1. トップ
  2. 恋愛
  3. 原田マハのおすすめ作品集。アート小説で有名な彼女が描く人気タイトルを厳選しました

原田マハのおすすめ作品集。アート小説で有名な彼女が描く人気タイトルを厳選しました

  • 2021.4.29
  • 1883 views

原田マハのおすすめ作品をご紹介!

日本には数々の名作を生み出している女性作家が数多くいますが、今回は人気作家《原田マハ》に注目します。原田マハの作品は、芸術を扱ったアート小説が多いことで有名。

それもそのはず、ニューヨーク近代美術館での勤務経験があり、フリーのキュレーターとして独立もしています。そんな原田マハが描くアート小説や恋愛小説など、おすすめの名作&人気タイトルを一挙ご紹介します!

原田マハのおすすめ作品《映画化》

デビュー作品にして名作タイトル

[itemlink post_id="2955588"] 作家・原田マハのデビュー作でもある「カヌーを待ちわびて」は、必ず読んでおきたいおすすめの名作中の名作。

記念すべき第1回日本ラブストーリー大賞を受賞しています。

2009年に映画化されたことで、さらに人気の作品となりました。

ほっこり沖縄の小さな島を舞台に繰り広げられる、優しくてちょっぴり切ない恋が描かれたストーリーは、優しい気分に浸りたい時におすすめです。

人気ケータイ小説が映画化

[itemlink post_id="2955624"] 作家・原田マハはmahaという名前でケータイ小説作家としても活躍しています。

そんな原田マハの人気ケータイ小説が原作となり、映画化されたのが「ランウェイ☆ビート」。

高校生の文化祭でのファッションショー実現を目指す、ファッション×青春サクセスムービーです。

名作漫画「NANA」の制作スタッフが手掛けたことでも人気となったおすすめ作品です!

岡山市が舞台の青春物語

[itemlink post_id="2956553"] 原田マハが思春期を過ごした場所でもある岡山県岡山市を舞台となった、人気タイトル「でーれーガールズ」は、2015年に映画化されたおすすめ作品です。

同窓会をきっかけに30年ぶりに再会した2人の、恋と友情を描いた青春ストーリー。

タイトルにもなっている「でーれー」とは、岡山弁で「すごい」や「とっても」という意味。1980年代に岡山で青春を過ごした方におすすめしたい名作です!

原田マハが描く政界エンターテイメント

[itemlink post_id="2956659"] 原田マハの作品の中でも、20万部超えのベストセラーとなったおすすめの名作「総理の夫」。待望の映画化が決定し、2021年に公開予定となっています。

42歳という若さで女性総理大臣となった妻を支える、ファースト・レディならぬファースト・ジェントルマンの夫の奮闘を描いた、政界エンターテイメントです。

芸術に詳しい原田マハの描く政界は、政治に興味が無い方にもおすすめですよ♪

映画好き必見の奇跡の物語

[itemlink post_id="2956922"] 39歳無職の娘とダメな父親。そんな2人に奇跡が舞い降りる、おすすめの名作「キネマの神様」。

物語の3割は作家・原田マハの実体験に基づいたもので、残りの7割は自分の人生の願望を込めたファンタジー風になっているそう。

映画化もされ、2021年に公開予定です。数々生み出している人気監督・山田洋次がメガホンをとったことでも注目を集めています!映画好きな方は必見のおすすめ作品です。

原田マハのおすすめ作品《恋愛》

パリ気分を味わえる軽快ラブコメディ

[itemlink post_id="2957278"] パリを舞台に描かれた原田マハのおすすめタイトル「ロマンシエ」。主人公は乙女な心を持つ美術系男子の遠明寺美智之輔。

美術大学を卒業し、留学したパリで出会う様々な出来事を描いたストーリーは、どんどん読み進められる軽快なラブコメディです。

物語には本格的な芸術作品の数々が登場し、まさに作家・原田マハらしい名作といえます。パリにいるような気分に浸れるおすすめ作品です。

上海が舞台の大人の恋愛物語

[itemlink post_id="2957800"] タイトルからはどんなストーリーかが予測できない「ナンバーナイン」は、中国・上海が舞台となった大人の恋愛作品。

東京でインテリア・アートの販売員をするOLの真紅が、ふと立ち寄った宝石店で出会った見知らぬ中国人紳士に出会い、運命的な恋に落ちることから始まる物語です。

恋愛小説好きな方はもちろん、原田マハらしい芸術要素もたっぷりなので、アート好きな方にもおすすめですよ!

