1. トップ
  2. レシピ
  3. 白ごはんにのっけるだけで完成! 忙しい日や昼ごはんに使える「どんぶりレシピ」4選

白ごはんにのっけるだけで完成! 忙しい日や昼ごはんに使える「どんぶりレシピ」4選

  • 2021.4.28
  • 45838 views
パッと作れてお腹大満足の人気どんぶりレシピを集めました。
パッと作れてお腹大満足の人気どんぶりレシピを集めました。

定番どんぶりもワンランクアップ! 簡単どんぶりの時短レシピ4選

一品で大満足、サッと作れて食べ応えもたっぷりの「どんぶり」は、忙しいときの救世主メニュー! 定番どんぶりも、ひと手間加えて今までよりもワンランクアップさせましょう。子どもも大人も大好きな、簡単どんぶりレシピです。

1:そぼろ丼

そぼろ丼
そぼろ丼


子どもも大人も大好きなそぼろ丼。鶏そぼろよりも味が濃くてご飯が進む牛そぼろと、しっとりとした炒り卵。仕上げにシャキシャキ食感の絹さやを添えて、彩り鮮やかな丼はさらに食欲が増します。牛そぼろは、粗熱が取れたら冷凍保存もできるので、パッと作れるランチメニューにも重宝しますよ。

【作り方】2~3人分
1. 牛ひき肉200g、醤油大さじ3、酒大さじ2、砂糖大さじ2、生姜のみじん切り大さじ1/2をすべて鍋に入れ、調味料を溶かし混ぜる

2. 手に箸を4~5本持ったら鍋を火にかけ、少し弱めの中火にかける。肉がだまにならないよう、箸で混ぜながら肉に火を通す。調味料や肉の水分が出たら、混ぜる手を少しゆるめて出てきた汁気を飛ばす。汁気がなくなって肉がポロポロになればOK

3. 鍋に卵3個と砂糖大さじ1、みりん小さじ2、酒小さじ2、塩ひとつまみを入れ、混ぜ溶かす

4. 手に箸を4~5本持って少し弱めの中火くらいの火にかけ、混ぜながら卵に火を通す。卵液が半熟になってきたら混ぜる手を少し早め、ポロポロの状態になればOK

5. 絹さや適量を熱湯で色よく塩ゆでして冷水に取り、斜め薄切りにする。ご飯の上に牛そぼろと炒り卵をたっぷりとのせ、絹さやを添えたら、完成

2:トマトたっぷりの3色丼

トマトたっぷりの3色丼
トマトたっぷりの3色丼


火を使わずに5分で作れる、赤、白、緑の色鮮やかな3色丼。トマトを切って醤油に漬けると、トマトの旨みとまろやかさがアップ。酸味が控えめになるので、白いご飯にぴったり。たっぷりの大葉の香りが爽やかで、暑くて食欲がない日にもおすすめです。ゆず胡椒やわさびを添えて大人味にしても美味しい!

【作り方】2人分
1. 大きめのトマト1個の皮をむき、半分に切ってヘタを取り除いたら1cmの角切りにする。ボウルに切ったトマトと醤油大さじ1を合わせて2~5分ほどおいておく

2. 大葉15~20枚を重ねてくるりとまいたら、端から切って千切りにする。切った大葉を手でほぐしておく

3. 丼にご飯を盛って、大葉を周りにぐるりと盛り付け、その上にしらす、醤油に漬けたトマトをのせる。仕上げにうずらの卵を割ったものをのせて、完成。お好みでわさびやゆず胡椒を添える

3:親子丼

親子丼
親子丼


ジューシーな鶏もも肉にふんわり卵、甘辛ダシの優しい味付けで、みんなが大好きな親子丼。少ない材料で短時間で作れるのも嬉しい定番丼メニューです。レシピでは脂がのってコクのある鶏もも肉を使っていますが、あっさりした味がお好みなら、ささみや胸肉で作っても美味しいですよ。

【作り方】2人分
1. 鍋にだし200cc、みりん大さじ2、酒大さじ1、砂糖大さじ1、醤油大さじ2を入れて火にかけ、ひと煮立ちさせたら火を止めてそのまま置いておく

2. 玉ねぎ1/4個は皮をむいて薄切りに、みつば適量は2cm程度の長さに切る

3. 鶏もも肉1枚(約150g)は皮と余分な脂を除き、一口大に切る。酒大さじ1、醤油小さじ2をふって軽くもみ込んでおく

4. 親子鍋に1人分の割り下・鶏肉・玉ねぎを入れて火にかける。沸騰したら火を弱めて鶏肉に火が通るまで煮る

5. 鶏肉に火が通ったら、溶き卵を回し入れて全体をとじ、みつばを散らす。卵の火の通り具合がお好みの加減になったら、丼によそっておいたご飯の上にのせて、完成

4:赤ワインで作る! 牛丼

赤ワインで作る! 牛丼
赤ワインで作る! 牛丼


安い牛肉でも、ほのかな酸味の赤ワインを使えば美味しさがワンランクアップ! 微かな苦味と香ばしい甘味のあるカラメルを加えた、技ありのタレをマスターすれば、いつでも自宅で人気店の牛丼の味を再現できます。牛丼のタレは多めに作り、冷めたら空き瓶などに詰めて冷蔵庫で保存しておくと便利。すき焼きの割り下としても使えます。

【作り方】4人分
1. 鍋に三温糖25gと水大さじ1を入れて中火にかけ、煮詰める。 薄く焦げ色がついて、カラメルのいい匂いがしてきたら、鍋をまわして色を均一にする。三温糖の代わりに白砂糖を使う場合は、ほんのり色づく程度で良い

2. 火から外して赤ワイン30ccを一気に加え、鍋をゆすって混ぜる。再び火にかけ、みりん25ccを加えて煮溶かす

3. 水250cc、固形スープの素1/2個、かつおダシの素小さじ1/4 、叩いたニンニク中1片と叩いたショウガ(ニンニクより少し小さめ)1片、醤油75cc、塩ひとつまみ、コショウ少々を加え、1~2分煮て火を止めて冷ます

4. たまねぎ大2個は半分に切り、繊維に直角に、幅5~7mmにスライスする。牛肉は2~3cmに切る

5. 【3】のタレを火にかけ、煮立たったらニンニクとショウガを取り除き、たまねぎを入れて煮る。たまねぎがしんなりしたら牛肉を入れ、箸でさばきながら煮る

6. 牛肉に完全に火が通ったら火を止め、食べるまで蓋をしてそのままにして味を染み込ませる

7. 食べる直前に鍋を火にかけて温め、丼にご飯をよそって、上に網じゃくしで具を盛ったら完成。もしあれば、トッピングに温泉卵や紅生姜などを追加する

文:All About 編集部

元記事で読む