1. トップ
  2. 美 少年・浮所飛貴「キュンキュンさせる自信あります!」板垣瑞生とは“あだ名”呼び

美 少年・浮所飛貴「キュンキュンさせる自信あります!」板垣瑞生とは“あだ名”呼び

  • 2021.4.29
  • 308 views

6月4日(金)に全国公開される映画「胸が鳴るのは君のせい」完成報告イベントが4月29日、都内で開催され、主演の浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)、白石聖、板垣瑞生、原菜乃華、高橋洋人監督が登壇した。

【写真を見る】うっきー&みっきーと呼び合う仲の浮所飛貴&板垣瑞生らキラキラ美男美女キャスト陣

同映画は、累計発行部数250万部を突破する同名コミック(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)が原作。恋する女性の共感ポイントにあふれた、親友のように仲がいい友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリーだ。

浮所が転校生でイケメンなのに愛想の悪い有馬、白石が有馬を思い続ける女子高校生のつかさ、板垣と原が2人の恋のライバルを演じる。

今回、映画初主演を務める浮所。主演を実感した瞬間を聞かれると「今、まさに実感していて。また、雑誌やテレビなどの宣伝の時に、主演させていただいているんだなと思います」としみじみ。

撮影現場は同世代のキャストばかりということで、和気あいあいとしていたそうで、浮所は「みんな仲良くて、本当の学校生活をしているみたいでした。今日も皆さんと久しぶりに会いましたが、同窓会みたいな雰囲気です」と爽やかな笑み。

また、主演として気を付けていたことを聞かれ、「学園モノなので、早くみんなと仲良くなれるようにと意識して、スタッフさんも含めて自分から結構話し掛けていきましたね」と打ち明けていた。

浮所と板垣は初日からお互いにあだ名で呼び合っていたそうで、浮所は板垣のことを「下の名前が瑞生なので、『ず』を抜いて、みっきーと呼んでいます。かわいいな~名前」とニンマリ。

板垣は「俺はうっきーと呼んでいます。(浮所とは)何でか、自然に呼び合うようになって。距離はめちゃくちゃ近かったですね」と打ち明け、浮所の座長ぶりを「うっきーにしかできない座長。うっきーが全員に“仲良くなりましょう、楽しんでいきましょう”としてくれたから、現場もみんな話して、盛り上がってました」と賛辞を送る。

それを受けて、浮所は板垣と最初に会った本読みのエピソードを挙げ、「その時に『一緒に頑張ろう』と背中をたたいてくれて、すごく元気づけられて。いい仲間ができると思い、めちゃくちゃうれしかったですね」と白い歯を見せていた。

今作では、切なくも甘酸っぱい片思いをリアルに切り取った胸キュンシーンも多く描かれるが、完成した作品を見た感想を聞かれた浮所は「ちゃんとキュンキュンできるポイントがありました」と安堵(あんど)した表情。

そして、「片思いをしている方に、片思いでもいちずに思うことによって何か変化があると、後押しができる作品になっていたらいいですね。キュンキュンさせる自信があります!期待していてください」と自信をのぞかせた。

さらに、浮所らが選んだ劇中の“胸が鳴る”シーンをまとめたスペシャル映像を一同で見る一幕も。

浮所は、シュシュが取れてほどけてしまったつかさの髪を有馬が束ねる映画オリジナルのシーンを挙げ、「ここはイチオシです。女性の髪を触るのは、普段絶対しないじゃないですか。距離の近さや髪に触れるという、何とも言えないキュンキュンさが好きです」と明かした。

◆取材・文・撮影=TAKAMI

※高橋洋人監督の「高」はハシゴダカが正式表記

元記事で読む