大切なものに気づくリアル・ラブストーリー

[itemlink post_id="2958073"] ファッション誌の編集者である藍は、仕事で殺処分寸前のゴールデンレトリバーのリラと出会い、恋人とリラと3人で暮らし始める。

恋人と一緒に育てはじめたものの、やがて恋人が去り、残されたリラは病気に侵されてしまいます。

愛犬との闘病生活のなかで、ほんとうに大切なものに気づくリアル・ラブストーリーは、働く女性におすすめです。

有名作家勢揃いの恋愛小説アンソロジー

[itemlink post_id="2958116"] 『あなたのいちばん大切な人は、誰ですか?』をテーマに、原田マハを始め、唯川恵や角田光代などの人気女性作家7人が描いた、おすすめの恋愛小説アンソロジーです。

原田マハの作品タイトルは「ブルースマンに花束を」。結婚間近の主人公がちょっぴり情けない中年男性に揺れ動く思いを描いています。

原田マハや人気作家たちの恋愛小説をいっぺんに楽しめる、おすすめの1冊です!

文章と挿画のコラボレーション

[itemlink post_id="2958196"] 現代のように便利なスマホなどがなく、連絡を取り合うのにも苦労した1980年代。

そんな時代の神戸が舞台となったおすすめ作品「おいしい水」は、主人公の女の子が恋した青年との恋模様を描いた、短い短いラブストーリーです。

85ページと短い物語ですが、原田マハの文章と芸術家・伊庭靖子の挿画のコラボレーションが見事にマッチしていて、まるでドラマを観ている気分になります◎。

原田マハのおすすめ作品《芸術》

ラストまで目が離せないアートサスペンス

[itemlink post_id="2956929"] 芸術に詳しくない方でも、ピカソが描いた傑作『ゲルニカ』は、知っている方も多いのではないでしょうか。

原田マハのおすすめアート小説「暗黙のゲルニカ」は、国連本部のロビーに飾られていたゲルニカのタペストリーが、ある日突然消えたことから始まるストーリー。

芸術に詳しい作家として有名な原田マハが描く、アートをテーマにしたサスペンスストーリーは、一度は読むべきおすすめ作品です。

原田マハを代表する芸術ドラマ作品

[itemlink post_id="2956939"] 第25回・山本周五郎賞を受賞した原田マハの代表作「楽園のカンヴァス」。

パリの画家・ルソーの名画『夢』に酷似した1枚の絵に秘められた真実の究明に、ニューヨーク近代美術館のキューレターであるティム・ブラウンと日本人研究者の早川織絵の男女2人が挑みます。

作家・原田マハが得意とする芸術がテーマの作品ですが、芸術に詳しくない方にもおすすめですよ。

初心者でも読みやすい短編

[itemlink post_id="2956975"] 原田マハの芸術小説を初めて読むなら、気軽な短編作品がおすすめです。

人気作品「シヴェルニーの食卓」は、芸術の世界では巨匠と呼ばれる、モネ、マティス、ドガ、セザンヌの4人の印象派画家たちの、謎や人生を鮮やかに描き出したおすすめの短編集。

今となっては人気の巨匠たちの素顔や心の中の思いなどが、キュレーターのとしても活躍する作家・原田マハの想像力によって、色鮮やかに描かれています。

巨匠ゴッホの魅力を知れる作品

[itemlink post_id="2956978"] 名画『ひまわり』で有名な印象派の画家・ゴッホ。実は生前に1枚しか絵が売れず、37歳という若さでこの世を去った謎の多い巨匠でもあります。

