まで撮影だと考えると、これも必要なのでは?と思うものが多くて。ハンドクリームや目薬それぞれ2~3種類や、1日取材の日でも台本が7冊入っていたり(笑)。すごく心配性で、少しの隙間時間ができたら明日撮影分の台本を読みたいな、と考えてしまうんです。そういうことがいろいろな面にありすぎて、大荷物になっているので、もう少し軽くできる方法を知りたいですね。

――作品を通して視聴者に届けていきたいメッセージを教えてください。

何かトラブルがあった時、どちらか片方の意見だけを聞いて、それを鵜呑みにして、いろいろな物事に対して決めつけをするのはよくないことだなと感じました。第1話では「おでんおじさん」に非難された側だけでなく、「おでんおじさん」側にも着目するのですが、表面だけでなく、360度さまざまな角度から物事を見ることが大切だということを伝えたいです。少し視点を変えるだけで物事の見え方が変わってくる、そんなメッセージが込められているこの作品と出合えて私自身もとてもよかったなと思います。

元記事で読む