作家・原田マハがフランス各地に残されたゴッホのあしあとを辿り、彼の魅力を再発見したおすすめの名解説。

ゴッホに興味も無い方も、作家・原田マハの解説によるゴッホの魅力を知ることで、芸術の世界にハマるかもしれません♪

パリの美術界を描いた最高傑作

[itemlink post_id="2957019"] 19世紀後半、パリの美術界を描いたおすすめ作品「たゆたえども沈まず」。まだ無名だったゴッホと、兄を献身的に支える画商のテオ。

その2人の前に、流暢なフランス語を話す日本人画商・林忠正が現れ、大きく運命が動き出します。原田マハが描く芸術小説の中でも人気の高い作品です。

実際の絵画や浮世絵が登場するので、知らない作品はネットで検索しながら読み進めるのがおすすめですよ!

原田マハのおすすめ作品《その他》

頑張っている人に贈るお仕事小説

[itemlink post_id="2957961"] 仕事を毎日頑張っている方におすすめなのが、原田マハ作品の中でもロングセラーとなった名作「本日は、お日柄もよく」。

主人公のOL・二ノ宮こと葉は、出席した結婚式で、涙が出るほど感動するスピーチに出会ったことをきっかけに、選挙のスピーチライターになるお仕事小説です。

言葉のプロも絶賛したスピーチの数々と、原田マハさんの言葉のパワーに涙すること必須です。

疲れた時に読みたい優しい物語

[itemlink post_id="2957858"] 引きこもりでニートの青年が、突然いなくなってしまった母に届いていた1枚の年賀状をきっかけに、祖母のもとへ帰り、米作りをすることで心の成長を描いた物語。

人の優しさに触れたり、自然の中で米作りをしたりすることで、大きく人生が変わっていきます。

家族のありがたさや、食べることの大切さなど、人生に少し疲れた時におすすめの心がほぐれる名作です。

女性が輝くサクセスストーリー

[itemlink post_id="2958573"] 新しい1歩を踏み出したい時に背中を押してくれる、原田マハのおすすめ名作「風のマジム」。

平凡な契約社員から、沖縄産のラム酒会社の女社長になるというサクセスストーリーは、実話を基に描かれています。

一生懸命頑張る姿や、周りで支えてくれる人の優しさに元気がもらえます。

気持ちの良い青い空やサトウキビ畑など、南大東島の素敵な大自然が目に浮かび、現実逃避したい時にもおすすめです。

女性&旅&再生がテーマ

[itemlink post_id="2957987"] 25歳で起業した若手女社長が主人公の、再生をテーマにしたおすすめ短編集。

猛烈にがんばったおかげで会社は成功したものの、結婚とは縁遠く、信頼していた秘書も会社を去ってしまう…。

失意の中、気分転換で出かけた1人旅で巻き起こる出来事が彼女の心をほぐしていく、爽やかに泣けるおすすめ作品です。

原田マハの作品は短編でも奥深く、物語の世界にグッと引き込まれます。

かっこいい女性が活躍する物語

[itemlink post_id="2958006"] 1930年代に世界初の世界一周を成し遂げた『ニッポン号』、実在した人物がモデルとなったアメリカ人女性飛行士など、実話がベースとなった原田マハのおすすめヒューマンストーリー「翼をください」。

1930年代という時代に、女性が活躍していた事実にパワーをもらえます!

上下巻と長編小説ですが、原田マハの作り出す世界に引き込まれ、あっという間に読み終えることができます。

原田マハのおすすめ作品まとめ

作家・原田マハが描き出す、魅力たっぷりの人気&名作タイトルをご紹介しました。アート小説はもちろんおすすめですが、独特な経歴から生み出される、恋愛物語や人間関係なども読み応えがあります。

原田マハ作品を読んだことがない方は、映画化された人気タイトルから始めるのもおすすめです!ぜひ、お気に入りの原田マハ作品を見つけてくださいね♪

元記事で読む